ザックジャパンの問題点の本質は戦い方の対立や歩み寄りにあらず。
ザックがどういうサッカーをしたかったのかと言えば、それは基本的には3トップ型で、全体を縦にも横にもコンパクトしながら、相手をサイドへと追い込む守備でボールを奪い、そこでボールを奪ったら、そのままそのボールを奪ったサイドを起点として、そのサイドの高い位置で起用している選手を起点として、そのサイドに人数をかけて数的優位を作り、CFの選手へとラストパス、あるいは、CFの選手がデコイとなって作った、バイタルエリアやニアサイドやファーサイドのスペースへとラストパス、という戦い方だった。ここで覚えておいて欲しい重要な事は、サイドを起点とする、サイドへと追い込む守備をする、という部分で、ここが本田や遠藤とザックの間に意見の相違が生まれたところ。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

「3-4-3」をやった時に顕著になっていたが、ザックは基本的にはトップ下を置かないサッカーをやろうとしていた。なぜかと言えば、その位置(限定的に言えばバイタルエリア)にスペースを作る、という事がザックのやりたかった攻撃だからで、だから、サイドを起点とする、サイドへと追い込む守備をする、という戦い方になる。でも本田は「4-2-3-1」あるいは「4-2-1-3」のトップ下だったのでは? と思うかもしれないが、ザックの中でのその位置の選手は、役割としてはボランチに近く、まずは攻守のリンクマンである事を求め、次には、FWである事を求めていたので、いわゆる、バイタルエリアに鎮座して、という感じのトップ下を求めていたのではない。

ところが、このザックの戦い方には大きな問題点があって、それは、相手もサイドに人数をかけてきた場合には、そこでの数的優位が生まれずに、攻撃では起点がなかなか作れなくなる、守備では、そこで日本側の守備の囲みを縦に突破されてしまったり、そこから逆サイドへと大きく展開されてしまったり、という事になってしまうと、一気にカウンターを受けてピンチになる、という事。そして、2つには、サイドに人数をかける、という事は、当然、中央の人数は少なくなる、という事になるから、攻撃時には中央からのカウンターを受けやすくなってしまう、守備時には中央の守りが薄くなってしまう、という事。とにかく、ザックの戦術の最大の問題点は、そこにあったと明言できる。


参照:「日本サッカーの課題とは何か? そして、時代を逆行してしまった日本代表。


という事で、ここで、本田や遠藤から、もっとサイドチェンジを使いたい、もっと中央を起点した攻撃もしたい、という提案が出てくる事になる。片方のサイドで押し切るような攻撃ではなく、そこでダメそうだった場合には、逆サイドへと起点を移動させる、という事をやりたいと提案し、そのためには本田や遠藤などがあまりサイドへと寄り過ぎず、中央で逆サイドへの繋ぎ役となる必要がある。あるいは、サイドでなかなか起点を作れない場合には、まずは中央で起点を作り(中央から攻めて)、それでサイドにスペースを作り、それからサイドを起点とした攻撃へと移行する、という事。個人的には、これは本田や遠藤側の意見に賛成だったし、その方が守備面を考えても正しかったと思っている。

そして、ここで重要なのは、これは、速攻派のザックと遅攻派の本田や遠藤、という対立ではない、という事。これは、とにかくサイド起点派のザックと場合によっては中央起点派の本田や遠藤、という対立であった、という事。ちなみに、香川もそうだが、最後にメンバー入りした大久保についても、「距離が遠すぎる」、とよく大久保は言っていたが、やはり本田や遠藤の方の考え方を支持していたと言える。但し、ザックジャパンの問題点というのは、結局、ザックのやり方にせよ本田や遠藤のやり方にせよ、強豪相手には(もっと言えば欧州の中堅国にも)通用しなかった、という部分が大きく、それはW杯での3試合の1つ1つのシーンの1つ1つのプレイにもよく示されていた。

個の能力が不足していた事によって、サイドでの起点もあまり作れず、中央での起点もあまり作れず、効果的なサイドチェンジもあまりできず、プレスによって相手の攻撃をあまり止められず、ミスも多かったし、最後の局面での守備力は参加国の中でも最低レベルにあったと思う。つまり、何を間違ったのかと言えば、それは、ザックのやり方を貫かなかったから、本田や遠藤のやり方を貫かなかったから、という事ではなく、前述したような力量であっても勝点を奪うのはどうすれば良いのか、という事であったり、どのような戦い方であれ、もっとスペースを上手く使う、という事について個としても組織としても高めておく事であったり、そこに方向性を見つけられなかった事だったと思う。

日本代表の速攻は低レベルであると言わざるを得ない。遅攻もギリシャ相手に通用しなかった。ザックが望むようにサイドで起点を作ろうとしても、そこでボールを奪われて何回もカウンターを受けてしまう。唯一成功したのがコロンビア戦の岡崎の得点だった。本田や遠藤などが望むように中央で起点を作ろうと(中央から攻めようと)しても、やはりそこでボールを奪われて何回もカウンターを受けてしまう。それが成功しそうだったのはコートジボワール戦の前半にあった2回ぐらいだった。ザックと選手たちが望んだハイプレスも多くのシーンで効かなかった。それにプラスして、最後の局面での守備力が低ければ、どちらのやり方を貫いていたとしても、大きく結果は変わらなかったのではないだろうか。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2014/08/11 11:45】 | ザックジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<これからの日本のサッカーの強化ポイントは、賢明、強度、速攻、という3つ。 | ホーム | 過去を語る事は未来を語る事。日本のサッカー界に必要な事は?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2898-071f8f66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |