オーストラリア戦 【 アジアカップを戦いながら、守備力をレベルアップさせる、あるいは、守備のオプションを見つけ出して完成させる、という事が求められてくる。 】
試合 :キリンチャレンジカップ
開催日:2014年11月18日
結果 :日本代表勝利
スコア:「2-1」
得点者:今野泰幸 岡崎慎司 ケーヒル

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW 武藤嘉紀 岡崎慎司 本田圭佑
MF 香川真司 遠藤保仁
MF 長谷部誠
DF 太田宏介 森重真人 吉田麻也 酒井高徳
GK 川島永嗣

FW 岡崎慎司
MF 武藤嘉紀 香川真司 本田圭佑
MF 遠藤保仁 長谷部誠
DF 太田宏介 森重真人 吉田麻也 酒井高徳
GK 川島永嗣

システムの組み合わせ、バイタルエリアでの攻防、守備を修正する事で攻撃を機能させる、という事の重要性が、とてもよくわかる試合だったと思う。オーストラリアは「4-1-2-3」というよりも「4-3-2-1」だったので、長谷部のところで1対2という数的不利になってしまう、という事が問題だった。従って、前半35分あたりで、アギーレは遠藤と長谷部をダブルボランチにする「4-2-3-1」へとシステムを変更し、つまり、長谷部のところで1対2という数的不利になってしまう、という問題をそれで解決し、そこからは日本が優勢となった。

FW 岡崎慎司
MF 乾貴士 香川真司 本田圭佑
MF 今野泰幸 長谷部誠
DF 太田宏介 森重真人 吉田麻也 酒井高徳
GK 川島永嗣

そして、後半、アギーレは遠藤に代えて今野を投入。これで、ダブルボランチが守備力(ボール奪取力)のある今野と長谷部になった事で、更に日本の守備力が高くなり、特に中盤での守備力が高くなったので、それで攻撃力も上がり、後半は日本が圧倒的な優勢となった。そして、後半16分にCKから今野が先制点を奪うと、後半23分にもCKの流れから岡崎が2点目を奪う。2点目は森重のアシストだったが、森重の華麗なテクニックよるアシストは2回目。ザックジャパンの時にもあった事をまだ鮮明に覚えている。そして、岡崎のヒールキックによるシュートは、最近の岡崎のテクニックの向上を象徴していたように思う。ちなみに、今野についても、過去にも書いた事があるように、今野はCKからよく得点を取る、という印象があったので、それが出て嬉しかった。それから、乾が後半12分から入った事も、攻撃の活性化につながっていたと思う。

FW 豊田陽平
MF 乾貴士 香川真司 本田圭佑
MF 今野泰幸 長谷部誠
DF 太田宏介 森重真人 吉田麻也 酒井高徳
GK 川島永嗣

という事で、後半32分には岡崎に代えて豊田を入れ、日本は優勢と2点のリードを保ったまま勝つだけ、という事になったのだが、試合終了間際の後半47分、途中出場のケーヒルに決められて、日本は無失点で試合を終わらせる事ができなかった。この失点の原因は、体力的にきつくなっていた、もう試合終了間際なのでちょっとサボってしまった、という事だと思うが、本田がクロスを上げた選手に寄せなかった事が1つだったと思う。但し、日本はクロスに対する守備が弱い、という事を書き続けているが、ゴール前で守っている選手(特にCB)が、例えそれがケーヒルだったとしても、あのように簡単にマークを外されてしまっては話にならない。

そして、こういう失点を考えると、CBタイプの選手を3枚にする5バック(特に「5-4-1」)という守備のオプションというのが、やはり必要なのではないかと思う。結局、このシーンは、吉田がゴール前から誘き出されていて、ゴール前は、森重がケーヒル、太田がレッキー、という2対2の数的同数になっていたのだが、5バックであれば、おそらくそこに日本のDFがもう1枚存在して、3対2という数的優位の状態を作れていたと思うし、そうであれば、このシーンの一時的にであるとしても、3CBの1枚はケーヒルをマンマークする、という対応ができていたのではないだろうか。もちろん、それでも競り負けてしまえば失点は防げないが、可能性としては、当然そうであった方が失点の確率は減らせたと思う。

さて、これでアジアカップ前のテストマッチは6試合を全て終了した。攻撃に関しては、岡崎や本田などは以前よりも能力をレベルアップさせているし、ブラジルW杯組が戻ってきて確実に威力を上げているので、特に大きな問題は無いと思う。しかし、やはり、守備に関しては、ブラジルW杯組が戻ってきても、ザックジャパンから引き続いて不安定である、という事に残念ながら変化は無く、アジアカップを戦いながら守備力をレベルアップさせる、あるいは、アジアカップを戦いながら守備のオプションを見つけ出して完成させる、という事を、アギーレはやらなければならなくなった、と言えるのではないだろうか。しかし、全体的には、良い流れでチームを仕上げられていると思うので、アジアカップでの成績には期待したい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2014/11/19 11:45】 | アギーレジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<オーストラリア戦選手評価 【 岡崎慎司。武藤嘉紀。本田圭佑。香川真司。遠藤保仁。長谷部誠。 】 | ホーム | 守備強化のオプションとして「5-4-1」というシステムが良いと思うし必要であると思う。>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/11/19 12:19】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2987-464c3a98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |