スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
守備強化のオプションとして「5-4-1」というシステムが良いと思うし必要であると思う。
個人的に、システムのオプションとしてやって欲しいと思っているのは、下記のような「5-4-1」。要するに、守備を強化、あるいは、日本が苦手とする相手の攻撃に対する守備を強化、そのためのシステム的なオプションが欲しい、という事。ザックジャパンの時にも、「3-4-3」というオプションに取り組み、但しその時は、ザックは、攻撃力を上げるためのオプションである、と言っていたが、後ろが「3-4」で守備ブロックを作り、実際には「3-4-0-3」のようになっていたので、守備力が上がって攻撃力は下がった、という、攻撃力を上げたいのか守備力を上げたいのか、どっちなのか、という感じになってしまい、それが試合途中で「4-2-3-1」から「3-4-3」へ変えた時にも、メッセージは攻撃強化なのか守備強化なのか、という迷いを選手に生んでしまって、結局、機能させられなかった。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW           岡崎慎司
MF   香川真司            本田圭佑
MF        今野泰幸  長谷部誠
DF 酒井高徳 森重真人 吉田麻也 塩谷司  内田篤人
GK           川島永嗣


ちなみに、なぜザックの「3-4-3」は守備的になってしまったのかと言えば、後ろの「3-4」で守備ブロックを作れば、当然そこが守備の設定位置になるから、高い位置での守備、つまり、ハイプレスというのは機能させ難くなる。ザックは、その後ろの「3-4」の守備ブロックを高い位置へと押し上げて、高い位置で保たせて、ハイプレスを機能させようとしていたが、それと同時に3トップにはあまり守備に参加しないようにとオーダーしていたので、2列目がいないような「3-4-0-3」となってしまい、つまりそうなると、「0」のところではプレスが効かないから、後ろの「3-4」は全体的に下がらなければならず、守備ブロックは「5-2」という5バックの形となって、実際には守備的になっていた、という事だった。

しかし、観点を逆転させれば、ザックの「3-4-3」あるいは「5-2-0-3」は、守備的になる、という意図であったならば成功していたと言えるし、それを「5-4-1」でリトリートする、という形や意図に変えて意識統一させれば、おそらく守備のオプションとして機能したのではないか、と考える事もできる。そして、なぜ「5-4-1」という形を守備のオプションにして欲しいのかと言えば、日本が苦手とする相手の攻撃に対する守備を強化、という事が大きな理由で、カウンターに弱い、放り込み(キック&ラッシュ)攻撃に弱い、クロスに弱い、という部分を強化させるため。これは、対欧州や南米の強豪国、という事だけではなく、対アジアの国、という事を考えた場合でも、オーストラリアと韓国も然り、多くのアジアの国の戦い方は、堅守カウンター、放り込み(キック&ラッシュ)攻撃、であり、特に日本に対しては、そういう戦い方を徹底してくるから、やはりそれに対する守備の強化は必要であると思っている。

ザックジャパンのアジアカップでは、そういう守備の弱点が顕著で失点が多く、しかし、それを攻撃力で押し切って勝ち進んだが、準決勝の韓国戦はスコア「2-2」でPK戦を制した勝利であったし、決勝のオーストラリア戦は、最初はオーストラリアが優勢だったが、CBを今野と吉田から吉田と岩政に代え、つまり、相手の放り込み(キック&ラッシュ)攻撃をCBのところで弾き返せるようにした事で日本が優勢になり、それが優勝への大きな一手となった。結局、全体的に押し上げて、ハイプレスで相手の放り込み(キック&ラッシュ)攻撃を防ごう、という方法は、相手が完全に繋ぐ攻撃を捨てたり中盤を捨てたりして、徹底的に放り込んできた場合には無効化されてしまうし、そうやってハイプレスが効かなくなれば、DFラインを高く保つ、という事はできなくなってしまう。嫌でもDFラインを下げなければならなくなる。

また、ポゼッションして、という事についても、酷暑対策という事もあって、オシムジャパンの時には徹底したポゼッション型の守備でアジアカップを戦ったが、カウンターでやられて結果は4位に終わった。やはり、今の日本のハイプレス&ポゼッションの力であると、アジアレベルが相手であればそれで完全に押し切れる、とまでは言えないし、もちろん、脱アジアレベルが相手ならば尚更そうであるから、リードしてからの戦い方が課題、省エネの戦い方もできなければならない、という事も含めて、どうしても、日本にはリトリート型の守備というオプションが必要である、と思っている。そして、中澤と闘莉王がCBだった時代は、その2人だけで放り込み攻撃に対応できていたので、2枚のCBである4バックのままでも良かったが、現在の日本代表のCBには、その2人のような相手の放り込み攻撃を弾き返す力が無いので、CBを1枚増やし、3バックにした方が良いのではないだろうか、という事も思っている。

という事で、前述してきた事が、個人的には、守備のオプションとして、やはり「5-4-1」が必要であり、その形が良いのではないか、と考えている理由になるが、他にも、サンフレッチェ広島と浦和レッズが同じようなシステムを使っているから、という事も理由の1つ。つまり、サンフレッチェ広島と浦和レッズの選手を起用すれば、「5-4-1」はオプションにしやすいのではないか、という事。ちなみに、個人的には、「5-4-1」の派生系として、「5-3-1-1」、という形もできるようになれば、とても理想的だと思っていて、なぜかと言えば、「5-3-1-1」は「3-3-3-1」へと簡単に変化できるからで、守備的にして逃げ切ろうとしたが失点してしまった、という事は当然起こり得るので、その時に簡単に攻撃的に変化させやすくなるし、ハイプレス&ポゼッション型へも変化させやすくなるから。さて、アギーレはどのようなシステム的なオプションを用意するだろうか? 個人的にはそこにも強く注目している。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2014/11/18 11:45】 | アギーレジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<オーストラリア戦 【 アジアカップを戦いながら、守備力をレベルアップさせる、あるいは、守備のオプションを見つけ出して完成させる、という事が求められてくる。 】 | ホーム | ホンジュラス戦選手評価 【 酒井高徳。内田篤人。森重真人。吉田麻也。川島永嗣。西川周作。豊田陽平。乾貴士。柴崎岳。田口泰士。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2986-7908f1f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。