今年の日本サッカー界を表す漢字一文字。2014年も御愛読ありがとうございました。
何年も応援してくださっている皆様、それから、2014年から新たに応援してくださっている皆様、今年も、本当にありがとうございました。多くの皆様に支えられ、2014年もこのブログを継続させられました事に、心からの感謝を申し上げたいと思います。読者の皆様に、楽しんでいただく、喜んでいただく、賛同していただく、という事だけではなく、日本のサッカーを取り巻くあらゆる環境の発展と改善に寄与したい、更には、サッカーというエッセンスから正しい社会の在り方を考えたい、そういう意図を持って続けているブログではありますが、微々たるものであっても、もし貢献できていたら幸いであります。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
早速ですが、今年の日本サッカー界を表す漢字一文字は、「疑」、にしたいと思います。日本のサッカーが進む道として、ポゼッション至上主義は正しいのか? そもそもとして、日本「らしい」サッカーが、ポゼッション、ショートパス、というスタイルなのか? という「疑」念。それから、日本のサッカーを取り巻く環境として、メディア、評論家、サポーター、という存在が、きちんとレベルアップしてきただろうか? きちんと正しい方向へ進もうとしているだろうか? という「疑」念。更には、今の日本サッカー協会の考え方に対する「疑」念、アギーレの八百長「疑」惑、という事も、「疑」にした理由として含まれる。

但し、「疑」という文字の印象から、もしかしたらネガティブなイメージを大きく受けるかもしれないが、しかし、日本のサッカーが進むべき道に対して、常にきちんと「疑」問を感じながら、思考停止に陥らず、正しいのか否かを考えるようになった、という意味ではポジティブだと思うし、メディア、評論家、サポーター、という存在に対して、また、日本サッカー協会の考え方に対して、常に「疑」問を提示し続ける、という事は、良い方向性であると思う。そして、現段階では、アギーレの八百長問題は、あくまでも「疑」惑であって、まだ、白黒明確になったわけでも、日本代表の活動に明確な支障が出ているわけでも無い。

現在の日本のサッカー界というのは、欧州でプレイする日本人選手が増え続けている、というプラスがある一方で、代表は、ブラジルW杯で惨敗し、アンダーカテゴリーはアジアで苦しみ、そして、様々な要素でJリーグは2009年頃から下降を続けており、どちらかと言えばマイナスベクトルの方が強い。従って、日本のサッカー文化におけるその位置付けをきちんと考えて、代表というコンテンツがどうあるべきかを判断しなければならないと思うし、結果をきちんと受け止めて、若年代の育成を修正しなければならないと思うし、またJリーグについても、現状維持ではなく、試行錯誤を受け入れた方が良いような気がしている。

個人的には、わかる人にだけわかってもらえれば良い、一部の人たちだけが盛り上がったり夢中になったりしていれば良い、という考え方は好きではない。もちろん、そういう人たちの存在というのは重要であり、ライトな人たちにも、それほど遠くない、いつかにはヘビーな人たちになって欲しいと思っているから、量さえ増えれば何でも良い、本質を見失ってしまっても盛り上がっていれば良い、とは全く思っていないし、むしろ、それには大いに反対したい。しかし、排他的である事は衰退を招いてしまうから、内弁慶や内々の理論だけでやっていたら孤立してしまうから、もっと環境や条件をオープンな状態に戻してもらいたい。

という事で、2015年からは全てが良い方向へと進む事を強く願い、これで2014年の最後のエントリーとしたいと思います。繰り返しになりますが、何年も応援してくださっている皆様、それから、2014年から新たに応援してくださっている皆様、今年も、本当にありがとうございました。多くの皆様に支えられ、2014年もこのブログを継続させられました事に、心からの感謝を申し上げたいと思います。そして、2015年も宜しくお願い致します。サッカーを楽しみ、サッカーから学び、本質を見失わずに質を追い求め、独自性を大切にし、真剣に熱く、しかし、多様性を維持しながら、来年も頑張りたいと思います。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2014/12/31 11:45】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<アジアカップに挑むアギーレジャパンについて。森重のアンカー起用。3バックあるいは5バックの使用。2トップ・システムの使用。香川のボランチ起用。 | ホーム | 長友佑都と本田圭佑。インテルとミランの2人の2014-15シーズン前半期を総括。>>
コメント
サッカーは難しくなかなかサッカーを見る゙目゙を養う事が出来ないのですが、こちらの冷静で公平ながら選手それぞれに愛を感じる戦評を読みながら勉強させて頂いております。感情的で公平さに欠き的外れな酷い論評が巷に溢れるなか大変貴重なお仕事をされていますね。今年はテレビ観戦を抜け出し、Jリーグ、プレミアリーグ、セリエAを見に行きました。数年前までスポーツ観戦に興味がなかった自分がここまでサッカーに熱を上げるとは想像もしていませんでした、笑。今年も真摯で素晴らしいこちらのブログに助けられ楽しませて頂いた一年でした。ありがとうございました。来年も期待しております!
【2014/12/31 13:48】 URL | nana #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3029-dc0e920e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |