ジャマイカ戦選手評価 【 岡崎慎司。武藤嘉紀。本田圭佑。香川真司。柴崎岳。細貝萌。 】
試合 :キリンチャレンジカップ
開催日:2014年10月10日
結果 :日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:OG

記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

FW 武藤嘉紀 岡崎慎司 本田圭佑
MF 香川真司 柴崎岳
MF 細貝萌
DF 長友佑都 森重真人 塩谷司 酒井高徳
GK 西川周作

FW 本田圭佑 武藤嘉紀 小林悠
MF 香川真司 柴崎岳
MF 細貝萌
DF 長友佑都 森重真人 塩谷司 酒井高徳
GK 西川周作

FW 本田圭佑 柿谷曜一朗 小林悠
MF 田口泰士 柴崎岳
MF 細貝萌
DF 太田宏介 森重真人 塩谷司 酒井高徳
GK 西川周作


岡崎慎司

得点は取れなかったが、マインツでのパフォーマンスがそのまま出たような良い活躍だった。得点力、起点力、守備力、三拍子揃った素晴らしいCFに岡崎は成長したと思う。攻撃の機能性の鍵を握っているのは、やはりFWの選手であり、1トップあるいは3トップであるならばCFの選手であり、中盤やサイドの香川や本田が輝けるかどうかもそこにかかっている。FWの前線でのボールの収まりが良ければ、その周囲の選手たちは前を向いてプレイできる回数を増やせるし、FWが中盤へ下がったりサイドへ流れたりして起点となれれば、それによって空いた中央のスペースに周囲の選手たちが入って行く形も増やせる。ブラジル戦でも高いパフォーマンスに期待したい。


武藤嘉紀

まだ代表での試合数が足りない選手は、どうしてもプレイが遠慮がちになってしまい、ドリブルが持ち味でもあまりドリブルしなかったり、シュートを撃つべきシーンでもシュートを撃たずにパスしてしまったり、という感じになってしまう事が多いのだが、武藤にはそういう消極性が無く、まずはそこが良いところだと思う。守備もきちんとやっているし、おそらく余程の事が無い限りはアジアカップのメンバーに選ばれると思う。後は、もっと経験を積んで、脱アジアレベルの選手たちの競り合いの強さやスピード感などを肌で感じ続ければ、もっと活躍できるようになると思う。それから、岡崎もそうだが、2トップの形でも見てみたい。良いオプションになる気がする。


本田圭佑

決定的なシーンで外してしまったのは残念だった。しかし、現在の本田はミランでも好調だが、この試合を見ても、キレやスピード感という部分が以前よりも上がった、という感じがあって、フィジカルに対する考え方を変えたのではないかと思う。もちろん、本田の武器はフィジカルの強さにあるが、しかし、それだけでは、世界のトップレベルのフィジカルの強さや競り合いの巧さを持つ相手には通用しないので、そこにどれだけキレやスピード感をプラスできるのか、という事が本田の課題だったから、おそらくそこの強化に取り組んでいるのではないだろうか。そこの強化によって守備力も上がっているように思う。ブラジル戦でも高いパフォーマンスに期待したい。


香川真司

左足での強烈なミドルシュートを1本放ったが、そこにはプレミアでプレイしてきた感やルーニーぽさを感じたし、特に前半はあまりトップ下へと行かずにバランスを取りながらプレイしていたが、そこにはトップ下以外のポジションでも活躍できるようにという感じも受けたし、この試合からはプレイの幅を身に付けようとしている香川を感じた。ただ、後半からはより前でプレイするようになっていたように、アギーレのイメージの中では、より香川はトップ下のように、より柴崎はボランチのように、という感じで、「4-1-2-3」の「2」は並列ではないと思うので、そこは確認してみた方が良いと思う。そうでなければ細貝を「2」のところでは使わないと思う。


柴崎岳

細貝がアンカーとして良いパフォーマンスであった事、香川がバランスを気にしながらプレイしていた事、それに支えられていたところも大きかったが、攻守、特に攻撃面では素晴らしいパフォーマンスだったと思う。得点の時の本田を追い越して行く動き、針の穴を通すような精度のパス、プレイスタイルは違うが、フル代表に入ってすぐにチームの中心となるような活躍を見せた中田英寿を彷彿とさせた。武藤と同じように、柴崎もまた、おそらく余程の事が無い限りはアジアカップのメンバーに選ばれると思う。ただ、理想を言えば、もう少し中盤の底でビルドアップに参加して、遠藤のようにゲームをコントロールする役割も担ってもらいたい、という事は少し感じた。


細貝萌

バランスを取る事に優れているタイプの選手ではなく、とにかくボールのところへとアプローチする事に優れているタイプの選手なので、やはり3ボランチ気味のアンカーでプレイさせるのが最も良い選手だと思う。パス出しの部分についても、ハイプレスが効いて、あるいは、相手があまりアンカーのところにプレッシャーをかけてこないならば、細貝は質のあるパスを配給できる。強いプレッシャーを受けると良いパス出しができなくなるのは遠藤や長谷部でも同じ。理想的なアンカーとは、スペインのブスケツやシャビ・アロンソのような、パス出しも守備も優れているタイプの選手だけではなく、アルゼンチンのマスチェラーノやウルグアイのアレバロのような、鬼のような守備力を誇る選手もそうなので、細貝には後者のようなタイプの選手として期待している。



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2014/10/12 11:45】 | アギーレジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ジャマイカ戦選手評価 【 長友佑都。酒井高徳。森重真人。塩谷司。西川周作。小林悠。柿谷曜一朗。 】 | ホーム | ベトナム戦(Uー19) 【 劇的勝利も攻守のパフォーマンスに不安は拭えず。】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2949-621682ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |