UAE戦選手評価 【 長谷部誠。長友佑都。酒井高徳。森重真人。吉田麻也。川島永嗣。豊田陽平。武藤嘉紀。柴崎岳。 】
試合 :アジアカップ 準々決勝
開催日:2015年1月23日
結果 :UAE代表勝利
スコア:「1-1(4PK5)」
得点者:マブフート 柴崎岳

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW 乾貴士 岡崎慎司 本田圭佑
MF 香川真司 遠藤保仁
MF 長谷部誠
DF 長友佑都 森重真人 吉田麻也 酒井高徳
GK 川島永嗣

FW 武藤嘉紀 岡崎慎司 本田圭佑
MF 香川真司 柴崎岳
MF 長谷部誠
DF 長友佑都 森重真人 吉田麻也 酒井高徳
GK 川島永嗣

FW 武藤嘉紀 豊田陽平 本田圭佑
MF 香川真司 長友佑都
MF 長谷部誠
DF 酒井高徳 森重真人 吉田麻也 柴崎岳
GK 川島永嗣


長谷部誠

長谷部をピルロやシャビ・アロンソのような存在だと考えるのであれば、「4-1-2-3」の「2」のところには運動量が豊富で守備力のある選手を置く、という事をしないと、強い相手には守備がザルになってしまう可能性が高いと思う。フランクフルトでも、最初は違ったが最近は、「4-1-3-2」の「3」の中央のステンデラという選手が、ボランチ寄りでプレイしたり豊富な運動量で守備でも貢献するようになっているが、それでもやはりチームとしての守備力というのは厳しくて、やはり長谷部をアンカーで起用するのであれば、他に2枚は中盤に運動量が豊富で守備力のある選手が必要だと思う。グループステージでもそうだったが、今回のUAE戦だけでも、その事がハッキリと示されていたと思う。


長友佑都
酒井高徳

長友については、交代枠を使い切ってしまった後に負傷してしまったのは残念だったが、それまでのパフォーマンスは良かったと思うし、むしろ、ここに関しては、アギーレにもっと早い判断で修正して欲しかった。そして、高徳については、クロスの上げ方や精度が良くなっていたり、長友と同じように、全力で戻ってスピードで競り勝ってピンチを防いだシーンなどは見事だったが、前半4分のシーンのように、誰もカバーがいない状態では、やはりボールを奪われない事を最優先にしてプレイしなければならないし、カウンターを受けそうな時にシュートをショートさせてはならないし、何度も書いているように、そのあたりの判断力や技術力を上げないと、レベルの高いSBにはなれないと思う。頑張って欲しい。


森重真人
吉田麻也
川島永嗣

森重と吉田のCBは、グループステージでの3試合でも危うい対応というのがあって、それがUAE戦では失点に繋がってしまった。大きなピンチにはならず、3試合無失点だった事によって、そういう部分というのがスルーされてしまっていたが、やはり1つ1つのプレイにもっと注目し指摘しなければならないと思う。対日本では、CBのところに放り込めば可能性がある、という事が分析されていると思うので、もっと日本のCBの選手には個の力を上げてもらわないと困る。そして、GKの川島については、あのシュートはポジショニングや反応が良ければ止められていたと思うし、やはり、GKのレベルというのは、その国のサッカーレベルを如実に反映しているところがあるから、あれは止めて欲しかった。


豊田陽平

起点となれていなかった、という事もそうだが、やはり、2つの決定機で決められなかった、という事が全てだったと思う。起点となれていなかった、という部分については、豊田の技術力不足や豊田への信頼感の不足もあるが、ハーフナーや大迫や豊田のようなタイプのCFをチームとして活かせていない、活かそうとしていない、どうしてもショートパスによる攻撃に偏重してしまう、シンプルにFWを使うという攻撃ができていない、FWを主導的にした攻撃ができない、という事がザックジャパンの頃からも課題だったので、そこは豊田が悪いとは一概には言えないと思う。しかし、この試合の2つの決定機に関しては、どちらも良いクロスやパスであったし、あれを決めなければ豊田の価値は無いに近いと思う。


武藤嘉紀
柴崎岳

武藤に関しては、ヨルダン戦からパフォーマンスが上がり、この試合でも良い動きやプレイを発揮していたと思うが、やはり、2つの決定機で決められなかった、という事が全てだったと思う。他の選手たちもそうであるが、自分が決められなかった事によって勝利を逃した、という悔しい想いを強く持って、個のレベルアップを頑張って欲しい。柴崎については、もちろん得点は見事だったし、1つ大きなミスはあったが、攻守におけるプレイもヨルダン戦よりは良かったし、最終的には右SBでも無難にプレイして、不完全燃焼ではあると思うが、1つの自信は掴めたと思う。しかし、相手GKは完全に裏を突かれて、全く動けなかったので、あの直接FKは決めて欲しかった・・・。次の機会にはリベンジしてもらいたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/01/26 11:45】 | アギーレジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<日本代表の進化への道。ローテーションについての考え方。目標は条件付きの強さからの脱却。 | ホーム | UAE戦選手評価 【 岡崎慎司。乾貴士。本田圭佑。香川真司。遠藤保仁。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3049-97923d0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |