ブラジル戦 【 最高の選考もしくは強化のための試合だった。特に国内組や代表経験の浅い選手たちにとっては。そして、11月の2試合の招集メンバーは誰にするべきだろうか? 】
試合 :キリンチャレンジカップ
開催日:2014年10月14日
結果 :ブラジル代表勝利
スコア:「0-4」
得点者:ネイマール×4

記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

FW 田中順也 岡崎慎司 小林悠
MF 森岡亮太 柴崎岳
MF 田口泰士
DF 太田宏介 森重真人 塩谷司 酒井高徳
GK 川島永嗣

ネイマールが4得点した試合として、記録と記憶に残る試合となった。ただ、日本はアジアカップへ向けてのメンバー選考を優先していたので、その部分で何か収穫があれば問題無い試合だったとは思う。スタメンは上記の通り。「4-5-1」という形で、縦をコンパクトにして、「4-5」の守備ブロックでボールを奪い、1トップの岡崎を起点として攻撃。サイドの田中と小林がゴール前へ、あるいは、サイドの田中や小林や太田や高徳が縦に突破してクロス、というカウンターを狙っていたと思うが、前半は、攻撃についてはともかく、守備はそれなりにできていたと思う。もちろん、もっとブラジルが本気で攻撃してきていたら、前半の日本の守備も紙のように破られていたと思うが、アジアにはブラジルのような攻撃力を持つチームは存在していないし、ネイマールのような個人技を持っている選手も存在していないから、あくまでも、アジアカップへ向けてのメンバー選考である、という観点から考えれば、前半の日本の守備はそれなりに良かったと思う。

FW 本田圭佑 岡崎慎司 小林悠
MF 田中順也 柴崎岳
MF 田口泰士
DF 太田宏介 森重真人 塩谷司 酒井高徳
GK 川島永嗣

FW 武藤嘉紀 岡崎慎司 本田圭佑
MF 田中順也 柴崎岳
MF 田口泰士
DF 太田宏介 森重真人 塩谷司 酒井高徳
GK 川島永嗣

日本は後半スタートから森岡に代えて本田を投入。しかし、後半3分という試合の立ち上がりに失点してしまい、更には、繋ぎ役タイプの森岡から仕掛けるタイプの田中に、中盤の中央の1枚が代わった事によって、前半よりも守から攻への繋ぎが悪くなってしまい、本田の投入も大きな効果を生み出せなかった。それは、小林に代えて武藤を入れ、本田を左サイドから右サイドへと変えても同じで、これはあくまでも個人的な見解ではあるが、田中はサイドや中盤で起用するべき選手ではなく、CFで起用するべき選手だと思っている。ただそれも、田中を使うのであれば、という事であり、アギーレは田中に多くのチャンスを与えたが、残念ながら不合格だったと言えると思う。そもそも、田中はスポルティング・リスボンで出場機会を得られておらず、ナニが加入してからは完全に戦力外となっているところがあるので、今は代表に招集すべき選手ではないと思う。

FW 武藤嘉紀 岡崎慎司 本田圭佑
MF 柴崎岳 田口泰士
MF 細貝萌
DF 太田宏介 森重真人 塩谷司 酒井高徳
GK 川島永嗣

柴崎のミスからカウンターを受けて後半3分に失点し、後半14分にも柴崎がボールを奪われてカウンターを受け(ネイマールがシュートは外してくれた)、とりあえず守備から立て直さなければならなくなった日本は、後半24分、田中に代えて細貝を投入。その細貝をアンカーに置いた布陣へと変更。2つの決定的なカウンターの逆起点となってしまった柴崎のプレイについては、こういう経験をする事が本当に重要で、そして、そういうプレイを二度と繰り返さないように個の能力を成長させる事が本当に重要で、柴崎にとっては貴重な経験になったのではないだろうか。それから、武藤に関しても、もっと経験を積んで、脱アジアレベルの選手たちの競り合いの強さやスピード感などを肌で感じ続ければ、とジャマイカ戦の選手評価のところで書いたが、少しでもボールコントロールが悪かったり判断スピードが遅かったりすれば、それで次のプレイができなくなってしまう、というのが脱アジアレベルの世界であるから、その経験や感覚を成長の糧にして欲しい。

FW 武藤嘉紀 柿谷曜一朗 本田圭佑
MF 田口泰士 細貝萌
MF 森重真人
DF 太田宏介 塩谷司 鈴木大輔 酒井高徳
GK 川島永嗣

後半32分、日本は3失点目。強烈なシュートではあったが、GK川島にはきちんと処理して欲しかった。そして、後半33分、日本は岡崎に代わって柿谷を投入。しかし、後半36分、日本は4失点目。という事で、後半39分、日本は柴崎に代えて鈴木を投入し、森重をアンカーとした布陣へと変更したが、太田からのクロスを受けた柿谷のヘディングシュートも決まらず(前半にあった小林のシュートは惜しかった)、試合はそのままスコア「0-4」でブラジルに敗戦、という結果で終わった。ちなみに、柿谷についてだが、今回は2試合続けてCFの位置で起用されたが、ボールをしっかり収めてシュート、あるいは、そのままダイレクトでシュート、というプレイをするべきだったシーンでパスをしたが、とにかくポジションがどこであれ、そういうところに今の柿谷のイマイチさを強く感じた。現在の柿谷はバーゼルでも控え組で、そういう意味でも、田中と同じように、今の柿谷は代表に招集すべき選手ではないと思う。今は乾の方が良いような気がする。

それから、この試合でも、最後には、森重をアンカー、細貝をその1つ前、という形をやったが、その意図は理解できるとしても、やはり、この試合のパフォーマンスを考えても、細貝は「4-1-2-3」の「2」のポジションでは活かされない。現時点であれば、そこのポジション(あるいはバランサーという役割)は、柴崎と長谷部で考えておいた方が良いと思う。さて、これでジャマイカ戦とブラジル戦が終了したが、生き残りそうなのは誰だろうか? 個人的には、柴崎と武藤と塩谷はアジアカップのメンバーには当確で、小林と太田に関しては、11月の2試合でも試される権利を得られたかもしれない、と思っている。CFは岡崎と大迫。左サイドは武藤と誰か。右サイドは本田と小林。「4-1-2-3」の「2」のところは、香川、長谷部、乾、柴崎。アンカーは内田と細貝。左SBは長友と太田。右SBは宏樹と高徳。CBは、森重、吉田、塩谷、そして、水本か鈴木。GKは西川と川島。11月の2試合ではこんな感じのメンバーが良いと今は思う。ちなみに、内田については、個人的には、アンカーでの起用を今でも推したいと思っている。



このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2014/10/15 11:52】 | アギーレジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<ブラジル戦選手評価 【 岡崎慎司。田中順也。小林悠。森岡亮太。柴崎岳。田口泰士。 】 | ホーム | 韓国戦(Uー19) 【 守備意識の向上と南野の個の力で韓国に競り勝つ。】>>
コメント
No title
今晩はbachです。

ブラジルの早くて正確な楽しいパス回しが見られました。ブラジルが一軍メンバ-でやってくれたことに敬意を払いたいと思います。その点日本は育成の過程ですので結果は当然ですよね。ジャマイカ戦ではアギ-レからワ-ルドクラスと誉められた柴崎もさんざんでした。もう少し育成期間はありますがそろそろ日本の一軍の見通しを立てた方がよいのかも。ブラジルのように才能溢れるプレ-は難しいのでそれぞれのポジションで効いたプレ-ができ労を惜しまない選手を代表に選んでもらいたいと思います。
【2014/10/15 23:08】 URL | bach #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2952-404661e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |