ビルドアップと「4-1-2-3」と「4-2-3-1」についての考察。
4バックで、相手がハイプレスだった場合には、ビルドアップの時に最終ラインのところで数的同数になりやすいので、ボランチの1枚が下がり、最終ラインのところを数的優位の状態にして、相手のハイプレスをかわしやすくする。そして、相手がハイプレスである、という事は、相手の最終ラインの裏、もしくは、相手の中盤、そこには必ずスペースが生まれているので、そこにパスを入れ込んだり、そこにドリブルで侵入したりして、攻める、相手の守備を崩す、という事になる。但し、相手がハイプレスではなかった場合には、あるいは、途中でハイプレスをやめた場合には、この方法をやると、この方法をやり続けると、相手のカウンター攻撃に、相手の堅守カウンター戦術に、とてもハマりやすくなってしまう。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
なぜかと言えば、中盤中央の枚数が少なくなっている(SBが中盤に加わっていても、それはサイドである)ので、そこでボールを奪われた時に(スペースを埋められて数的不利の状態になっているので、奪われやすい、という事もある)、相手の攻撃を遅らせたり止めたりする事が難しくなるから、という事が1つ。そして、2つには、3バックの状態になっているから、CBの選手がサイドへと釣り出されやすく、しかも、その時に残る中央の2枚の内の1枚はボランチの選手であるから、その選手の守備力が低いと・・・、という事もある。従って、相手がハイプレスではなかった場合には、ボランチの選手を最終ラインに下げてビルドアップをする、という方法はやらない方が良いし、そもそもとして、やる必要が無い。

  ⑩   ⑨   ⑪
    ⑦   ⑧
      ⑥
 ②  ③   ④  ⑤
      ①

      ⑨
  ⑧   ⑩   ⑪
    ⑥   ⑦
 ②  ③   ④  ⑤
      ①

次に、「4-1-2-3」と「4-2-3-1」についてだが、単純にその違いを言うと、「4-1-2-3」はハイプレス型で、「4-2-3-1」は堅守カウンター型である、と言う事ができる。「4-1-2-3」の守備方法は、前の「3」で相手の最終ラインに高い位置からプレッシャーを仕掛け、そして「4-1-2」のところでボールを奪う、もしくは、前の「2-3」で相手の最終ラインとボランチに高い位置からプレッシャーを仕掛け、そして後ろの「4-1」のところでボールを奪う。「4-2-3-1」の守備方法は、基本、相手の最終ラインやボランチにプレッシャーを仕掛ける選手は2枚で、ボールはDF4+MF4(FWと2列目の1枚がファーストディフェンス)で作った守備ブロックのところで奪う。

但し、重要な事の1つは、「4-1-2-3」というハイプレス型のシステムをしたからと言って、必ずハイプレスが効くわけではない、という事。相手が、前述したようなビルドアップの方法をやってきたり、そもそもとしてビルドアップの能力が高かったり、ロングフィードからの攻撃を得意としていれば、ハイプレスは効かなくなってしまう。従ってその場合には、「4-2-3-1」というシステムにして、ブロックを作る守り方をした方が効果的になるし、更には、ロングフィードからの攻撃を得意としている、という事で相手がハイプレスを無効化してきている場合には、ブロックを作る守り方でロングフィードによる攻撃をやめさせてしまえば、むしろ、「4-2-3-1」の方がハイプレスを効かせやすくなる。

つまり、「4-1-2-3」と「4-2-3-1」は、どちらも使えた方が良いのだが、しかし、いちいち選手交代でシステムを変えるのは、即効性や柔軟性に欠けるし、交代枠を1つ使ってしまうので、もったいない。それから、ハイプレスが効くならば、やはりハイプレスで戦った方が良い。従って、基本は「4-2-3-1」ではなく「4-1-2-3」にしておき、「2」のところの1枚にはボランチもできるタイプの選手を起用しておいて、ハイプレスが効かないと判断したら、交代無しで「4-1-2-3」から「4-2-3-1」へとシステムを変える、という方法で、どちらのシステムも使えるようにしておいた方が良い。

そして、もう1つには、「4-1-2-3」というシステムは、「4-3-2(ワイド)-1」というシステムにも変化させやすい、というメリットもある。もちろん、「4-2-3-1」で守れるようであれば、「4-3-2(ワイド)-1」よりも「4-2-3-1」であった方が攻撃力も保てるので、「4-3-2(ワイド)-1」よりも「4-2-3-1」の方を選択した方が良いが、「4-2-3-1」では守れない場合であったり、そもそもとして引き分け狙いで良い試合であったり、残り時間が少なくなって逃げ切りたい場合であったり、時間帯によって守備的になったり攻撃的になったりを大きく切り替えたい場合には、「4-3-2(ワイド)-1」を使った方が良いので、そのためにも、基本は「4-1-2-3」にしておいた方が、戦い方に幅を多く持たせる事ができるようになると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2014/11/27 11:45】 | システム・戦術論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<香川真司は後半16分から出場も仕事はできず。香川のプレイは対策されてしまっていると思う。香川が改善すべき3つの事。 【 アーセナル vs ドルトムント 】 | ホーム | 乾貴士が1ゴール。代表戦での得点をきっかけに得点感覚が上がっているのかもしれない。長谷部はアンカーとして50点ぐらいのパフォーマンス。 【 フランクフルト vs ボルシア・メンヘングラードバッハ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/2995-af3d6fb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |