ベネズエラ戦 【 当たり前の事を当たり前にできるようになるかどうか。 】
試合 :キリンチャレンジカップ
開催日:2014年9月9日
結果 :引き分け
スコア:「2-2」
得点者:武藤嘉紀 ロンドン 柴崎岳 シチェロ

記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

FW 柿谷曜一朗 大迫勇也 本田圭佑
MF 柴崎岳 細貝萌
MF 森重真人
DF 長友佑都 吉田麻也 水本裕貴 酒井高徳
GK 川島永嗣

FW 武藤嘉紀 岡崎慎司 本田圭佑
MF 田中順也 柴崎岳
MF 森重真人
DF 長友佑都 吉田麻也 水本裕貴 酒井高徳
GK 川島永嗣


2試合続けて、順当な結果と言うか、実力通りの結果となったと思う。ベネズエラの選手たちはフィジカルが強く、そのプレッシャーを真正面から受けてしまう戦い方では苦戦してしまう。それを卓越したパスワークでかわして攻撃しよう、という事が、近年の日本が目指してきた戦い方だが、ベネズエラぐらいの相手となれば、やはりそれはそう簡単にはやらせてもらえない。そうなってくれば、重心を低くし、そこに相手を食いつかせ、長中距離の縦パスを最前線へと入れて、3人から4人ぐらいの人数でシンプルに速くゴールを目指す、という戦い方をした方が効果的だと言える。

そういう意味では、前半の大迫も良かったと思うが、よりシンプルに縦パスを引き出せる、サイドでもプレイできる機動力を持つ、岡崎がCFの位置に入った後半は攻撃が良くなった。更には、1回は決定的なチャンスを作ったが、柿谷は左サイドに張り付くようにプレイしていたので、相手にとって対応しやすい選手になっていたが、武藤は左サイドにこだわらず、中央や右サイドにあるスペースへと動いてプレイしていたので、相手にとって対応し難い選手となっていて、そこも後半からの日本の攻撃が良くなった理由の1つであると思う。日本の2得点はどちらも素晴らしかった。

しかし、ウルグアイ戦に続き、またも日本は2失点。その2失点以外のシーンでも、十中八九は個によるミスや対応の悪さからピンチを作っており、とにかくそれを減らさない限りは、やはり日本の守備力の向上は望めない。相手がアジアレベルである場合には、1つ2つぐらい大きなミスを犯しても大丈夫な場合が多いが、ウルグアイやベネズエラぐらいの相手となればそうはいかない。そして、組織的な守り方に間違いや欠陥が無くても、個である「点」が悪ければ「線」や「面」は威力を保てない。単純だが、当たり前の事を当たり前にできるようになるか否か、であると言える。



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2014/09/10 12:15】 | アギーレジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ベネズエラ戦選手評価 【 大迫勇也。柿谷曜一朗。本田圭佑。柴崎岳。細貝萌。森重真人。 】 | ホーム | アギーレジャパン考察 【 ビルドアップからの攻撃とビルドアップのやり方について。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2911-9c1c6293
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |