スイス戦(女子) 【 澤と宇津木がとても効いていた。前半は良かったが後半の戦い方と個のパフォーマンスに問題有り。 】
試合 :女子W杯カナダ グループC 第1戦
開催日:2015年6月9日
結果 :日本代表勝利
スコア:「1-0」
得点者:宮間あや(PK)

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW       大儀見優季 安藤梢
MF   宮間あや         大野忍
MF       澤穂希  阪口夢穂
DF 宇津木瑠美 熊谷紗希 岩清水梓 有吉佐織
GK         山根恵里奈

FW      大儀見優季 菅澤優衣香
MF   宮間あや         川澄奈穂美
MF       川村優理 阪口夢穂
DF 宇津木瑠美 熊谷紗希 岩清水梓 有吉佐織
GK         山根恵里奈


もう少し日本の選手たちは緊張で動きが硬くなるかなと予想していたが、思った以上にリラックスして通常通りにプレイできていて、澤も加わって経験者が多い、そうではない選手もほぼ4年間継続して代表でプレイしてきた、という効果が出ていたような気がする。ただ、やはり、少しパスミスをする事が増えているとは言え、フィジカル・コンディションを取り戻した澤が加わった、宮間ではなく澤がボランチに入った、という事による効果は大きいと感じる。それから、鮫島が長期の怪我などもあって、あまりパフォーマンスが上がらず、左SBというのが1つの不安要素だったのだが、そこを宇津木で埋める事ができた、という事も大きいと感じる。澤は後半11分で交代したが、この試合でも澤と宇津木は効いていた。

前半28分、宮間がPKを決めて日本が先制点。予想されていたようには、スイスは前半からハイプレスに来なかったが、シンプルに縦に速く、安藤にDFラインの裏を狙わせる、という日本の攻撃が効果的で、狙い通りの形での先制点だったと思う。残念ながら、安藤はこの時に相手GKと交錯して負傷交代となってしまったが、とても大きな仕事をしてくれたと思う。そして、その安藤との交代で出場した菅澤も、守備ではよく頑張っていたし、決定的なシュートも1回だけだが放ったし、及第点のパフォーマンスだった。菅澤の他にも、経験の少ないメンバーで言えば、右SBの有吉も良いパフォーマンスだったし、1回だけ本当に危ないキャッチミスはあったが、GK山根も安定感のあるパフォーマンスだったと言える。

という事で、スコア「1-0」と日本のリードで前半を折り返し、前半は80点ぐらいの良さだったと思うのだが、しかし、後半になってからは、スイスがアグレッシブに仕掛けてくるようになった、それから、ボランチの1枚が後半11分に澤から川村へと代わった、という事もあって、日本は押し込まれるような状態になってしまった。少し疲れが出ていたし、まだ先に試合もあるから、澤をベンチに下げた事は悪くない判断だったと思うが、澤を外した時にどのような采配をするのか、という部分で、この試合の川村の感じからすると、宇津木をボランチにした方が良いような気がする。更には、まだ起用したくなかったのかもしれないが、もう少し川澄の投入は早くても良かったと思う。左サイドに鮫島と川澄という形。

そして、相手がハイプレスで来た場合には、ボランチのところでボールを奪われてしまう、という事がパターン化してもいるので、相手のハイプレスをパス回しでいなして、という事をやりたかったのはわかるが、この試合はピッチが人工芝でパスがショートしてミスになってしまう、という傾向にもあったから、むしろ、前半のようにシンプルに縦にパスを出した方が良かったかなと。ポゼッションしてマイボールの時間を増やしたい、守備の時間を減らしたい、という意図や目的は理解できるが、そこは2トップの力を信頼するべきだと思う。ただ、もう少し2トップがサイドに開いて縦パスを引き出す、サイドで起点を作って「ため」を生み出す、という事はやって欲しかったと思っていて、そこにも改善の余地はあった。

後半になってからの日本は、多くの時間で押し込まれてしまい、スイスの10番、バッハマンのドリブルに脅かされ続けてしまったが、それでも日本の守備が頑張ったとも言えるし、相手の決定力の低さに救われたとも言えるし、その両方だったと思うが、とにかく、PKによる1点を守り切って勝利できた、勝点3を初戦で奪う事ができた、という結果は最高だったと思う。しかし、初戦で勝点3を得てもグループ・ステージを突破できなかった、という事はあるから、これで一安心、という感じにはならずに、きちんと緊張感を保ち続けてもらいたい。特に後半というのは、戦い方も悪かったし、個によるミスも多かったから、試合を重ねるごとに戦い方も個のパフォーマンスも上げないと、まだ連覇は見えていないと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/06/09 15:05】 | なでしこジャパン | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<女子サッカーの試合で戦評の練習をしてみる事のススメ。 | ホーム | 今季のCL決勝に出場したFWたちから学ぶ。>>
コメント
そうですね。
今晩はbachです。

おっしゃる通り、澤 宇津木効いていましたね。澤⇒川村の交代からスイスに攻められる場面が多くなってきました。川村でなく宇津木をボランチにしてSBに鮫島を起用した方がバランスが良かったと思います。大野は黒子のように結構走らされて疲れていました。宮間も遠藤と同じで技はあるがスピ-ドが無いため結構左サイドでやられていましたね。後半早目にスピ-ドのある川澄に交代した方がバランスが保てたと思います。
【2015/06/10 21:45】 URL | bach #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3183-85e49ef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |