パレスチナ戦 【 攻撃に課題有り。バイタルエリアを上手く使った攻撃。クロスの精度と狙い。結果は快勝だが内容的には50点から60点ぐらい。 】
試合 :アジアカップ グループD 第1戦
開催日:2015年1月12日
結果 :日本代表勝利
スコア:「4-0」
得点者:遠藤保仁 岡崎慎司 本田圭佑(PK) 吉田麻也

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW 乾貴士 岡崎慎司 本田圭佑
MF 香川真司 遠藤保仁
MF 長谷部誠
DF 長友佑都 森重真人 吉田麻也 酒井高徳
GK 川島永嗣

FW 清武弘嗣 岡崎慎司 本田圭佑
MF 香川真司 遠藤保仁
MF 長谷部誠
DF 長友佑都 森重真人 吉田麻也 酒井高徳
GK 川島永嗣

FW 武藤嘉紀 豊田陽平 本田圭佑
MF 清武弘嗣 香川真司
MF 長谷部誠
DF 長友佑都 森重真人 吉田麻也 酒井高徳
GK 川島永嗣


日本の2CB(吉田と森重)とアンカー(長谷部)のところへは、2トップの選手しか対応してこなかったので、そこでは3対2で日本が数的優位となるから、低い位置からのビルドアップは容易だった。そしてそれが、前半25分、森重から長友への縦のロングフィードが起点となった、2点目となる香川のシュートからの岡崎の得点を生み出した。ちなみに、前半8分の遠藤のミドルシュートによる先制点は、パレスチナのダブルボランチが2人共に乾に対応してしまい、バイタルエリアに大きなスペース+遠藤がフリー+シュートが相手DFに当ってコースが少し変化した、という事によって生まれた。そして、3点目と4点目は、PKとクロスからではあったが、香川がPA内の左で仕事をする、という同じパターンだった。

という事で、4得点を奪った日本の攻撃ではあるが、いくつかの課題は感じられた。1つには、バイタルエリアを上手く使った攻撃ができていなかった、という事。ウイングがサイドにポジショニングし、あるいは、SBが高い位置にポジショニングした時には、相手の守備ブロックが横に広がるので、中央、バイタルエリア、そこでは相手のダブルボランチ対香川と遠藤(清武)で2対2の状態になるのだが、そこにもう1枚が加わって、バイタルエリアで3対2という数的優位を作る、という事をやって欲しかった。では、そこに加わるもう1枚はどの選手が良かったのかと言うと、それは、アンカーである長谷部、1トップである岡崎か豊田、ウイングである乾か本田か清武か武藤、という選手たちが候補という事になってくる。

但し、アンカーである長谷部がそこに加わってしまうと、相手の悪さに救われていたが、後半の途中からそうであったように、カウンターの餌食になりやすくなってしまう。従って、そこに加わる選手は、1トップである岡崎か豊田、ウイングである乾か本田か清武か武藤、どちらかのポジションの選手が良いのだが、それがウイングである乾か本田か清武か武藤である場合に注意して欲しいのは、先制点後からは、本田が多く中央寄りでプレイするようになっていたが、その時に遠藤が右サイドへ出て行くようなプレイをしてしまうと、本田がバイタルエリアでプレイしても、そこで数的優位を作る事ができなくなってしまう、という事で、つまり、ウイングがそこに加わる場合には、2列目の選手はサイドへ出ないように、という事。

ただ、どうしても、それだとSBが孤立してしまうので、2列目の選手はサイドへと行きたくなってしまうと思うから、それを考えると、バイタルエリアに加わるもう1枚は、1トップである岡崎か豊田であるのが最も良い。左右のウイングがサイド(相手の守備ブロックの外)にポジショニングして相手の守備ブロックを横に広げ、1トップの選手が中盤に下がってプレイする事でバイタルエリアに3対2の数的優位を作り出す。そうやってバイタルエリアで起点を作る事ができれば、そのまま中央突破を狙っても良いし、サイドの選手のダイアゴナル・ランにパスを出しても良いし、とにかく攻撃が機能する。もし相手のCBの1枚が岡崎に付いて来たとしても、そうなれば今度は相手の最終ラインの中央にスペースが生まれてくる。

確かに、この試合で日本は4得点取ったが、まだもう少し得点が取れたのではないか、どこか攻撃に物足りなさが残った、というのは、バイタルエリアを上手く使った攻撃ができていなかったから、という事が1つであったと思う。またそれは、ブラジルW杯のギリシャ戦と同じように、退場者が出てリトリートするようになったパレスチナから得点を奪えなかった、11人対10人という数的優位の状況を活かして得点を奪えなかった、その原因の1つでもあると思う。そして、2つには、クロスによる攻撃、という事が課題だったと感じた。まずは、単純に、クロスの精度、という部分で、ショートしてしまったり大きくなってしまったり、4点目となった香川の吉田へのクロス以外は、ほとんどピンポイントで合う事が無かった。

但し、精度、という事もそうなのだが、それよりも、クロスをどこに入れるのか、という部分が悪かったように思っていて、マイナスに入れれば、つまり、PA内の相手DFとMFの間のスペース、あるいは、PA少し外のバイタルエリア、そこにクロスを入れればシュートチャンスになったのではないか、というシーンが数多くあって、長友のクロスが相手に当ってそのスペースにこぼれて清武がシュート、という決定的なシーンがあったが、真横や相手GKの近くにクロスを入れる事が多かった事が気になった。クロスの基本はスペースに入れてスペースでピンポイントに合わせる事。そのためには受け手側の動きや動き直しも重要であるが、クロスの出し手側もきちんとそこを狙わないと、やはりクロスからの攻撃は機能しない。

また、そうやってクロスの精度や狙いが良くないと、豊田のようなタイプのCFを入れても活かす事ができない。空中戦に強いタイプのCFを活かせない、というのは、ザックジャパンになってからの日本代表の顕著な課題だと言える。ちなみに、守備に関しては、カウンター、セットプレイ、クロス、やはりそこには不安が感じられた。という事で、スコア「4-0」という、結果的には快勝と言えるような試合ではあったが、攻撃には課題が見られていたし、守備にも不安が垣間見られていたし、それから、乾、清武、武藤、という選手たちのパフォーマンスがイマイチであった事、3得点に絡んだが、まだ香川のプレイにはボールコントロールのミスが多かった事、なども含めて、内容的には50点から60点ぐらいだったと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/01/13 11:45】 | アギーレジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<パレスチナ戦選手評価 【 岡崎慎司。乾貴士。本田圭佑。香川真司。遠藤保仁。 】 | ホーム | アジアカップに挑むアギーレジャパンについて。システムとスタイルと柔軟性と多様性。全ての選手の力が優勝には必要。香川に注目する理由。世界のベスト8やベスト4を目指すための目標。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3035-b657c15f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |