スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
長澤和輝。大迫勇也。ケルンの2人の今季を総括。
ケルンは9勝13分12敗34得点40失点。
18チーム中、第12位で今シーズンを終えた。
苦しんだシーズンだったが、今季昇格チームとしては健闘したと言える。
終盤戦は大迫と長澤の日本人コンビが活躍を見せた。
攻撃の軸だったウジャが来季にはブレーメンに移籍する事が決まっている。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
長澤和輝(ケルン)

10試合に出場し、5試合でスタメン出場。怪我による長期離脱があって出遅れてしまったが、今季の終盤になって復調し、及第点かそれ以上と言えるようなパフォーマンスを見せた。プレイ・スタイルの印象としては、乾を少しパワフルにしたような感じで、そういう意味では、ハリルホジッチが好みそうなタイプの選手ではある。技巧派の少ないケルンにおいては、中盤でゲームメイクやチャンスメイクを期待できる唯一の選手であるとも言えて、日本人選手同士であるから、という事だけではなく、そういう意味でも大迫との相性が良く、大迫にとっても、長澤の復帰は大きなプラスとして作用していた。今季を見る限りでは、ベスト・ポジションは左右どちらかのSHかな、という印象だったが、CFのウジャがブレーメンに移籍するので、その代わりとなるようなCFの獲得が無ければ、もしかしたら、来季は大迫と長澤の2トップ、もしくは、1トップに大迫、トップ下に長澤、という布陣になるかもしれない。課題としては、1つにはスタミナで、スタメン出場しても90分間もたなかったり、途中で存在感が薄くなってしまう事も少なくなかったので、スタミナをアップさせて、そのあたりを改善させて欲しい。そして、2つには、トップ下というポジションでプレイするのであれば、ポジショニングであったり、ボール受け方(引き出し方)であったり、そのあたりをもう少し良くする必要があると思う。また、そういう意味でも、一度ハリルジャパンに呼んで、成長を促したい選手ではある。


大迫勇也(ケルン)

28試合に出場し、16試合でスタメン出場。今季の序盤から中盤にかけては、ケルンの戦い方(攻撃方法)がウジャへの放り込み一辺倒だった、まだブンデス1部の当たりの強さに馴染めていなかった、CFではなく、トップ下ならばまだしも、SHなどで起用される事も多かった、という事もあって、なかなか出場できなかったり、出場してもなかなか良いパフォーマンスは見せられなかったが、しかし、ポストプレイの巧さ、オフ・ザ・ボールの動きでチャンスメイクする能力、などは最初から秀逸で、今季の終盤になってからは、ケルンの戦い方(攻撃方法)がウジャへの放り込み一辺倒だけではなく、大迫のポストプレイを活かそうという傾向に変わった、ブンデス1部の当たりの強さにも対応できるようになってきた、FWとして固定的に起用されるようになった、長澤が復帰した事もあって大迫へのパスが増えた、という事もあって、ケルンの攻撃の軸は大迫になっている、と言っても過言ではないぐらいの活躍を見せた。課題としては、1つには、ブンデス1部の当たりの強さにも対応できるようになってきた、とは言っても、まだ競り合いの強さやプレイ・スピードには物足りなさがあるので、そのあたりを改善させて欲しい。そして、2つには、大迫を軸にした攻撃になってきた、という事はあるが、大迫に得点を取らせようとする攻撃にはなっていない、という事があって、ラストパスが大迫に来ない、集まらない、という状態が最後まで続いていたので、連携面で来季にはそこを改善しないと、なかなか得点数は伸ばせないと思う。そのためにも、もっと得意の反転してからのシュートなどで、個の力で強引に得点を狙って決める、という事をやってもらいたい。そうすれば、フィニッシュのところでの大迫の信頼が厚くなり、自然とラストパスが集まってくるようになると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/05/29 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<乾貴士。長谷部誠。フランクフルトの2人の今季を総括。 | ホーム | 清武弘嗣。酒井宏樹。ハノーファーの2人の今季を総括。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3172-e99f6673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。