タフさ、決定力、インテリジェンス、風間監督の交代采配。 【 川崎フロンターレ vs FCソウル 】
試合 :ACL 決勝トーナメント ラウンド16 1st.leg
開催日:2014年5月7日
結果 :FCソウル勝利
スコア:「2-3」
得点者:小林悠 エスクデロ レナト キム・チウ ユン・イルロク

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

【 川崎フロンターレ 】

FW 小林悠
MF レナト 大久保嘉人 森谷賢太郎
MF 中村憲剛 大島僚太
DF 谷口彰悟 中澤聡太 ジェシ 田中裕介
GK 西部洋平

FW 小林悠
MF レナト 大久保嘉人 山本真希
MF 中村憲剛 大島僚太
DF 谷口彰悟 中澤聡太 ジェシ 田中裕介
GK 西部洋平


【 タフさ(運動量の持続と個によるミスを犯さない事)。 】

川崎フロンターレのACLでの躍進の鍵は、タフさ(運動量の持続と個によるミスを犯さない事)、決定力(特に小林と大久保とレナト)、インテリジェンス(相手や試合の流れによる戦い方の的確な判断)、そして、風間監督の交代采配、という事を以前のエントリーで書いた。まずは「タフさ(運動量の持続と個によるミスを犯さない事)」についてだが、やはりフロンターレは後半の途中から運動量が落ち、そして、失点は個のミスから起こった。更には、得点直後に失点するという悪い癖も、やはりフロンターレにはあるように思える。技術、戦術、タフさ、どれかが一番重要という事ではない。そのどれもが重要で必要であり、それが揃ってこそであると言える。


【 決定力(特に小林と大久保とレナト)。 】

大久保の個人技からのクロスと小林のヘディングシュートは見事だった。それから、PKではあったが、レナトも得点を決め、この部分に関しては良かったと思う。しかし、やはり3点ないしは4点を取らなければならなくなるは厳しい。それならばやはり、失点を1つ2つ減らす事を考えた方が、厳しい試合になってくればなってくるほど良い結果が得られるようになると思う。実際のところ、レナトのPK判定は審判がフロンターレ寄りだったと思う(FCソウル対サンフレッチェ広島戦が影響を与えたのか?)し、決定力というのは常に期待できるものではないと思うから、どうしても、この試合のような厳しい試合において競り勝つには守備力が必要であると思う。


【 インテリジェンス(相手や試合の流れによる戦い方の的確な判断)。 】

スタイルは重要だが状況判断も重要。流れが悪くなって、ポゼッションしようとしても(パスワークでプレスをかわそうとしても)、その危険度が増した時には、やはりまずは流れを良くする事を考えた方が良い。スタイルを捨てろという事ではない。リトリートする事も必要だという事でもない。そこに、相手や試合の流れによる戦い方の的確な判断が入ってくるように、スタイルとは別のトレーニングが必要である、という事。例えば、後ろの「4-4」や「4-3」だけで守る方法であったり、攻守の切り替えの速さによるハイプレスの徹底であったり、より重視すべきプレイを的確な判断で実行できるようにインテリジェンスを鍛える事。それが然りであると言える。


【 風間監督の交代采配。 】

運動量の落ちが明白であったのに、風間監督の交代采配は遅かった。それと、交代も1人しか行わなかった。確かに、交代采配というのは結果論で、交代采配によって何も変わらなかった、交代采配によって悪くなった、という事も当然あるかもしれないが、しかし逆に結果論であるからこそ交代采配は重要であると思う。それに、勝負強さは交代采配という要素によっても生まれてくるし、良い結果を出せる監督は交代采配が巧みである事も多い。どうしても、1つの大会で良い成績を残すためには、交代采配によって勝負を左右させる必要性が生まれてくる。そして、更には、交代采配が機能するようにチームを作る、という事も必要であると言えるのではないだろうか。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


注意:このブログのエントリー内容を盗用し、少しだけ言葉や内容を変えて自分のブログを書く、という行為はやめてください。また、そういうブログのエントリーを支持したり転載したりする行為も同罪です。


【2014/05/09 23:55】 | Jリーグ2014 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<フィジカルコンディションと左右のウイングバックの攻守におけるプレイのクオリティ。 【 サンフレッチェ広島 vs ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ 】 | ホーム | プランがしっかりしていなければ個は能力を発揮できない。 【 セレッソ大阪 vs 広州恒大 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2830-2b5f69c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |