JのクラブがACLで苦戦する理由とは何だろうか?
2nd.legでは勝利を収めたが、1st.legでの結果により、
セレッソ大阪と川崎フロンターレはラウンド16で敗退した。
そして、1st.legではスコア「3-1」で勝利したが、
2nd.legではスコア「0-2」で敗れたため、
サンフレッチェ広島もラウンド16で敗退という事になった。
個、組織、戦略、そこに苦戦の原因があるように思う。

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

1 個

特に守備力の足りなさを顕著に感じた。
1対1での強さや巧さ。
放り込みやクロスを弾き返す力。
失点に繋がるようなミスをしない確実さ。
同じ失敗を繰り返さない修正力。
フィジカルコンディションを落とさないタフさ。
そういう能力が個々の選手に少しずつ足りない事によって、
ACLで通用するレベルの守備力が生み出せず、
JのクラブはACLで辛酸を舐める事になっていると思う。


2 組織

特に柔軟性の足りなさを顕著に感じた。
相手に合わせた戦い方はしない、
という考え方はとても耳障りが良く聞こえるが、
それは悪く言えば怠惰であるとも言える。
あるいは、引き出しの少なさを示しているとも言える。
どう攻めて、どう守るのか。
互角かそれ以上の相手と戦う時には特に、
組織力として柔軟性もチームに落とし込まないと、
多くの場合で競り負けてしまう事になると思う。


3 戦略

Jリーグとしての、ACLで勝つための戦略。
近年では中国のクラブが資金力を武器に強くなっており、
豪州や韓国は対Jクラブの戦い方を熟知しており、
それにプラスして日程的な戦略性を軽んじている状況では、
やはりACLでの苦戦は続くだろうと思う。
ACLでの不振はJリーグのアジア戦略にもマイナスに、
という事をもっと危機感を持って考え、
JリーグはACLで勝つための戦略を重視した方が良い。
ACL出場クラブにはJリーグでの優先性が必要だと思う。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


注意:このブログのエントリー内容を盗用し、少しだけ言葉や内容を変えて自分のブログを書く、という行為はやめてください。また、そういうブログのエントリーを支持したり転載したりする行為も同罪です。


【2014/05/16 11:45】 | Jリーグ2014 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<ベトナム戦(女子) 【 結果を出しながら、いかに戦力を底上げさせるのか。 】 | ホーム | オーストラリア戦(女子) 【 2点のビハインドから同点に追い付いた事は評価できるが攻守に課題が多く出た試合だった。 】>>
コメント
本当に悔しいです
いつも楽しく拝見しています。

私はJリーグが大好きなので、ここ数年のACLの日本チームの惨状は本当に悔しいです。

協会は毎年、憂慮してると言うけれど、大した対策を打ちませんね。
2ステージ制などよりACLに力を入れた方が 、将来的に得るものは大きいと思うのですが
目先の事しか考えられない人達には、そうは映らないのでしょうか。
【2014/05/16 21:21】 URL | えにし #-[ 編集] | page top↑
守備は世界どころかアジアに対しても
優位性を持てない上に相手合わせないのでは、弱いなら構わないが同じ位かそれ以上では勝てないのは道理でしょう。

日程などの戦略については色々と再考をお願いしたいですね。
今でもACL出場クラブのスケジュールはとんでもないことになってるというのに・・・
【2014/05/16 17:01】 URL | 蒼龍 #-[ 編集] | page top↑
No title
いいね
【2014/05/16 11:50】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2837-37264a08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |