マリノスには守備陣のフィジカルコンディションの向上と攻撃の形の確立が必要。 【 広州恒大 vs 横浜F・マリノス 】
試合 :ACL グループG 第6戦
開催日:2014年4月22日
結果 :広州恒大勝利
スコア:「2-1」
得点者:エウケソン×2 齋藤学

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

【 横浜F・マリノス 】

FW 伊藤翔
MF 齋藤学 中村俊輔 兵藤慎剛
MF 富澤清太郎 中町公祐
DF ドゥトラ 中澤佑二 栗原勇蔵 小林祐三
GK 榎本哲也

FW 藤田祥史 伊藤翔
MF 齋藤学 中村俊輔 中町公祐
MF 富澤清太郎
DF ドゥトラ 中澤佑二 栗原勇蔵 小林祐三
GK 榎本哲也

FW 藤田祥史 伊藤翔
MF 齋藤学 中村俊輔 藤本淳吾
MF 富澤清太郎
DF 奈良輪雄太 中澤佑二 栗原勇蔵 小林祐三
GK 榎本哲也


勝たなければグループステージを突破できなかった横浜F・マリノスだが、早くも前半11分に失点。ドゥトラが飛び込む守備をしてかわされてしまい、そこからのクロスをエウケソンにヘディングで決められてしまった。そして、前半38分にも失点。バイタルエリアに入ったムリキにパスが入り、そのムリキからエウケソンにパスが出されて、簡単にDFラインの裏へ抜けられての失点だった。1失点はドゥトラの悪いプレイが一番の原因だったと思うが、人数は揃っていたのにも関わらずゴール前にいた選手たちも棒立ち状態で、また、2失点目も、ボランチやDFがムリキとエウケソンの動きに全く付いていけていなかったし、やはりそれでは守れないと思う。

ドゥトラはどう見てもまだフィジカルコンディションが上がってなかった。中澤と栗原のCBも動きがまだ悪い。そして、富澤と中町のボランチも昨季と比べてまだ動きに精彩を欠いている。とにかく今季の横浜F・マリノスは、システムや戦術が云々というよりも、個々の選手のパフォーマンスが昨季レベルにない事が、そのまま成績に反映されてしまっているように感じる。確かに広州恒大は強いチームで、この試合は広州恒大のホームでもあったし、それを考えれば仕方なかったとも言えるが、しかし、今季の広州恒大は昨季と比べてチーム力が落ちているような気もするから、横浜F・マリノスが昨季のパフォーマンスレベルにあれば互角以上の勝負ができたと思う。

もちろん、マルキーニョスが抜けた影響というのは小さくない。それが今季の横浜F・マリノスの攻撃力(得点力)を落としているのは確実だと思う。やはり攻撃に関してはFWのパフォーマンスというのが生命線にもなる。但し、マルキーニョスはもう昨季の天皇杯からいなかったし、その天皇杯では優勝できたとは言え、マルキーニョスがいた時と同じやり方ではダメだろうという事は容易に想定できたと思うから、なぜ変えようとしてこなかったのか、という事には疑問を感じる。この試合でも齋藤が個の力で1点を取ったが攻撃の形は見えない。2トップ(「4-1-3-2」)にしても攻撃の形が確立されていないので少しぐらいしか攻撃力は上がらない。

結局、攻撃の形というのは、連動性、どのような連携を作るのか、という事でもあり、どの3人とどの3人が1つのユニットで、そして、その3人がどのような共通イメージで攻めるのか、第一歩としてまずはそこをしっかり確立させないと、やはりマルキーニョスが抜けた横浜F・マリノスの攻撃力(得点力)は高くならないと思う。更に言えば緩急で、俊輔が出場していれば俊輔がスイッチ役になると思うが、スイッチのオンとオフによってしっかりとした緩急を作る事、それも重要になってくると言える。FW陣がもっとパフォーマンスを上げて、マルキーニョスと遜色ないぐらいの選手になれば良いが、その可能性には期待しないで機能するチームを作って欲しい。

という事で、この試合で横浜F・マリノスはスコア「1-2」で敗れてしまったので、グループステージでの最終成績は最下位となってしまい、このグループGから決勝トーナメントに進出したのは中国の広州恒大と韓国の全北現代モータース、という事になった。他のJのクラブ、川崎フロンターレ、サンフレッチェ広島、セレッソ大阪、という3チームはグループステージを突破したのに、という事よりも、あまり良い内容の試合が無かった事が強く残念に思う。横浜F・マリノスはJリーグでも現在苦戦中だが、これでACLという負担は無くなったので、これからはJリーグで大いに巻き返して欲しい。そして、是非とも来季のACLにも出場して欲しいと思う。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


注意:このブログのエントリー内容を盗用し、少しだけ言葉や内容を変えて自分のブログを書く、という行為はやめてください。また、そういうブログのエントリーを支持したり転載したりする行為も同罪です。


【2014/04/27 11:15】 | Jリーグ2014 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<引き続き香川真司は攻守に良いパフォーマンスを発揮しギグス暫定監督の初陣でも存在感を示す。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs ノーウィッチ・シティ 】 | ホーム | 怪我明けの本田圭佑のパフォーマンスは良くもなく悪くもなく。 【 ASローマ vs ACミラン 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2817-56fb4fb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |