セレッソはフォルランと柿谷を活かす2つのパターンの攻撃と守備がポイント。 【 山東魯能 vs セレッソ大阪 】
試合 :ACL グループE 第6戦
開催日:2014年4月23日
結果 :セレッソ大阪勝利
スコア:「1-2」
得点者:ラブ 柿谷曜一朗 フォルラン

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

【 セレッソ大阪 】

FW フォルラン
MF 長谷川アーリア 柿谷曜一朗
MF 丸橋祐介 扇原貴宏 山口蛍 新井場徹
DF カチャル 染谷悠太 山下達也
GK キム・ジンヒョン

FW 杉本健勇
MF 長谷川アーリア 柿谷曜一朗
MF 丸橋祐介 扇原貴宏 山口蛍 新井場徹
DF カチャル 染谷悠太 山下達也
GK キム・ジンヒョン


セレッソ大阪は「3-4-2-1」。守備の時には長谷川と柿谷がサイドへと開いて「5-4-1」となるシステム。とにかくまずは守備からという事だったと思う。しかし、前半19分、相手のFWであるアロイージオにDFラインの裏を取られ、そのアロイージオを山下がPA内で倒してしまいPKを献上。山東魯能に先制点を許してしまった。ただ、それで大きく気落ちせず、まだ前半でもあったし、やはりまずはしっかり守備から戦おうというプランは継続され、それによって2失点目をせずに前半を終えられた事は大きかったと思う。攻撃でも、丸橋からのクロスにフォルラン、長谷川のミドル、丸橋が抜け出してのシュート、とチャンスは作れていた。

という事で、さあ、後半は得点を取りに行かなければ、というところだったが、後半開始1分、セカンドボールを拾った柿谷が中盤の低い位置まで下がり、それと連動して柿谷と入れ替わるように前へと出た山口にパスが渡ると、その山口から出された左へのパスを長谷川がスルーして、ボールは後ろから走って来ていた柿谷へ。そして、最後は柿谷がテクニカルにシュートを決めて、これでセレッソがいきなり同点に追い付く。更には、続く後半3分、フォルランが左サイドで起点となり、オーバーラップしてきた丸橋にボールを渡すと、そのままフォルランはバイタルエリアへと移動して、丸橋からのマイナス気味のクロスをフリーで受けてシュート。これが決まって、なんとセレッソが後半開始から僅か3分で2得点を奪って逆転、という事に成功する。

注目したいのは、どちらの得点も得点を決めた柿谷とフォルランが最初の起点となっている事で、縦にパスが入ったところから、あるいは、縦へのパスをスイッチとして、そこからあまり手数をかけずにDFラインの裏を取ったりシュートまで至らせる、その中に柿谷やフォルランがやったような大きな移動を絡ませる、という事が、やはり得点に繋がる攻撃になりやすいと言えると思う。今のセレッソの場合には、フォルランを前で一人浮かせておいて、カウンターになった時はフォルランに任せてあまり人数をかけずに攻める、押し上げている時には連携の良い選手たちでユニットを作って攻める、という考え方で戦った方が(攻撃した方が)良いと思う。

そして、この試合ではバグネル・ラブやアロイージオという個の能力高い選手たちを相手にセレッソは1失点以上を許さず、正直、マリノスとセレッソは厳しいかなと思っていたが、セレッソは見事にアウェイの試合で山東魯能に勝利してグループステージ突破を決めた。まだ守備面では、やはり個の能力や組織的な部分でも不安はあるが、しかし、攻撃面に関しては、フォルランは確実にパフォーマンスを上げてきているようにも感じるし、柿谷もJリーグでは得点は取れていないがACLでは6試合で4得点を取っているし、総合的には良くなってきていると思う。決勝トーナメントでの最初の相手は広州恒大だが、守備が大崩れしなければ可能性はあると考えている。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


注意:このブログのエントリー内容を盗用し、少しだけ言葉や内容を変えて自分のブログを書く、という行為はやめてください。また、そういうブログのエントリーを支持したり転載したりする行為も同罪です。


【2014/04/29 11:40】 | Jリーグ2014 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<メッシがいなくてもバルサ時代のグアルディオラのサッカーはできるだろうか? 【 レアル・マドリード vs バイエルン・ミュンヘン 】 | ホーム | 香川の記録を追い越した岡崎慎司。依然として厳しい状態の清武弘嗣。 【 マインツ vs ニュルンベルク 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2821-9a3d795d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |