コロンビア戦 【 その原因と責任はミスリードを数の暴力で正当化し続けた周囲の人々にもある。 】
試合 :ブラジルW杯 グループC 第3戦
開催日:2014年6月25日
結果 :コロンビア代表勝利
スコア:「1-4」
得点者:クアドラード(PK) 岡崎慎司 マルティネス×2 ハメス・ロドリゲス

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

FW 大久保嘉人
MF 香川真司 本田圭佑 岡崎慎司
MF 長谷部誠 青山敏弘
DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人
GK 川島永嗣

FW 柿谷曜一朗 大久保嘉人
MF 清武弘嗣 本田圭佑
MF 山口蛍 長谷部誠
DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人
GK 川島永嗣


既にグループステージの突破を確定させていたコロンビアは、ハメス・ロドリゲスもスタメン出場せず、控え組の選手が8人出場していた。つまり、2軍もしくは1軍半と言えるチームだった。対する日本は、1トップを大迫から大久保に代え、長谷部のパートナーとなるボランチには、山口や遠藤ではなく青山、というスタメンだった。おそらくは、もっと縦に速く、もっと前へのアグレッシブさを、という事での、大久保と青山の起用だったのだと思う。そして、その意図というのは明確にピッチで表現されていて、結果的にも内容的にも、悪くない前半だったと言える。

但し、途中からは普通になったが、序盤の青山はパスミスが目立ち、チャンスを生み出せていた縦へのフィードは長谷部が繰り出していた事もそうであるし、コロンビアのトップ下がキンテーロであった時は大丈夫だったが、そこが後半からハメス・ロドリゲスに代わってからはやられてしまい、ハメス・ロドリゲス封じのための、青山から山口という交代に効果があった事も考えると、やはり、最初から山口と長谷部のコンビで、ダブルボランチはスタートするべきだったと思う。結局、青山から山口という交代は、無駄に交代枠を1枚使ってしまった、という事でもあったと言える。

前半17分、岡崎のところでボールを奪われ、カウンター気味の攻撃を受け、最後は今野がPKを与えてしまって失点。今野がもう少し冷静に対応していたら、というシーンではあった。しかし、とにかくアグレッシブに、という戦い方しかできないザックジャパンであるから、それを考えれば前半のその後は失点せずによく戦ったと言えると思うし、前半46分には、カウンターから、右サイドからの本田のクロスに岡崎がヘディングで同点ゴールを奪う、という事ができたので、やはり前半は、結果的にも内容的にも悪くなかった、と考えても間違いではないのではないだろうか。

ところが、コロンビアが後半のスタートからハメス・ロドリゲスを入れてきて、絶対にハメス・ロドリゲスだけは自由にプレイさせてはならなかったのだが、後半10分、そのハメス・ロドリゲスが絡んだ攻撃で日本は失点してしまう。コートジボワール戦のように、サイドのところでまた寄せが遅れてしまった、という事もそうだが、コロンビアの攻撃はハメス・ロドリゲスが軸となっている、という事は試合前から明白だっただけに、この2失点目が最も残念な失点であった。ハメス・ロドリゲスを賞賛すべきかもしれないが、それよりも、日本の守備の未熟さに情けなさを感じた。

そして、その後は、チャンスは何回か作ったが決められず、とにかく勝たなければならない、という事で、前へと体重かけて戦った結果として更に2失点し、日本はスコア「1-4」という大差で敗れた。清武と柿谷の投入も虚しさだけが残った。個人的には、2006年にも同じような経験をしている、という事もあるので、ハッキリ言って大きなショックというのは無いが、やはり、同じ過ちを繰り返した、という事については、強い憤りと同時に悲しさを感じている。そして、その原因と責任は、ミスリードを数の暴力で正当化し続けた、周囲の人々にもある事を痛感している。



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


注意:このブログのエントリー内容を盗用し、少しだけ言葉や内容を変えて自分のブログを書く、という行為はやめてください。また、そういうブログのエントリーを支持したり転載したりする行為も同罪です。


【2014/06/25 11:45】 | ザックジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<コロンビア戦選手評価 【 大久保嘉人。本田圭佑。香川真司。岡崎慎司。長谷部誠。青山敏弘。 】 | ホーム | これからの日本のサッカーのテーマは「賢く戦う」という事。>>
コメント
結果論で失敗というのは簡単という意見もありますが、4年間、結果が良い時も悪い時も、ブログ主さんのようにW杯で生じた問題点を指摘し続けてきた人もごく少数でしたがいましたし、むしろ、結果論(強豪国にある時間帯だけ良い試合をした、先制されたけど逆転した等)で現在の日本代表を評価し続けてしまったことが大きな問題だったと思います。
【2014/06/26 20:55】 URL | #-[ 編集] | page top↑
スタイルは間違ってない、無駄なことはない、攻撃はいいから守備を高めよう。
そんな声が多く聞かれるのに違和感を覚えます。
そりゃ、4年間全てが無駄になることなんてありえないでしょう。
スタイルは間違ってない?まず、そのスタイルというのを決めつけることができることに違和感があります。
そして、攻撃と守備を分けて考えていることにも。
個人的には、そう簡単に決めつけたり、切り分けられないところにサッカーの面白さがあるのになと思います。
サッカーを単純化させて、夢をみて、盛り上がることを最優先させるなら、また同じ失敗を繰り返すことになると思います。
【2014/06/26 20:16】 URL | #-[ 編集] | page top↑
最後の一文には大いに同意します。
元々コロンビア戦ではよくて引き分けだとおもっていましたから第3節では2勝か1勝1引き分けで迎えないと厳しいと考えていました。

俺が見るにこの3試合で決勝トーナメントに進むに値する試合があったかと振り返ると答えは明らかにNOです。

3試合終えてみての感想は1、2試合の時にあった悔しさはどこへやら憤りも見当たらず悲しさだけが残っています。
第3節にいたってはファルカオがいてくれた方が見応えあったんではなかろうかとさえ思えるほどです・・・

話は変わるのですがサッカーは見る専門でプレイ経験がないので基礎力(セオリー)の身に付け方がよくわからないのでよろしかったら具体的に教えてください。
【2014/06/26 10:53】 URL | 蒼龍 #-[ 編集] | page top↑
No title
この試合の内容が1番よかったという人たちもいますが、そうなんでしょうか!?

この試合こそ賢く粘り強く戦うべき一戦だったと思うのですが、明らかにオーバーペースであり、カウンターを狙ってるコロンビアには格好の餌食でしかないような戦い方で内容も結果も最低の試合だったと思います。

個人的にギリシャは強かったと思いますし、日本のギリシャ戦は決して悪くなかった、もう一度同じような戦い方をして、勝ち点3をとるというミッションを遂行すべきだったと思います。

最後の試合が大久保の勢いだのみ、精神論ばかりの当たって砕けろサッカーだったのが本当に残念です。
【2014/06/26 10:30】 URL | かつ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2877-b19d6dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |