ジャマイカ戦 【 武藤と柴崎に続いて塩谷と西川も合格か? 岡崎のCF起用と細貝のアンカー起用もこれで確実となったか? 】
試合 :キリンチャレンジカップ
開催日:2014年10月10日
結果 :日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:OG

記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

FW 武藤嘉紀 岡崎慎司 本田圭佑
MF 香川真司 柴崎岳
MF 細貝萌
DF 長友佑都 森重真人 塩谷司 酒井高徳
GK 西川周作


パフォーマンスの良さが最も目立っていたのは2人。CFの岡崎とアンカーの細貝だった。岡崎は本当にポストプレイが強くて巧くなった。五分五分のボールをマイボールできる強さや巧さは昔からの持ち味の1つだったが、その能力が最近は確実にレベルアップしている。トラップの技術が向上し、ダブルタッチによるボールコントロールの技術も向上しているように感じた。そして、守備力(ファーストディフェンスの力)、運動量、動き出しの良さ、という部分も健在で、得点力も起点力も、現在は間違い無く岡崎が日本のナンバーワンCFだと言えると思う。

細貝については、漸く代表でも高いパフォーマンスを発揮してくれた。クラブではアンカーとして高いパフォーマンスを発揮しているのに、なぜか代表では同じように高いパフォーマンスを発揮してくれない。それがザックジャパンの時の細貝だった。しかし、今回のジャマイカ戦では、素早い寄せと良い判断で相手の攻撃を遅らせたり相手の攻撃の芽を摘んだり、アンカーに要求される守備を確実に遂行できていた。そして、やはり細貝は、「4-1-2-3」の「2」のところでバランサーの役割を担うよりも、主に守備で貢献するアンカーとして起用された方が活きる。

という事で、この試合は、その細貝をアンカーとした、香川、柴崎、細貝、という3人の中盤の組み合わせだったわけだが、意外だったのは、香川がバランサー(リンクマン)、柴崎がアタッカー、という感じだった事。試合前は、プレイスタイル的に考えても、香川がアタッカー、柴崎がバランサー(リンクマン)、という感じになると思っていたが、予想していた以上に香川が攻守のバランスを気にしながらプレイしていて、柴崎の方が自由な感覚で攻撃に出ていた。特に前半はそうだった。そのあたりについて、香川はどう考えながらプレイしていたのか、少し気になった。

そして、全体的な攻撃に関しては、日本の方がポゼッション率は高かったが、しかし、以前のようなショートパスによる攻撃一辺倒ではなく、ジャマイカのハイプレスが強かったり、DFラインを上げていた場合には、前線の岡崎や本田にロングフィードを蹴って縦に早い攻撃を狙う、というパターンも多かった。ザックが、俺の時からそうしてくれ、と言っていそうな気がしたが、監督がアギーレになったからというよりも、本田や香川を筆頭に、選手たちの方の考え方が変化したのかなと思う。更には、ブラジル戦を想定した戦い方をしていた、という事もあったかもしれない。

ただ、この試合は、多くのチャンスを作りながらも、残念ながら決定力が低かった。少なくとも3点ぐらいは取れていた試合だったと思うが、結果は1得点(しかもオウンゴール)だったという事で、スッキリした勝利という感じにはならなかった。オウンゴールのシーンも含めて、確かに崩しという部分では良さを発揮できていたと思うが、あまり相手の守備力は高くなかったし、やはり、少ないチャンスで決める、という事が、強豪相手との試合では強く必要とされてくるので、そういう観点に立てば、合格点の攻撃だったとは言えないと思う。もっと研ぎ澄まされる必要がある。

守備については、長友、森重、塩谷、酒井高、DF全員のパスミスというのはやはり気になったが、守備対応という部分については、ミスが無く、良いプレイも多く見られ、全体的にもコンパクトした良い守備ができていたと思う。新戦力のCBである塩谷が良いパフォーマンスだったのも好材料だった。但し、後半の途中からは、運動量が落ちてコンパクト性が薄くなってしまったり、ジャマイカが攻撃の圧力を強めてきて、それに力負けしてしまったり、というシーンが増えてしまっていたので、そこは課題として残ったと思う。個の力を高めて課題を克服してもらいたい。


FW 本田圭佑 武藤嘉紀 小林悠
MF 香川真司 柴崎岳
MF 細貝萌
DF 長友佑都 森重真人 塩谷司 酒井高徳
GK 西川周作


後半14分、岡崎との交代で小林が出場し、武藤がCF、小林が右サイド、本田が左サイド、という布陣になった。ちなみに、香川と柴崎の位置も、途中で左右が入れ替わったりもしていた。おそらく、ある程度は決めているとは思うが、3トップにしても中盤の3枚にしても、どの選手をどの位置で使うのがベストなのか、という事については、まだ模索しているのではないだろうか。あるいは、複数の位置で起用する、そういうポリバレント性も求める、という事もあると思う。そういう意味では、香川が3トップのどこかの位置で起用される可能性も残っている気がする。


FW 本田圭佑 柿谷曜一朗 小林悠
MF 田口泰士 柴崎岳
MF 細貝萌
DF 太田宏介 森重真人 塩谷司 酒井高徳
GK 西川周作


後半29分、武藤との交代で、柿谷が左サイドではなくCFの位置に入った。そして、後半の残り時間が少ないところでは、長友との交代で太田、香川との交代で田口、という選手たちも出場した。柿谷はもっと動きを多くする必要があると思う。小林はCFの位置でも見てみたい。田口と太田に関してはプレイ時間が短かったので評価できなかった。という事で、アギーレジャパンの初勝利となったが、次の対戦相手はブラジル。残念な事に香川は脳震盪で離脱してしまったようだが、アジアカップに向けて、どの選手が生き残れるのか、ブラジル戦はとても重要な試合になると思う。



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2014/10/11 11:45】 | アギーレジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<ベトナム戦(Uー19) 【 劇的勝利も攻守のパフォーマンスに不安は拭えず。】 | ホーム | 中国戦(Uー19) 【 個の輝きが足りない。フル代表に招集したくなるぐらいの輝きを見せて欲しい。】>>
コメント
No title
柴崎と香川のコメントに関しては、どちらも走れる選手ですが、傾向として香川は回しながらゴールに入っていく選手であり、柴崎は後方からのロングランニングで入っていく選手なので、少なくとも今の段階、あるいは今のサッカーでは、フリーランをしやすいのは柴崎のほうだと思うので、そういう傾向の違いではないかと。

また、昔から日本代表は、代表経験の浅い選手、あるいは技術力が相対的に低い選手ほどよく走り、それが解消してくるほど走らなくなってくる(ボールを持つことに意識がいく)という傾向があるので、それもあるのではないのでしょうか?
【2014/10/11 13:31】 URL | 中堅読者 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2947-f0f73d17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |