ギリシャ戦 【 冷めたピザは美味しくない? それとも、冷めても美味しい? 】
試合 :ブラジルW杯 グループC 第2戦
開催日:2014年6月20日
結果 :引き分け
スコア:「0-0」
得点者:

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

FW 大迫勇也
MF 岡崎慎司 本田圭佑 大久保嘉人
MF 山口蛍 長谷部誠
DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人
GK 川島永嗣

FW 岡崎慎司
MF 香川真司 本田圭佑 大久保嘉人
MF 遠藤保仁 山口蛍
DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人
GK 川島永嗣


まずは現状認識からしたいと思う。負けに等しい引き分けだった。ザックジャパン「らしく」戦えた試合だった。10人となり引き分けでも良い結果となったギリシャが「らしく」戦えるようになった。リトリートした守備を崩せなかった。なぜ負けに等しい引き分けだったのかと言えば、グループステージの突破が最高に厳しくなったから、ではなく、スコアレスの引き分け、という結果だったから。ギリシャが10人となる前の日本は、守備においてコートジボワール戦よりも悪かった。

もしコートジボワール戦で、ギリシャ戦のギリシャが10人となる前の戦い方を日本がやったら、ドログバの出番が無くても同じ結果になったと思う。相手が攻撃力に乏しいギリシャだったから失点しなかったに過ぎない。しかし、ザックジャパン「らしく」戦う、という事は、失点のリスクが高くなる事は承知の上で、それよりも得点を奪う事に重点を置く、という事であるから、それはそれで良かったと言える。つまり、ザックジャパン「らしく」戦えた試合だった、という事になる。

ところが、リスクを冒して戦ったのにも関わらず、10人となる前のギリシャから得点を奪う事ができなかった。その原因は明白で、アイデアが無かったから、DFの裏を突く攻撃が無かったから、という事だと言える。個々の選手のパフォーマンスが悪かったわけではない。パフォーマンスが悪かった選手というのは存在していなかった。しかし、守備は攻撃的だったが、攻撃は守備的だった。常に無難な選択肢を選び、チャンスになると判断が遅れ、攻撃のリズムが単調になってしまった。

そして、10人となり、日本相手に引き分け狙いの戦い方をしても、試合展開的に仕方がない、と言える状況になったギリシャが、図らずも「らしく」戦えるようになった。しかし、だから得点を奪えなかった、という事は、とても厳しい言い方になるが、やはり言い訳にはならないと思う。なぜならば、アジアとの多くの戦いの中で、リトリートした相手からどうやって得点を奪うのか、という事を重点的にやってきたのがザックジャパンだからで、無得点は酷く残念な結果だったと言える。

正直、ギリシャ戦の戦評については、これぐらいの事しか書けない。とてもわかりやすい試合で、ギリシャが10人となる前までは、いかにリスクを冒しても失点せずに得点を取るのか、ギリシャが10人となってからは、いかにしてリトリートした相手の守備を打ち破って得点を奪うのか、というだけの試合だった。そして、結果はスコア「0-0」の引き分けだった、という事で、勝点1を取れた、という事が意味を持ち、グループステージの突破に繋がってくれる事を願うしかない。



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


注意:このブログのエントリー内容を盗用し、少しだけ言葉や内容を変えて自分のブログを書く、という行為はやめてください。また、そういうブログのエントリーを支持したり転載したりする行為も同罪です。


【2014/06/20 21:45】 | ザックジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ギリシャ戦選手評価 【 大迫勇也。本田圭佑。岡崎慎司。大久保嘉人。山口蛍。長谷部誠。 】 | ホーム | ギリシャがどのような戦い方をしてきても対応できるようにしたい。>>
コメント
No title
大差で勝たない限り実はwinwinな引き分けでしたね。というだけの試合ですかね
【2014/06/21 01:31】 URL | #-[ 編集] | page top↑
仰る通りですね。何の意味ももたなかった試合に等しいと私も見てて思いました。
選手達の言う自分達のサッカー、「らしさ」とはなんなのでしょうか。
相手が日本の長所を消しにかかることをわかった上でそれを凌駕するほどのらしいサッカーを披露できる、披露したい、という意味で言ってたのでしょうか。
そういう意味で言ったとしたならばそのレベルに達しているとは言えないと思いますし、もっと言えばそのレベルに達するには相手との力量の差が相当に開かなければそうすることは不可能でしょう。いかにらしくないプレーをしてらしいプレーを活かすか、らしくないプレーをしてらしいプレーを活かすか。結局戦術に幅が無ければただただ単調なサッカーになってしまいます。私は日本のサッカーを否定するつもりはありません、システムで技術やフィジカルを補うのにも限界はありますから。
ただ、オプションを作ろうとしなかったことには疑問を持たざるを得ません。
なぜ、守備的な陣形も考えなかったのか。なぜ、パワープレーをするなら長身の選手を選ばなかったのか。疑問ばかりが浮かんできます。
香川選手が口にしていた「この4年間」という言葉があまりにも重いです。
相手に対策を取られた時にどういうサッカーをするか、どこでチャレンジをするか、どうすれば勝てるか。
そういった具体的なプランが私にはギリシャ戦まで見ていて理解が出来ませんでした。
唯一わかったことは失点をしてもいいからとにかく細かいパスで相手を崩して綺麗なサッカーをしたい。それだけです。
プロセスがあっての結果だとほんだ選手は言っていましたが、それは逆も然りです。結果を踏まえた上て修正を加えなかったら無意味でしかありません。
4年間積み上げてきた「連携」がここまで通用しないのを見ると、悲しい気持ちでいっぱいです。

とにかく最後のコロンビア戦は応援する以外にありませんね


【2014/06/21 01:10】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2872-d6f0310e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |