イラク戦 【 大勝ではあったが快勝という試合ではなかった。 】
試合 :キリンチャレンジカップ
開催日:2015年6月11日
結果 :日本代表勝利
スコア:「4-0」
得点者:本田圭佑 槙野智章 岡崎慎司 原口元気

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW         岡崎慎司
MF  宇佐美貴史  香川真司   本田圭佑
MF      長谷部誠   柴崎岳
DF 長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
GK         川島永嗣

前半5分、柴崎のパスから中央にポジショニングしていた本田がDFラインの裏へと抜け出し先制点。少しプレイが止まった瞬間だったので、その隙を上手く突いた、という感じの得点だった。柴崎のパスも良かったが、本田も上手く決めたと思う。そして、前半9分、CKから槙野が押し込んで2点目。ニアを狙いとしながら、ファーへと抜けたボールを、あるいは、ニアですらしたボールを、ファーで決める、という意図通りの得点だったのではないだろうか。その後の前半15分にも、柴崎の縦パスから本田→岡崎という形で決定的なシーンを作るなど、守備の設定位置は高くしているが、前と後ろの連動がちぐはぐなイラクの悪い守備を上手く突けていたと思う。日本は縦にシンプルな効率的で効果的な攻撃ができていた。

前半20分過ぎぐらいからは、ややイラクの方の流れになっていたが、前半30分ぐらいの時に少し試合が止まった事で流れが変り、前半33分、長谷部→柴崎→本田→香川→柴崎→宇佐美、とリズミカルにパスが繋がり、宇佐美がドリブルして岡崎にパス、という形で日本が3点目を奪った。やはり、ここでポイントになったのは宇佐美のドリブルで、宇佐美がドリブルで複数の相手を抜いた、あるいは、複数の相手を引き付けた、という事によって、人数は日本3対イラク4の状況だったが、岡崎が完全なフリーの状態となる事ができた。もしここで宇佐美がドリブルをせずに、もう1つ早い段階で岡崎や本田へのパスを選択していたとしたら、岡崎や本田の個人技次第ではあったが、得点には至らなかった可能性が高いと思う。

という事で、3得点を奪った日本の前半の攻撃は良かった。しかし、流れがイラクにあった10分間ぐらいの時間帯に、失点にはならなかったが、悪い守備が2つあった事は見過ごせない。1つには、酒井宏樹の個によるミスで、こういう個による凡ミスを絶対にやらないようにしないと、日本の守備力というのは上がらないと言える。そして、2つには、大きなサイドチェンジをされて、中央(バイタルエリア)のところに大きなスペースを作ってしまった、というシーンで、ザックジャパンの時にはこれが1つの失点パターンでもあったのだが、ハイプレスに行くなら行く、行かないなら守備ブロックをしっかり作るポジショニングをする、という事を、そこが曖昧になってふわっとしてしまう時間を作らないようにして欲しい。

それから、前半の終了間際にも、ロングフィードを入れられて、大きなスペースとなっていたバイタルエリアでセカンドボールを奪われる、そして、慌ててそれに対応した酒井宏樹がファール、イラクの直接FK、という危ないシーンがあった。このパターンも日本の失点パターンの1つであるが、DFの選手(特にCB)のロングフィードを跳ね返す力、MFの選手(特にボランチ)の反応(切り替え)の速さやセカンドボールに対する対応力(処理能力)、という個の力を、やはり日本は上げなけれなならないと思う。もっと強い相手との試合であったら、前述してきた3つのシーンで3失点していてもおかしくない。そういう事を強く実体験したのがザックジャパンだったはずだから、しっかりと個の成長を見せてもらいたい。

後半のイラクは、攻撃方法を放り込みに変えてきた。守備も、全体的に退いたわけではないが、DFラインの裏を取られないようにする方法に修正してきた。そして、それによって明らかに、日本の攻撃は前半よりも封じられるようになってしまったし、日本の守備が脅かされるシーンも増えた。特に守備は、後半15分までの間に、失点に繋がったとしても、おかしくないようなシーンが3回はあった。相手のDFがラインの裏を取られないような守備をしてきたという事は、逆にDFラインの前のところの守備は弱くなるという事。相手が攻撃方法を放り込みに変えてきたという事は、ハイプレスを強めてロングフィードの出し手を止めるという考え方もあるが、それができないようであれば、守備の設定位置は下げた方が良い。

選手たちはイラクの変化に気が付いていただろうか? もし気が付いていたとしたら、なぜそれに対応して戦い方(攻め方や守り方)を変えなかったのだろうか? 前回のエントリーで、現状の日本の選手たちが何をレベルアップさせなければならないのか、という事について、試合をコントロールする力、何かが上手くいかなかった時に、強引にそれをやろうとするのではなく、相手の戦い方や相手との力関係をピッチの中で見極め、特に重要なのは、守備の設定位置を自分たちの判断で正しく修正できるように、という事を書いたが、まさにその部分。特に経験豊富な選手たちには、それができるようになってもらわなければならなくて、やはり、そういう事ができるようにならなければ、日本のサッカーは強くならないと思う。

FW         大迫勇也
MF  武藤嘉紀   原口元気   永井謙佑
MF      谷口彰悟   山口蛍
DF 長友佑都 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
GK         川島永嗣

後半21分からは次々と交代選手を投入し、後半39分には原口が代表初ゴールを決めた。しかし、後半21分からの日本というのは、パサパサしているような感じだった。もちろん、連携という部分では難しさがあったと思うし、アピールしようという意欲の高さ、原口の得点、という事については良かったと思う。だが、やはりパスミスの多さやクロスの精度の低さというのは顕著であったし、判断も含めたプレイが全体的に雑である、という印象は否めなかった。おそらく彼らは、ハリルホジッチからの修正策を持ってピッチに入ったと思うので、戦い方としては良くなったと言えるが、個のパフォーマンスという部分では、合格点だった選手はいないと思う。という事で、大勝ではあったが、快勝という試合ではなかった。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/06/12 11:45】 | ハリルジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<イラク戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。宇佐美貴史。本田圭佑。長谷部誠。柴崎岳。長友佑都。酒井宏樹。 】 | ホーム | ハリルジャパン。選手たちは何を強く意識してプレイすれば良いのか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3186-b9d1d97c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |