コロンビア戦選手評価 【 長友佑都。内田篤人。今野泰幸。吉田麻也。川島永嗣。山口蛍。清武弘嗣。柿谷曜一朗。 】
試合 :ブラジルW杯 グループC 第3戦
開催日:2014年6月25日
結果 :コロンビア代表勝利
スコア:「1-4」
得点者:クアドラード(PK) 岡崎慎司 マルティネス×2 ハメス・ロドリゲス

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

FW 大久保嘉人
MF 香川真司 本田圭佑 岡崎慎司
MF 長谷部誠 青山敏弘
DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人
GK 川島永嗣

FW 柿谷曜一朗 大久保嘉人
MF 清武弘嗣 本田圭佑
MF 山口蛍 長谷部誠
DF 長友佑都 今野泰幸 吉田麻也 内田篤人
GK 川島永嗣


長友佑都

南アフリカW杯の時の長友とブラジルW杯での長友。どちらが輝いていただろうか? 間違い無く南アフリカW杯の時の長友だったと思う。南アフリカW杯から4年が経過し、長友は確かに巧くなった。オンザボールでのテクニックは世界基準へと近づいた。しかし、個人的には、最近の1年もしくは2年ぐらいの長友については、少し違和感を抱いてきた。南アフリカW杯の日本代表を否定するような発言。失点を恐れずに攻撃する事が最善とするような発言。そういう発言が頻発されるようになってから、インテルでも、長友のサイドから失点する事が多くなり、守備対応でのミス(判断ミスも含めて)が多くなり、守備に対して、緩慢であったり、集中力を欠いていたり、粘り強さを失っていたり、SBとしての攻守のバランスを崩しているように感じた。

もちろん、その背景には、インテルでも日本代表でも、戦術的に長友を攻撃的に使ってきた(いる)、という事はある。しかし、そうする事でインテルでも日本代表でも、多くの場合でチームを勝たせるという結果に繋がっているのかと言えば否で、その事については深く考えようとしていないように見える長友に、個人的は少し違和感を抱き続けてきた。攻撃についても、個の力は確かに高くなったし、インテルでも5得点という結果は出したが、相手に対策されるようになってからは得点が遠ざかり、ワンパターンのプレイでは通用し難くなり、強気の発言に違和感を感じる事が多くなった。長友という選手は、元々が攻撃的な選手で、稚拙だった守備力を上げた事でインテルまで辿り着いた、という選手であると思うから、もう一度、そこに立ち返って欲しいと思う。


内田篤人

今回のブラジルW杯では、内田のパフォーマンスの良さが目立っていた。「らしさ」という言葉を連発する他の選手とは違い、なんだかんだ勝つという事が大切、攻撃的とか守備的とかではなくどう戦うかは状況や相手による、という趣旨の発言が多く、内田の口から「らしさ」という言葉を聞いた記憶が無い。結局はそういう、正しい(あるいは偏らない)考え方を持ってW杯という大会に入った事によって、良いパフォーマンスを発揮できたのではないだろうか。もちろん、左サイドに比べて警戒されていなかった、まさに怪我の功名でフィジカルをアップさせる事ができた、という要素も関係していたと思うが、地に足がついたプレイをし続けられたのは、やはり、正しい(あるいは偏らない)考え方をしていたからだと思う。ある意味では、最も大人の選手であったと言える。


今野泰幸
吉田麻也
川島永嗣

4年間最も危惧されていたのが、ボランチ、CB、GK、という守備的なポジションの中央の選手たちの守備力で、それがブラジルW杯でも、やはり大きな足枷となってしまった事実は否定できない。但し、彼らの守備力が足りない事によって、退いて守れないから、という事が、「らしい」と言われているスタイルを貫き通した理由として、まるで印籠のように掲げられているが、攻撃的に戦うには守備的なポジションの選手に高い個の守備力が必要で、守備的なポジションの選手に高い個の守備力が無いならば守備的に(つまり守備に人数をかけて)戦わなければならない、という事が正しい答え。日本に少ない人数で攻めて得点を取れる選手がいるのか? どう考えても、現状をきちんと考えれば、少ない人数でも守れる選手よりは、少ない人数でも攻められる選手の方が多い。原理原則として、得点を取っても負ける事はあるが、失点しなければ負ける事は無い。そして、そもそもとして、今野はともかく、吉田と川島は、ハイプレス&ポゼッションのサッカーに適した選手ではない。


山口蛍
柿谷曜一朗
清武弘嗣

山口の存在によって細貝が落選したのだとしたら、それは今回の山口のパフォーマンスを考えると、充分に納得できるものだった。しかし、清武については、大久保を選出した事によって必要性が大きく下がったと言えるし、今季のクラブチームでのパフォーマンスを考えれば、清武よりも細貝の方が選ばれるべきだったのではないかと思う。そして、柿谷ついては、現状では、堅守カウンターの戦い方の中で最も活かされる選手だと言え、結局、ハイプレス&ポゼッションという「らしさ」を貫くのであれば、その使いどころは見い出せなかったと思う。



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


注意:このブログのエントリー内容を盗用し、少しだけ言葉や内容を変えて自分のブログを書く、という行為はやめてください。また、そういうブログのエントリーを支持したり転載したりする行為も同罪です。


【2014/06/27 11:45】 | ザックジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<ザックジャパン総括。ミスリードが引き起こした惨敗。 | ホーム | コロンビア戦選手評価 【 大久保嘉人。本田圭佑。香川真司。岡崎慎司。長谷部誠。青山敏弘。 】>>
コメント
内田選手の考え方は大会前から一貫して他の選手と距離をとっていましたね。
個人的にはキャプテン=リーダーとした場合、ハーバード大学のハインフェッツ教授が言うように、世の中の印象と異なり、リーダーシップは人気があるとか頼りになるとかではなく、いかに状況を冷静に分析し、問題解決できるかに成功がかかっているという主張に賛同するので、本人のやる気を除くと、内田選手が本来はキャプテン向きかと思います。
キャプテン候補が少ないのは、やはりまだCL等大きな大会でコンスタントに経験を積んでいる選手が少ないことがあると思うので、これから増えていくことを期待したいです。
また、将来は内田選手のようなインテリジェンスのある選手が監督として日本代表に戻ってきてくれることを期待しています。
【2014/06/29 20:27】 URL | #-[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/06/28 11:28】 | #[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/06/27 23:13】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2879-eb718b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |