北朝鮮戦(Uー19) 【 まずは強い個を作り上げなければ日本のサッカーは後退への道を歩んでしまう。】
試合 :AFC Uー19選手権 決勝T 準々決勝
開催日:2014年10月17日
結果 :北朝鮮代表勝利
スコア:「1-1(4PK5)」
得点者:キム・クチョル 南野拓実(PK)

記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

FW オナイウ阿道
MF 金子翔太 南野拓実 関根貴大
MF 井手口陽介 川辺駿
DF 宮原和也 中谷進之介 内山裕貴 石田崚真
GK 中村航輔

FW 北川航也
MF 金子翔太 南野拓実 坂井大将
MF 井手口陽介 望月嶺臣
DF 宮原和也 中谷進之介 内山裕貴 石田崚真
GK 中村航輔


韓国戦に引き続き、この北朝鮮戦も、最初の2試合と比べれば確実に良くなった。そして、この北朝鮮戦は、とても惜しい試合だったと思う。しかし、ではなぜ勝てなかったのかと言えば、北朝鮮が強かったからではなく、ほぼ日本の自滅に近いと言える。攻撃は、とにかく決定力が無い。前半、北朝鮮に先制されるまでの時間帯に、日本には4回の決定的なチャンスがあった。北朝鮮は、完全に守備的な戦い方で、堅守カウンターどころか、堅守セットプレイみたいな戦術で、という事は、日本が先制点を奪えていれば、かなりその後の試合展開を楽にできたと思うのだが、そのチャンスを4回も逃してしまい、つまり、決定力の無さ、という自滅だったと言えるように思う。

そして、守備では、2回もしくは3回、GK中村のファインセーブが続き、しかし、結局、失点の引き金を引いてしまったのはクリアミスで、やはり自滅だったと言える。もちろん、北朝鮮の選手は体格的に日本の選手を上回ってはいたが、しかし、気持ちでも負けていなかったと思うし、北朝鮮の方が上だったのは体格ぐらいで、そういう質のチームを一蹴できるぐらいではないと、上を目指すはかなり難しくなってしまう。そして、決定力とか、クリアミスをしないとか、不必要なファールはしないとか、パス回しの速度とか、セカンドボールを奪う力とか、ドリブルでの突破力とか、クロスの精度とか、攻守の1対1での強さとか、それは全て個の力である、という事。

吉武博文監督が作った96ジャパンなどは、よくここまで日本の選手にバルサのサッカーを落とし込んで、組織的に高度で完成度の高いチームを作り上げたと驚いたし感心もした。しかし、それでも、世界との差は埋まらなかった。むしろ、日本のアンダー世代は、アジアでも勝てなくなってしまっている。なぜならば、個が弱いから組織で、という考え方が間違っているからで、個が強くてもそれだけでは勝てないから組織(システムや戦術やスタイル)も、という考え方が正しいから。つまりは、弱い個を前提とする、特に育成年代で弱い個を前提とする、というのはあまりにもナンセンスで、まずは強い個を作り上げなければ、日本のサッカーは後退への道を歩んでしまう。

もちろん、ユース年代で世界大会へ出場できなくも、それが死活問題になるとは言えない。その後に挽回する事は当然可能。しかし、若い選手をどう育てるべきであるのか、という事については、重要な指針の1つになると言える。なぜ中国に負けたのか、なぜベトナムに苦戦したのか、なぜ韓国には勝てたのか、なぜ北朝鮮にはPK戦の末に負けてしまったのか。そういう事については、指導者がきちんと正しく分析して、若い選手の育成を間違わないようにしなければならない。おそらくその答えは、個々の選手の1つ1つのプレイにある。些細な事が重要で、些細な事が積み重なると、それが結果となって顕著になる。4大会連続の準々決勝敗退は不運でも偶然でも無い。




このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2014/10/18 11:45】 | ユース代表 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大迫勇也が絶妙なクロスでアシスト。香川真司も良いパフォーマンスを維持。 【 ケルン vs ドルトムント 】 | ホーム | ブラジル戦選手評価 【 太田宏介。酒井高徳。森重真人。塩谷司。川島永嗣。本田圭佑。武藤嘉紀。細貝萌。柿谷曜一朗。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2955-6d7c44bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |