サンフレッチェが強さを発揮するために必要な2つの要素とは? 【 サンフレッチェ広島 vs セントラルコースト・マリナーズ 】
試合 :ACL グループF 第6戦
開催日:2014年4月23日
結果 :サンフレッチェ広島勝利
スコア:「1-0」
得点者:山岸智

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

【 サンフレッチェ広島 】

FW 石原直樹
MF 高萩洋次郎 野津田岳人
MF パク・ヒョンジン 柴崎晃誠 青山敏弘 山岸智
DF 水本裕貴 塩谷司 ファン・ソッコ
GK 林卓人

FW 石原直樹
MF 森崎浩司 浅野拓磨
MF パク・ヒョンジン 柴崎晃誠 青山敏弘 山岸智
DF 水本裕貴 塩谷司 ファン・ソッコ
GK 林卓人


自陣のゴール前に張り付いている、という事ではなく、ある程度はDFラインを上げていたが、ほとんど「5-4-1」という形を崩さない守備的な戦い方だったセントラルコースト・マリナーズ。従って、攻めるサンフレッチェ広島、守るセントラルコースト・マリナーズ、という展開の試合にほぼなっていたが、しかし、相手はある程度はDFラインを上げていたので、アーリー気味のクロスをDFラインの裏へ入れると大きなチャンスを作れていたし、相手はあまり人に対してきちんと対応できていない感じだったので、中央突破を仕掛けてもチャンスを作れていたし、攻撃に関してはそこまで攻めあぐねていたという印象でもなかった。匂いは感じられていた。

ただ、なかなか得点を奪えなかったので、そのままで試合が進んで行くと、一発のカウンターからやられてしまうかもしれない、という雰囲気も少しだけあって、それだけが心配だった。しかし、後半27分、中央突破からFKを獲得すると、そのFKを蹴った塩谷のシュートが山岸にリフレクトしてゴールが決まり、これでサンフレッチェ広島が先制点を奪う。その後は、追加点こそ奪えなかったが、相手が1人退場にもなっていたし、そのまま危なげなくサンフレッチェ広島がスコア「1-0」で勝利を収めた。勝たなければグループステージ突破はならなかったが、この勝利でサンフレッチェ広島は最終的にグループFの第2位となり、決勝トーナメントへの進出を果たした。

サンフレッチェ広島が強さを発揮できるかどうかは、まずはフィジカルコンディションという事が大きい。特にそれはディフェンス面に大きな影響を与えている傾向にあり、3バックと2ボランチの5人がフィジカルコンディションの低下によって反応速度や集中力を落としていると守備力が大きく落ちる傾向にある。そして、左右のウイングバックの攻守におけるプレイのクオリティも、サンフレッチェ広島というチームのパフォーマンスに大きな影響を与えていて、どの選手を起用するのかという事もそうだが、もう少しそこに戦術的な工夫も必要なのではないかと感じる。相手に合わせて細かい指示を送り、そこで優位性を保てるようにすると更に良くなると思う。

決勝トーナメントでのサンフレッチェ広島の最初の対戦相手は小野伸二がプレイしているウェスタン・シドニー。そこまで顕著な特徴を感じない、オーソドックスなオーストラリアのチームという感じだが、やはりセントラルコースト・マリナーズと比べると、攻撃陣の個の力が高いぶんだけ、攻撃力や得点力が高いような気がする。ただ、守備力はセントラルコースト・マリナーズと比べて同じぐらいかなという印象なので、サンフレッチェ広島が普段通りの守備力と攻撃力を発揮できれば、高い確率で競り勝てる相手と言えるのではないだろうか。ホームでのウェスタン・シドニー戦は5月7日。2連覇のJリーグ王者としてまだ敗退するわけにはいかない。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


注意:このブログのエントリー内容を盗用し、少しだけ言葉や内容を変えて自分のブログを書く、という行為はやめてください。また、そういうブログのエントリーを支持したり転載したりする行為も同罪です。


【2014/04/28 11:40】 | Jリーグ2014 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<香川の記録を追い越した岡崎慎司。依然として厳しい状態の清武弘嗣。 【 マインツ vs ニュルンベルク 】 | ホーム | 引き続き香川真司は攻守に良いパフォーマンスを発揮しギグス暫定監督の初陣でも存在感を示す。 【 マンチェスター・ユナイテッド vs ノーウィッチ・シティ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2819-e85a562f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |