イラク戦 【 攻撃に3つの課題が見えた。守備はセットプレイでの守備が危うかった。もっと強い相手からの勝利を目指している日本代表にとっては満足できない試合。 】
試合 :アジアカップ グループD 第2戦
開催日:2015年1月16日
結果 :日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:本田圭佑(PK)

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW 乾貴士 岡崎慎司 本田圭佑
MF 遠藤保仁 香川真司
MF 長谷部誠
DF 長友佑都 森重真人 吉田麻也 酒井高徳
GK 川島永嗣

FW 清武弘嗣 岡崎慎司 本田圭佑
MF 今野泰幸 香川真司
MF 長谷部誠
DF 長友佑都 森重真人 吉田麻也 酒井高徳
GK 川島永嗣

FW 清武弘嗣 岡崎慎司 武藤嘉紀
MF 今野泰幸 香川真司
MF 長谷部誠
DF 長友佑都 森重真人 吉田麻也 酒井高徳
GK 川島永嗣


もう少しイラクは人に対してガチガチくると思ったけど、そういう感じではなかったし、「4-4」で作っている守備ブロックも、縦にも横にもコンパクト性が薄い、MFのラインもDFのラインも揃っていない、という感じだったし、特に前半は、1トップの選手のファーストディフェンスもトップ下の選手のファーストディフェンスも無いか緩くて、こういう守備力の対戦相手であれば、やはり2点から3点ぐらいは欲しかったかなと。香川の決定力。本田の決定力。岡崎や乾や清武の決定力まで含めて、以前のエントリーで「得点力、という事についての大きなポイントとなるのは、個による決定力である、と個人的には考えている。おそらく、得点チャンスがとても少ない、という試合が多くなる可能性は低いと思うので、個による決定力が高ければ、15得点から18得点(1試合平均2得点から3得点)、という目標は達成できると思う。」という事を書いたが、やはりそこが大きなポイントになってくると思う。

そして、個による決定力、という事ではない要素としては、パレスチナ戦のエントリーでも指摘した、バイタルエリアを上手く使った攻撃、クロスの精度と狙い、という事になってくると思う。どちらについても、パレスチナ戦よりは良くなっていた。ただ、バイタルエリアを上手く使った攻撃、という事に関しては、まだぎこちない、まだスムーズではない、という印象があったし、それがパレスチナ戦よりもできた理由として、前述したようなイラクの守備の悪さ、という事も大きかったと思うので、まだそれが脱アジアレベルに通用するまでにはなっていないと思う。この試合のイラク程度の守備力のチームが対戦相手であれば、バイタルエリアを上手く使った攻撃、という事で、もっともっと決定的なチャンスを作り出せるようにならなければならない。そうではないとW杯では通用しないと思う。そして、バイタルエリアを上手く使った攻撃、という事を高めるためのポイントとなるのは、中央の選手だけでそれをやる、サイドの選手が中央に加わらないでやる、という事であり、是非ともトライして欲しい。

次に、クロスの精度と狙い、という事に関しては、まだ少し物足りなさはあったが、長友と高徳のSBについては、パレスチナ戦よりも良くなっていたが、SBではなくサイドの高い位置の選手のクロス、という事に関して、やはりもっと、ワンタッチでのクロス、ダイレクトでのクロス、という事をやって欲しいと感じた。得点にはならなかったが、高徳からのクロスで岡崎がヘディングシュート、清武からのクロスで本田がシュート、どちらもワンタッチでのクロスだった。どうしても、1つ2つ多くボールを持ち過ぎると、クロスに対する相手の守備がその間に整ってしまうし、その間に味方の受け手側の選手の動きが止まってしまい、その状態になってからクロスを入れてもチャンスになりそうな気がしない。もしワンタッチでのクロスができなかったとしても、できれば、長友のクロスから本田の決定的なチャンスになったシーンのように、ツータッチ、切り返し1つ、それぐらいではクロスを入れてもらいたい。

また、ワンタッチでのクロス、ダイレクトでのクロス、という事をやるためには、オフザボールの動きの質を良くする、キックの技術力を高める、キックの時にバランスを崩さないようにするために、小さなモーションでキックできるようになるために、筋力を上げる、体幹を強くする、という事が必要になってくるので、ワンタッチでのクロス、ダイレクトでのクロス、という事をやろうとする事によって、個の力を上げる事にも直結してくると思う。そして、更にそれが、個の決定力を上げる、という事にも繋がってくると思う。スコアが「1-0」であろうと、この試合の勝利が評価できるものであるのは間違い無い。しかし、もっと強い相手との試合での勝利を目指している日本代表にとっては、この試合のイラク程度の守備力のチームとの戦いで、PKによる1得点という結果は、まだまだ力不足である事を示してしまっていたと思う。個による決定力。バイタルエリアを上手く使った攻撃。クロスの精度と狙い。前述してきたこの3つの事について、アジアカップでのレベルアップに期待したい。

そして、守備については、以前のエントリーで「大きなポイントとなるのは、おそらく、カウンター、セットプレイ、中長距離からのシュート、個によるミス、という4つ。」という事を書いたが、この試合では、イラクが完全に狙ってきていた、という事もあって、特にセットプレイでの守備が危うかった。やはり、実力差が影響を与え難く、単調な攻撃でも危険であるセットプレイでの守備力をもっと高めないと、日本はアジアでも厳しくなってしまうと思う。この試合では、相手のキックが精度を欠いていたり、ゴール前での競り合いのところで相手のファールになったりして救われていたが、特にCBとGKにはもっと個の力を上げてもらいたい。セットプレイでの守備に関しては、全体的な背の高さや競り合いの強さが必要ではあるが、やはりCBの弾き返す力というのは最も重要な要素であるし、GKの個の力というのも重要な要素であるから、そこが上がらないとセットプレイでの守備力は上がらないと思う。

最後に、遠藤と今野の交代、という事については、アギーレもそう言っていたし、試合を見ていてもそうだったので、ダブルボランチにした、「4-2-3-1」にした、という事ではなく、単純に、疲労によって、遠藤の対人守備力が落ちていたから、遠藤のパスを受ける動きが少なくなっていたから、という事だったのだと思う。但し、後半に入ってからは、イラクの攻撃が1ボランチである長谷部の横のスペースを使うようになっていた、という事もあったので、明確なダブルボランチや「4-2-3-1」にした、という事ではなかったと思うが、結果的には、それに近い感じにはなっていたと思う。そもそもとして、長谷部、遠藤、香川、という3人であっても、香川はよりトップ下的にプレイし、遠藤はバランサーとしてボランチ的にプレイする、という事になっていると思うので、遠藤に代えて今野という交代は、それをより明確にする、その攻守のバランスをより顕著にする、という意図になると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/01/17 11:45】 | アギーレジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<イラク戦選手評価 【 岡崎慎司。乾貴士。本田圭佑。香川真司。遠藤保仁。 】 | ホーム | 日本代表の進化への道。中央で数的優位を作る戦い方。左右のサイドのバランスの崩れを最小限にしてサイドで数的優位を作る戦い方。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3039-2e420cf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |