日本代表の進化への道。CKやFKなどのセットプレイにもっと工夫をする。FWを主導的にした攻撃を確立させる。タイプの異なるFWでも活かせるようにする。
【 CKやFKなどのセットプレイ(守備も含めて)にもっと工夫をする。 】

攻守でセットプレイに強さを持っていないのはやはり痛い。チームとしての総合的な実力差、試合展開、場合によってはそういう要素を無視する事ができるセットプレイというのは、より強さを発揮するためにも、より格上から良い結果を得やすくするためにも、かなり重視しなければならない飛び道具であると思う。もちろん、日本代表も軽視はしていないと思うが、ザックジャパンの頃からセットプレイの攻守における威力が下がっていると感じられ、その事もまた、最近の日本代表を苦しくさせている原因であると思う。更に言えば、攻撃において高さのある選手を活かせていない、という事とも、やはり関係していると思う。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
まずは攻撃面からだが、本田、遠藤、清武、という、脱アジアレベルにも通用するキッカーが存在していながら、セットプレイでの得点力が落ちている、というのは、実にもったいない。日本代表の場合、高さがある(空中戦に強さがある)選手が少ない、という事で、ショートコーナーをやる場合が多いが、やはりそのパターンは読まれてしまえばあまり効果が無くなってしまうし、やはり結局は最後のところでは高さ(空中戦)での競り合いになる、という事も少なくないから、そういう事よりも、もっとシンプルなパターンの中での、キックの種類(球質と位置)、ゴール前への入り方、という部分に工夫をした方が良いと思う。

例えば、やってもらいたいと思うのは、相手GKが対応し難い位置であるニアやファーの位置に速いボールを入れ、そこにPA外から縦や斜めの動きでトップスピードでゴール前へと入って合わせる、というパターンで、しかもそれを、ニアで決めたいと思うならばファーに、ファーで決めたいと思うならばニアに、多くの人数を集めておいて、1人の選手がファーやニアに飛び込んで決める、というパターン。これであれば、高さがある(空中戦に強さがある)選手が少ない、という不利を薄くさせる事ができるような気がする。要するに、スタンディングや少ない動きの状態で勝負しない、という事をもっと意識して欲しいと思う。

そして、守備面については、やはり一番は個々の選手の守備力、という事にはなるが、それ以外の要素で言えば、どれだけGKを上手く使って対応するのか、という事が大きなポイントであると思っていて、例えば、中央のゾーンは完全にGKに任せる、ニアゾーンは完全にフィールドプレイヤーに任せる、そして、ファーサイドであれば、どのあたりまではGKが出て対応するのか、という事を明確にしておく、という事などをやると良いのではないだろうか。要するに、相手が動いてから対応する、受動的に対応する、という事では難しくなってしまうので、個々の選手の動きのパターンを作っておく、という事が必要だと思う。


【 FWを主導的にした攻撃を確立させる(ゼロトップ・システムをできるようにしたり、タイプの異なるFWでも活かせるようにする)。 】

MFにチームの中心となるような選手が多く輩出される、という事もあって、日本のサッカーの攻撃はMFが主導的になってしまう、という事が多いが、攻撃というのはゴールから逆算して考えた方が得点力というのが上昇するから、やはり得点を取るという仕事を一番に任されているFWを主導的にした攻撃、つまりは、FWのアイデアやイメージにMFなどの選手が合わせる、という攻撃を確立させた方が良いと思う。どちらの選手が上手いのか、という事は関係無く、セオリーと呼べるようなコンセプトとして、FWの動きから攻撃をスタートさせる、どのポジションの選手もまずはFWを見る、という事をやってもらいたい。

そしてそれが、タイプの異なるFWでも活かせるようにする、という事にも直結してくると思っていて、例えば、岡崎であれば、岡崎の動きに合わせてクロスはもっと早いタイミングで入れる、バイタルエリアからのパスであれば岡崎の動きのタイミングを待って出す、岡崎がサイドへと流れた場合には誰かがCFの位置へと入る(逆に言えば岡崎がCFの位置にいる時は他の選手がそのエリアにあるスペースを潰さないようにする)。豊田であれば、豊田がファーや中央でポストプレイをしようとした時には、その近くに必ず1人は素早くサポートして、セカンドボールからの攻撃を狙う、という事を徹底してやって欲しいと思う。

それから、現在の日本代表は「4-1-2-3」というシステムをベースとしているので、FWはCFだけではなくウイングもそうであると言えるから、CFがトップ下のような役割を果たす「4-1-2-1-2」のような形も機能させた方が良いと思う。従って、岡崎が偽9番のようなプレイもする、という事が最善ではあるが、それが難しいようであれば、本田や香川などをCFの位置で使い、「HーBOX」や「KーBOX」のようなシステムを作る、という事も、1つのオプションとしてやってもらいたい。つまりは、ゼロトップ・システムであるが、もしそれを機能させる事ができれば、日本の攻撃は理想に近づくと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/01/30 11:45】 | アギーレジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<日本代表の進化への道。個々の選手のスピードと決定力と守備力のアップ。現在の日本代表は良い流れでの低迷期に入っていると認識した方が良い。 | ホーム | 日本代表の進化への道。PA外からのシュートの形をチームとしてもっと作る。クロスはワンタッチやツータッチ以内で上げられるようにする。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3053-1878f0b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |