コスタリカ戦 【 順調に仕上がっている多くの選手たちのフィジカルコンディション。 】
試合 :国際親善試合
開催日:2014年6月3日
結果 :日本代表勝利
スコア:「3-1」
得点者:ルイス 遠藤保仁 香川真司 柿谷曜一朗

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

FW 大迫勇也
MF 香川真司 本田圭佑 大久保嘉人
MF 山口蛍 青山敏弘
DF 今野泰幸 吉田麻也 森重真人 内田篤人
GK 川島永嗣


【 まずは大久保が攻撃を牽引。 】

まず立ち上がりに良さを見せたのは大久保。この試合では右SHの位置で起用されたが、高い位置でボールを奪ってのシュート、右から中へとドリブルで切り込みながら大迫への鋭いパス、それから、香川のクロスから大迫がヘディングシュート、というチャンスのシーンもあったが、その起点を作って香川へパスを出したのも大久保だった。1つだけ、青山への横パスがミスになって、そこからピンチを作ってしまう、という事もあったが、トータル的には良いプレイが多かったと思う。前半25分には、右から左へとダイアゴナルに走り、香川からのパスを受けて左足でシュート、という良いプレイもあった。更には、前半27分の本田のチャンスのシーンで、右からクロスを入れたのも大久保だった。やはり、起用されるポジションは1トップであっても2列目であっても、大久保は大きなプラス材料になっていると思う。守備でも特に悪いプレイは見られなかった。


【 失点の原因は? 】

しかし、前半31分、日本が先制点をコスタリカに与えてしまう。このシーンでは大久保と香川の左右が入れ替わっていて、その香川と青山のところでボールを奪いきれずに右サイドを崩されてしまい、最後は今野の対応が遅れて失点という事になってしまった。大迫への質のある縦パスを出したり、本田のチャンスのシーンでは良い前線への飛び出しを見せたり、良いミドルシュートを放ったり、攻撃面では良さを見せていた青山だが、やはり課題と言えるのは守備面で、この失点シーンのようなところでしっかりと相手を潰せるかどうか、という部分はもっと高めてもらいたい。但し、最後のところについては、確かに今野の反応が遅れた、という事はあったが、個人的には、今まで何度も指摘してきたように、ああいうシーンのああいうクロスに対しては、GKが飛び出してパンチングして欲しいと思っている。おそらくそうしないと、今の日本のクロスに対する守備力は上がらないと思う。


【 失点後に崩れない事が重要。 】

W杯本番の試合でも、先制点を奪われるという展開は有り得る。重要な事は、そうなった時に崩れない事で、この試合の失点後、内田がボールを奪われてしまったり、大久保がボールを奪われてしまったり、左サイドを抜けられてピンチを作ってしまったりしたが、とにかく立て続けの失点という事だけは避けなければならない。特に失点が前半であれば焦る必要は全く無いので、まずは2失点だけは絶対にしない、という意識でプレイしてもらいたい。という事で、前半41分には香川がドリブルで持ち込んで持ち込んでシュート、というチャンスも作ったが決められず、前半はスコア「0-1」で日本の1点ビハインド、という結果で終わった。多くのチャンスを作りながらも得点を奪えず、数少ないチャンスで相手に得点を奪われてしまう、というのは日本の負けパターンでもあり、フィジカルコンディションの調整も然る事ながら、ここからどう戦うのか、という事が後半には試される事となったと思う。特に結果よりも内容の部分での修正力が試される事となったと思う。


FW 大迫勇也
MF 香川真司 本田圭佑 岡崎慎司
MF 遠藤保仁 山口蛍
DF 今野泰幸 吉田麻也 森重真人 内田篤人
GK 川島永嗣


【 遠藤を入れて攻撃を活性化させるパターン。 】

後半スタートから岡崎と遠藤を投入。大久保のパフォーマンスも良かったが、まず立ち上がりに岡崎が右サイドを縦に抜け出し、その折り返しを香川がシュート、というチャンスを作り、岡崎のパフォーマンスが良い事も示された。ただ、このシーン、フィニッシュのところで香川と本田が重なってしまったのだが、同じような事がキプロス戦でも起こっていたので、そこは香川と本田できちんと確認しておいて欲しい。後半8分、本田からのパスを受けてDFラインの裏へと抜け出した岡崎がシュート。更には、後半9分、本田からのパスを受けた内田がPAでシュート。遠藤が入って中盤での攻撃を組み立てる力が上がった日本が立て続けにチャンスを作る。後半10分には、CKの流れから、香川の左サイドからのクロスに遠藤が飛び込む、というシーンも作った。

最近になって、途中から遠藤を入れて攻撃を活性化させる、というパターンも生まれつつあるが、やはりそのパターンは使えそうな気がする。山口のパフォーマンスが良いので良いオプションになると思う。後半15分、相手のCKからのカウンター、岡崎がドリブルで一気に前へとボールを運び、左サイドの香川からPA内の右サイドでフリーになっていた本田へパス。そして、本田のラストパスを内田がスルーすると、最後は遠藤が蹴り込んで日本が同点に追い付く。後半になってからは、岡崎と遠藤が入った事もそうだが、前半はイマイチだった本田のパフォーマンスが上がり、その事も後半になってから更に日本の攻撃が良くなった要因だったと思う。もう1つ試合あるので、これでおそらく本田も大丈夫なのではないだろうか。次の試合で完璧に仕上げて欲しい。


FW 柿谷曜一朗
MF 香川真司 本田圭佑 岡崎慎司
MF 遠藤保仁 山口蛍
DF 長友佑都 吉田麻也 森重真人 酒井宏樹
GK 川島永嗣


【 攻撃陣のパフォーマンスが全体的に良好。 】

後半16分、今野に代わって長友が出場。後半26分、内田に代わって酒井宏樹が出場。後半31分、大迫に代わって柿谷が出場。そして、後半35分、山口の縦パスを柿谷が香川に落としたところから攻撃がスタートし、最後は柿谷とのワンツーから香川がシュートを決めて、これで日本がスコア「2-1」と逆転。キプロス戦、そして今回のコスタリカ戦と、本田と比べて香川のパフォーマンス良さは強く感じられていたが、香川には是非とも今の調子をW杯まで継続させて欲しい。という事で、長友が入ってより活性化した左サイドから日本は最後まで攻め続け、後半47分には柿谷もゴールを奪い、試合はスコア「3-1」で日本の逆転勝利、という結果に終わった。攻撃陣のパフォーマンスが全体的に良く、守備力に不安がある日本としては大きな好材料だったと言えると思う。


【 まだ出場が無いのは、西川、権田、酒井高徳、斎藤、という4人だが。 】

さて、これで本番までに残された試合は1つだけとなった。6月7日のザンビア戦を残すのみ。まだ出場が無いのは、西川、権田、酒井高徳、斎藤、という4人になるが、酒井高徳あたりはザンビア戦でスタメン起用されるかもしれない。但し、斎藤については、隠し球として本番まで使わない、という方法も有りなのではないだろうか。前の4枚のスタメンに関しては、大迫、柿谷、大久保、香川、本田、岡崎、という6人の中から選べば良いと思うし、個人的には、ザンビア戦では清武をスタメンから起用してパフォーマンスを上げさせた方が良いように思う。初戦はともかく、2試合目や3試合目、そして、それ以降の試合では、控え組も含めた総力戦となり、清武あたりのパフォーマンスが鍵を握ってくるかもしれないので、そのあたりまで考えての選手起用を期待したい。



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


注意:このブログのエントリー内容を盗用し、少しだけ言葉や内容を変えて自分のブログを書く、という行為はやめてください。また、そういうブログのエントリーを支持したり転載したりする行為も同罪です。


【2014/06/03 15:15】 | ザックジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<コスタリカ戦選手評価 【 大迫勇也。本田圭佑。香川真司。大久保嘉人。山口蛍。青山敏弘。今野泰幸。内田篤人。 】 | ホーム | ドイツW杯を戦った日本代表の戦術的な回顧録。>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/06/04 01:07】 | #[ 編集] | page top↑
大久保は予想通り(または以上に?)チームにフィットしてますね
攻守においてここまですんなり入り込めたのはやはり呼ばれていない時も自分の中で日本代表のサッカーをしっかりイメージしていたからでしょう
連携においても細かいズレはあるもののイメージの共有は出来ているので
本番では更に連携の熟成を期待できそうですね
この様子なら管理人様の言う通りスタメンでも十分に実力を出してくれそうですね
大久保個人で見ればスーパーサブで得点を狙うのが一番でしょうが
いずれにしても
今大久保が見せているユーティリティはチームに競争と安心感の両方を生み出していると思います
この辺の選出はさすがにイタリア人監督らしいですね。

また今野のサイドバック起用ですが
これも面白いですね。
本田のコンディションが整わない場合のリスクマネージメントの一案になると思います
今野自体は失点に絡み
やりにくそうな場面もあったものの
控えの酒井ゴウトクの守備力や森重の起用をみていると
このパターンを試せたことは今後にかなりプラスになると思います
【2014/06/03 22:13】 URL | ざっけろん #-[ 編集] | page top↑
本田について
日本人がいま、一番気にしているのは、本田の調子だと思います。 ザンビア戦で、調子を取り戻すと思われますか? 走る距離は申し分ないようですが、正直なところ、本田の今とこれからのコンディションをどう分析されてますか?
【2014/06/03 19:43】 URL | あやっちFC #1IpYU7do[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2852-777d964a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |