日本代表の進化への道。バイタルエリアを上手く使った攻撃の機能性や威力を上げる。「4-3」を2ラインとした守備を確立させる。
【 サイドの選手が加わらない状態での中央での起点力(バイタルエリアを上手く使った攻撃の機能性や威力)を上げる。 】

個の決定力、という事以外での攻撃の課題の1つがこれ。カウンター時、あるいは、相手の中盤の中央の形が逆三角形の時は、ウイングもしくはSHの選手が中央に入ってプレイする、という事が(も)然りであるが、相手を押し込んだ時にどうやってそこから崩すのか、相手がリトリートしてきた時にどうやってそれを崩すのか、という事において、いかにバイタルエリアを上手く使った攻撃の機能性や威力を上げるのか、という事がポイントになってくると思うのだが、その時に、サイドの選手が加わらない状態での起点力を上げる、中央の選手だけでの起点力を上げる、という事に、これからは取り組んでもらいたいと思う。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
なぜならば、それができれば、相手の両サイドの選手も中央に絞って守備をしなくてはならなくなるので、両サイドにいる味方のウイング(もしくはSH)とSBがフリーになりやすくなり、その選手たちがクロスを上げたりダイアゴナル・ランで得点を狙う、というプレイがより威力を持てるようになるし、また、もし相手の両サイドの選手が中央に絞って守備をしてこなければ、その場合には中央突破がやりやすくなるから。更には、サイドの選手が中央に加わる、という事は、あるいは、どちらかのサイドに人数を偏らせる、という事は、サイドや逆サイドが薄くなり、そこからカウンターを受けやすくなってしまうので、そうならないようにするため、つまり、左右中央ときちんと、カウンターを受けた時にも人数をバランス良く存在させておくため、という守備面での理由もあって、こちらの理由も大きいと言える。

そして、サイドの選手が加わらない状態での中央での起点力(バイタルエリアを上手く使った攻撃の機能性や威力)を上げる、という事を実現するためのポイントというのは、相手のボランチのエリアで数的優位や数的同数を作る、という事であり、そのためには、FW+中央のMF=3枚が相手のボランチのエリアに集まってプレイする、という事が必要になってくる。しかし、FW+中央のMF=3枚が早いタイミングでそのエリアに入り込んでしまうと、そこでボールを奪われた時にカウンターを受けやすくなってしまうので、攻撃はきちんと相手の守備ブロックの外(下、前)からスタートさせる、特にMFの2枚はきちんと相手の守備ブロックの外(下、前)から攻撃をスタートさせる、という事が重要になってくる。


【 「4-1-2-3」であれば「4-3」での守備(「4-3」を2ラインとした守備)を確立させる。 】

「4-1-2-3」というのは、基本的にはハイプレス&ポゼッション仕様のシステムではあるが、押し込まれてしまったり、相手がアンカーの横のスペースを狙ってきたり、堅守カウンターで戦いたい状況となった場合には、「4-3-2(ワイド)-1」もしくは「4-5(3ボランチ)-1」というシステムになると考えれば良く、という事は、後ろの「4-3」での守備を確立させておけば、ハイプレス&ポゼッション、堅守カウンター、どちらの戦い方にも対応できるようになる。そして、「4-3」での守備を確立させるためのポイントとなるのは、「4-3」を2ラインとした守備をやる、という事であると言える。

更に、「4-3」を2ラインとした守備をやるためのポイントというのは、「4-1-2-3」の「2」の選手が、常にボランチだという意識を持ってプレイする、「4-1-2-3」の「2」の選手の動き方や攻守の比率としては、「4-4-2」のSHと同じような感じでプレイする、DFラインは横のコンパクト性を常に保ち、アンカーの横のスペースへSBやCBが素早く対応できるようにする、という事であり、ちなみに、その「4-3」による守備ブロックの高さというのは、なるべく高い位置で、という事は然りではあるが、低くても構わない。重要なのは、高さよりも縦横のコンパクト性とラインが揃っている事。

後は、アタック&カバーという守備の連動性がきちんと実行されていれば良い。グアルディオラの時のバルセロナも、「4-3」での守備(「4-3」を2ラインとした守備)が確立されていた、というところからスタートしており、そこから、と言うか、それをベースとした堅守カウンターの戦い方もできる、というところから、ハイプレス&ポゼッション、「4-1-2-3」から「3-4-3」への変形、ゼロトップ・システム、と構築して行ったから、日本代表でも、まずは「4-1-2-3」であれば「4-3」での守備(「4-3」を2ラインとした守備)を確立させる、という事からスタートするべきであると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/01/28 11:45】 | アギーレジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<日本代表の進化への道。PA外からのシュートの形をチームとしてもっと作る。クロスはワンタッチやツータッチ以内で上げられるようにする。 | ホーム | 日本代表の進化への道。ローテーションについての考え方。目標は条件付きの強さからの脱却。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3051-f5e88afc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |