メッシがいなくてもバルサ時代のグアルディオラのサッカーはできるだろうか? 【 レアル・マドリード vs バイエルン・ミュンヘン 】
試合 :CL 準決勝 1st.leg
開催日:2014年4月23日
結果 :レアル・マドリード勝利
スコア:「1-0」
得点者:ベンゼマ

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

【 レアル・マドリード 】

FW     ロナウド  ベンゼマ
MF イスコ アロンソ  モドリッチ  ディ・マリア
DF コエントラン ラモス   ぺぺ   カルバハル
GK        カシージャス

FW     ベイル   ベンゼマ
MF モドリッチ アロンソ イジャラメンディ ディ・マリア
DF コエントラン ラモス   ぺぺ   カルバハル
GK        カシージャス


【 バイエルン・ミュンヘン 】

FW         マンジュキッチ
MF リベリー           ロッベン
MF    クロース ラーム シュヴァインシュタイガー
DF アラバ  ダンテ   ボアテング ラフィーニャ
GK         ノイアー

FW         マンジュキッチ
MF  ゲッツェ   ミュラー   ロッベン
MF      クロース ハビ・マルティネス
DF アラバ  ダンテ   ボアテング ラーム
GK         ノイアー


【 崩せなかった白い壁。 】

時間とスペースを与えない事。個が1対1で負けない事。ミスをしない事。この3つをやり通された場合には、やはり得点を奪うというのは難しい。逆に言えば、時間とスペースを作る事、個が1対1で勝る事、相手にミスを起こさせる事、これが得点を奪うための方法だとも言える。レアル・マドリードは「4-4-2」で堅固な「4-4」による守備ブロックを作り、時間とスペースを与えない事、個が1対1で負けない事、ミスをしない事、という事をほぼやり通した。バイエルン・ミュンヘンは「4-1-2-3」と「4-2-3-1」という2つのシステムを使い、もう少しというところまでは迫ったが、結局は最後まで白い壁を崩す事はできなかった。


【 グアルディオラのバイエルンが抱えているジレンマ。 】

リベリーとロッベンは、サイドをドリブルで縦に突破してクロス、サイドからドリブルで中央へ切り込んでシュート、というプレイを得意としている。従って、CFにはマンジュキッチのような選手を置き、クロスのターゲットになる、相手のDFを引き付けたり押し下げたりしてバイタルエリアにスペースを作る、という役割を担わせる事で、リベリーとロッベンを活かす事ができる。しかし、一方では、2列目の中央で起点となれる選手が存在していないと、クロースとシュヴァインシュタイガーのポジションの選手を活かす事が難くなり、中央で相手の守備を引き付けて(あるいは崩して)サイドというパターンの攻撃に威力を持たす事ができなくなってしまう。

そして、その問題を解決するために、クロースとシュヴァインシュタイガーのポジションの選手が早いタイミングで2列目の位置へと行けるように、あるいは、リベリーとロッベンのポジションの選手がサイドではなく2列目の中央の位置でプレイしてもサイドに人がいなくならないように、攻撃の時には、SBであるアラバとラフィーニャをクロースとシュヴァインシュタイガーのポジションに移動させる、あるいは、SBであるアラバとラフィーニャをリベリーとロッベンのポジションに移動させる、という事をやっているのだが、当然そうすれば最終ラインは2バックのようになるから、カウンター攻撃に高い威力を持っている相手との試合ではあまりそうする事もできず、そこに1つのジレンマが生まれている。


【 バルサ時代よりも劣っている守備力。 】

但し、この試合では、カウンターでやられていたのではなく、人数はそろっているのにやられていたシーンが多く、ハイラインにはハイプレスがセットでなければならない、という事を何度も書いているが、それはつまりパスの受け手よりもパスの出し手の方を止めなければハイラインはザル守備になってしまう、という事であり、前半19分の失点シーンではC・ロナウド、前半26分のシーンではモドリッチ、そこを潰せずにパスを出させてしまった事が、やはり失点や決定的なピンチを作ってしまった一番の原因だと言える。更には、前半41分には、右サイドでイスコに簡単にクロスを上げさせてしまう、左サイドで完全にフリーとなっていたディ・マリアにシュートを撃たれる、というシーンもあった。

という事で、バイエルン・ミュンヘンは、後半21分、ラフィーニャに代えてハビ・マルティネスを入れ、右SBにラーム、アンカーにハビ・マルティネス、という布陣に変えて、まずは守備を安定化させたが、バルサ時代のグアルディオラのサッカーと比べて、今のバイエルンでのグアルディオラのサッカーにあまり強さを感じないのは、やはりハイプレスなどの守備力の部分がまだ劣っているからだと思う。セットプレイでの弱さ、カウンターへの弱さ、そこはバルサ時代から共通している弱点ではあるが、グアルディオラ時代のバルサが攻守において中盤で負ける事はレアル・マドリードが相手でもほぼ無かったし、やはりそこは大きなポイントになっていると思う。


【 「4-2-3-1」への変更がもたらしたものとは? 】

バイエルン・ミュンヘンは、後半29分、シュヴァインシュタイガーに代えてミュラーを入れ、システムを「4-1-2-3」から「4-2-3-1」へと変更。2列目の中央に選手が入った事で縦パスが入れやすくなり、中央で起点を作ってサイドへ、という攻撃もやりやすくなった。更には、左サイドはリベリーからゲッツェに代わっていたが、そのゲッツェとロッベンという2列目のサイドの選手をよりサイドに張らせておく事もできるようになった。そうなってくると、レアル・マドリードとしては、両サイドの選手へのマークが難しくなるし、サイドに人数をかけて対応すると中央の守りが薄くなるので、後半39分、バイエルン・ミュンヘンがチャンスを作る。

ロッベンが右サイドを縦にドリブルで突破。3人に対応されて完全には突破できなかったが、ボールは右サイドのPA付近に残り、それをミュラーが拾ってマイボールにすると、S・ラモスがロッベンの対応に行ったので、2ボランチのイジャラメンディとシャビ・アロンソもミュラーに引っ張られるようにそちらのサイドへと寄っていたので、レアル・マドリードのゴール前はカルバハルとヴァラン対マンジュキッチとゲッツェという数的同数の状態。しかもゲッツェは完全にゴール正面の位置でフリーになっていて、ミュラーからのクロスを受けたゲッツェがシュートを放った瞬間は絶対に決まると思った。ところが、それはGKカシージャスに防がれてしまう。

更には、アディショナルタイムに入った後半47分にもバイエルン・ミュンヘンはチャンスを作る。ロッベンとミュラーで攻め込み、ロッベンが右サイドのやや中央寄りで相手を引き付けると、オーバーラップしてきたラームにパス。そして、そのラームのクロスをファーサイドでマンジュキッチが落とし、中央にいたミュラーが・・・、というシーンだった。残念ながらこれもミュラーがシュートできずに得点は奪えなかったが、どちらも2列目の中央に選手が入った事によって生まれたチャンスだった。やはりメッシがいないとバルサ時代のサッカーをやるのは難しいように思えるのが、果たしてグアルディオラはそれを覆す事ができるだろうか。



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


注意:このブログのエントリー内容を盗用し、少しだけ言葉や内容を変えて自分のブログを書く、という行為はやめてください。また、そういうブログのエントリーを支持したり転載したりする行為も同罪です。


【2014/04/29 11:45】 | 海外リーグ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<主導権を握るためには何が必要なのかというのは変わらない。 | ホーム | セレッソはフォルランと柿谷を活かす2つのパターンの攻撃と守備がポイント。 【 山東魯能 vs セレッソ大阪 】>>
コメント
メッシがいないのも
大変ですがプジョルがいないのも問題なんじゃないかと思います。

真ん中で起点となり、敵の波を切り裂きことが突破出来て、さらに周りのプレイヤーと息の合ったコンビネーションを披露し、結果フィニッシュまで行かれてしまう。

ゴールになろうがなるまいが見事なプレイをされれば恐れが出るし、そこにいるだけで心理的に圧迫される。
そんな選手は、やはり今いえるのは、メッシと、C・ロナウド位だと感じます。

もう一方で守備は、最盛期のペップバルサではピケとプジョルのCBコンビが素晴らしく効いていた。バルサのハイプレスといえどかい潜られ、カウンターになってしまう。

そんなとき攻め手が隙をみせればたちまち飛び込んで止めてしまう。

正に鬼の如き気迫でチャンスを叩き潰して何年か前のクラシコ1-0でイブラの得点で勝った試合程の活躍できるDFを最近見ないです。

それくらいのCBが一人は、いてくれないとあの輝かしいサッカーは出来ないのではないでしょうか?バルサとバイエルンは、そこがきちんとはまらないから勝負強さが出なくて苦しんでるという風に俺には見えました。
【2014/04/30 23:10】 URL | 蒼龍 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2822-d24e97b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |