【 本田圭佑 】 右サイドでも左サイドでも攻守に安定感のあるパフォーマンスで勝利に貢献。 【 ミラン vs パルマ 】
試合 :セリエA 第21節
開催日:2015年2月1日
結果 :ミラン勝利
スコア:「3-1」
得点者:メネズ(PK) ノチェリーノ メネズ ザッカルド

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 ACミラン 】

FW         デストロ
MF チェルチ    メネズ     本田圭佑
MF      ポーリ   ファン・ヒンケル
DF ボッケッティ   ラミ    アレックス  ザッカルド
GK        ディエゴ・ロペス

デストロの1トップ、メネズのトップ下、チェルチの左SH、本田の右SH、という「4-2-3-1」でスタートしたミラン。デストロが起点を作れない、左サイドのチェルチが機能していない、という感じではあったが、メネズと中央に入ってプレイする本田が攻撃を組み立て、前半17分、相手PA内まで上がっていたザッカルドにポーリからのパスが入り、ザッカルドの折り返しが相手の手に当ってハンド。PKを獲得し、メネズがそれを決めてミランが先制点。しかし、前半24分、ミランはセットプレイから失点して同点に。

FW         デストロ
MF 本田圭佑    メネズ     チェルチ
MF      ポーリ   ファン・ヒンケル
DF ボッケッティ   ラミ    アレックス  ザッカルド
GK        ディエゴ・ロペス

FW         デストロ
MF 本田圭佑    メネズ     チェルチ
MF      エシアン   ポーリ
DF ボッケッティ   ラミ    アレックス  ザッカルド
GK        ディエゴ・ロペス

そして、同点に追い付かれてしまった後、ミランは、本田とチェルチの左右を入れ替え、左SHに本田、右SHにチェルチ、という「4-2-3-1」へと変更。やはり、チェルチは右サイドの方が活きる、という事で、これで攻撃の機能性を上げたミランが主導権を握る。更には、後半のスタートからファン・ヒンケルとの交代でエシアンを入れ、中盤での守備力や構成力も上げたミランが、後半12分、メネズの得点で2点目。インザーギ監督の修正や交代采配が功を奏した、という試合展開となった。

FW         メネズ
MF 本田圭佑            チェルチ
MF    ムンタリ エシアン ポーリ
DF ボッケッティ   ラミ    アレックス  ザッカルド
GK        ディエゴ・ロペス

FW         パッツィーニ
MF 本田圭佑            チェルチ
MF    ムンタリ エシアン ポーリ
DF ボッケッティ   ラミ    アレックス  ザッカルド
GK        ディエゴ・ロペス

更には、後半28分、デストロに代えてムンタリを入れ、メネズをCFとした「4-1-2-3」へと変更すると、後半31分、メネズの右からのクロスをゴール前に走り込んだザッカルドが決めてミランが3点目。これで勝負は決まった、という感じだった。後半36分、メネズに代えてパッツィーニ、という交代も行ったミランが、そのままスコア「3-1」で勝利、という試合結果で終了。まだデストロが馴染むには時間が必要だろう、守備は相変わらず危うい、という感じではあったが、とりあえず快勝と言えるのではと思う。

本田については、それほどアジアカップでの疲労は感じられず、右サイドでも左サイドでも良いパフォーマンスを見せ、攻守において勝利に貢献するプレイを発揮していた。チェルチは右サイドでしか活きなさそうだ、メネズはサイドよりも中央の方が活きる、という事になってくると、本田は左サイドで、という事になってきそうだが、エル・シャラウィ、ボナヴェントゥーラ、チェルチ、本田、どの2人が主力となるのか。ただ、現時点では、一歩抜け出しているような気がするので、本田が主力から外れる事はまず無いだろうと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/02/02 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 香川真司 】 攻撃にアクセントを加えるような選手が存在していなかった。 【 レヴァークーゼン vs ドルトムント 】 | ホーム | 日本代表の進化への道。個々の選手のスピードと決定力と守備力のアップ。現在の日本代表は良い流れでの低迷期に入っていると認識した方が良い。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3055-a8308607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |