コートジボワール戦 【 まだ3試合の内の1試合で負けたに過ぎない。 】
試合 :ブラジルW杯 グループC 第1戦
開催日:2014年6月15日
結果 :コートジボワール代表勝利
スコア:「1-2」
得点者:本田圭佑 ボニー ジェルビーニョ

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

FW 大迫勇也
MF 香川真司 本田圭佑 岡崎慎司
MF 長谷部誠 山口蛍
DF 長友佑都 吉田麻也 森重真人 内田篤人
GK 川島永嗣

FW 柿谷曜一朗
MF 大久保嘉人 本田圭佑 岡崎慎司
MF 遠藤保仁 山口蛍
DF 長友佑都 吉田麻也 森重真人 内田篤人
GK 川島永嗣


【 動きが鈍かったコートジボワールから本田が先制点。 】

本田の先制点は良いゴールだった。慎重に試合に入り、それもあって動きが鈍かったコートジボワールに対して、日本は幸先良く先制点を奪う事ができた。スローペースだが着実にフィジカルコンディションを上げていた本田が高いパフォーマンスを見せ、先制点後も、内田、本田、と日本は立て続けにチャンスを作った。そして、守備でも大きな綻びを見せる事は無く、前半の日本は勝利に値するチームだったと言えると思う。1トップには大迫。ボランチの1枚には長谷部。CBの1枚には今野ではなく森重。スタメンの選択も最良の判断だったと思う。内田のパフォーマンスも悪くなかった。


【 ディディエ・ドログバの登場が全てをひっくり返した。 】

しかし、後半17分、ディディエ・ドログバを入れた事で、コートジボワールのスイッチがオンとなり、そこからの4分の間に日本は2失点して逆転されてしまう。ちょうど体力的にきつくなる時間帯。その時間帯を狙って、プラン通りにドログバを投入し、2点を奪ったコートジボワールの戦略勝ちとも言えると思う。テストマッチでは、日本はそこを6枚の交代枠を使う事で乗り切っていたが、やはりその事に対する懸念というのが出てしまったと言える。長谷部ともう1枚、香川も同じタイミングで交代させた方が良かったと思うが、交代枠が3枚だったので難しい判断だったと思う。


【 W杯の試合で100%の力を発揮するのは困難である。 】

W杯の試合で、いつも通りの力を発揮できたら、その方が奇跡的であるとも言える。これは個人的な持論でもあるし、過去には何度も書いたが、重要なのは、100%の力を発揮できた時にどうなのか、ではなく、60%から80%ぐらいの力しか発揮できなかった時にどうなのか、という事。ハッキリ言って、60%から80%ぐらいの力しか発揮できなかった時、というのが、そのチームの本当の実力であると言える。特にW杯のような大きな大会では、対戦相手の実力も高いし、対戦相手もしっかりと対策を練ってくるので、100%の力を発揮するのは十中八九で無理だと言える。


【 修正できなかった悪い部分というのは確実に出てしまう。 】

そして、結局は、修正できなかった悪い部分というのは、確実に出てしまうとも言える。DFやGKの能力不足も有り、精度のあるクロス(あるいは質のある縦パス)を入れられてしまったら、現在の日本代表が失点してしまう確率というのはとても高く、出し手へのプレッシャーをかけない(かけられない)状況に陥ったらアウトで、やはりその結果としての2失点だったと思う。中盤の守備力が勝敗を大きく左右する傾向は全体的に近年顕著であるが、特にDFやGKの個の力が足りない日本の場合にはそれが大きな生命線で、そして、そこは精神力では補えないと確実に言えると思う。


【 自分らしい、日本らしい、というサッカーで。 】

という事で、日本は初戦で負けてしまったが、失点するのは覚悟の上で、失点した以上の得点を取れば良い、という戦い方を選択したのは自分たちであるから、それを残りの2戦でもやって結果を出す、という事を考えるしかない。第2戦の対戦相手であるギリシャは、第1戦でコロンビアにスコア「0-3」で敗れており、今回の対戦相手の中では最も実力的に劣ると言える。受動的な守備の修練を捨て、能動的な守備に全てをかけたのであるから、是非ともその、自分らしい、日本らしい、というサッカーで、最低でも1つは結果を出して欲しいと願う。まだW杯が終わったわけではない。



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


注意:このブログのエントリー内容を盗用し、少しだけ言葉や内容を変えて自分のブログを書く、という行為はやめてください。また、そういうブログのエントリーを支持したり転載したりする行為も同罪です。


【2014/06/15 17:55】 | ザックジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<コートジボワール戦選手評価 【 大迫勇也。本田圭佑。香川真司。岡崎慎司。長谷部誠。山口蛍。 】 | ホーム | より戦い方に拘るか。より結果に拘るか。それが問題だ。 【 スペイン代表 vs オランダ代表 】>>
コメント
No title
いつも楽しく読んでいます。

いつもこちらのブログで言われていることですが、
改めて守備力の大切さを感じたコートジボワール戦でした。

前線にいる「天才」と呼ばれる選手で
守備でもハードワークできる選手が出てこない限り
日本が今以上に上のランクへ行くことは
なかなか難しいのではにかと感じた次第です。

是非はあると思いますが、
守備のハードワークを実践させたトルシエって
やっぱりスーパーではないけど、日本にはあってたんだなと・・・。
【2014/06/17 00:35】 URL | ま #-[ 編集] | page top↑
管理人様のタイトルを見て
私も気持ちを切り替えました

結局は気持ちも重要ですよね
選手たちには心と体のコンディションをなんとかあげてほしいです
【2014/06/15 23:24】 URL | ざっけろん #-[ 編集] | page top↑
相手の作戦への対応策
日本の前からのプレスがハマらないように対策されてるかなと。相手SBが広がり香川と岡崎を押し下げ、大迫と本田の孤立を狙ってると思います。プレスがハマらないから間延びし、アーリークロスの起点を作られている。前の選手が頑張ろうと思えば思うほど相手の術中に嵌るので、冷静な対応策欲しいですね。
【2014/06/15 22:32】 URL | とっきー #-[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/06/15 22:27】 | #[ 編集] | page top↑
No title
初戦負けたチームは突破の確率が8%とかなんだか知りませんが、優勝する確率はもっと低いです。世界を驚かせると決めたのですから、やるしかないでしょう。このくらいの試練、乗り越えてなんぼのもんです。日本人一人一人が、最後まで諦めず応援し続けるべきですよね。
【2014/06/15 21:24】 URL | のびたくん #-[ 編集] | page top↑
No title
四年に一度の祭りの時だけコメントして恐縮です。
先制後の戦い方についてですが、長友や香川のボールロストがカウンターにつながっていたように思います。それは単にコンディションの問題だけではなく、ボールロスト前提のショートカウンターをしようとしていたからではないでしょうか。セントラルの二人が守から攻へ切り替えて、ポゼッションしようとしていた時にロストする場面が多かったように思うので、チームでの戦術統一ができていたのか不安です。
ザッケローニも攻守に中途半端だったと言っていたので、jubeさんが書いているように、監督采配に注目して次戦を応援したいと思います。
【2014/06/15 19:11】 URL | 日本サポ #-[ 編集] | page top↑
No title
更新お疲れ様です。
自分たちらしいサッカーをする、というのは聞こえはいいですが、ある意味考えることを放棄しているようにも見えますね。
というか、4年前岡田監督がコメントで、「相手の対応に合わせて戦略を立てないといけない」という旨の発言をしていた気がしますが、それができたチームとできなかったチームの差のように感じました。
なんにせよ予選のあと2戦、悔いを残さぬよう戦ってほしいですね。
【2014/06/15 18:34】 URL | ZON #bIM0AQKI[ 編集] | page top↑
私も前半は良かったと思います。
自分達のサッカーができなかったのは自分達のサッカーをしようとしなかったからというような論調が多くありますが、相手が対策を練ってきたら100%の実力が出せるわけもなく、またスタミナや相手の身体能力環境等を考えた場合、さらにそれは難しくなると思います。
今の戦い方できたことのリスクは今嘆いても仕方ないので、残りの試合に期待したいです。
【2014/06/15 18:26】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2867-1224adb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |