シンガポール戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。宇佐美貴史。本田圭佑。柴崎岳。長谷部誠。 】
試合 :W杯アジア2次予選兼アジアカップ2019予選
開催日:2015年6月16日
結果 :引き分け
スコア:「0-0」
得点者:

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW         岡崎慎司
MF  宇佐美貴史  香川真司   本田圭佑
MF      長谷部誠   柴崎岳
DF 太田宏介 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
GK         川島永嗣

FW      大迫勇也  岡崎慎司
MF  武藤嘉紀   原口元気   本田圭佑
MF         長谷部誠
DF 太田宏介 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
GK         川島永嗣


岡崎慎司

リトリートして中央をガッチリと固められた場合には、やはり一番苦しむのはCFとトップ下のポジションの選手で、ただそれでも、相手GKにファインセーブされたが、クロスから決定的なヘディングシュートも放ったし、相手のDF(特にCB)を押し下げてバイタルエリアにスペースを作る、デコイとなって主に2列目の選手にシュートチャンスを与える、という事でもできていたから、岡崎のプレイというのは及第点かそれ以上だったと思う。課題があったとしたら、大迫が香川との交代で入って2トップになってからは、岡崎の方がバイタルエリアや大迫のデコイからシュートを決める方に役割を変えた方が良かったかな、という事と、ドリブルをPA内で仕掛ける意識というのは、もっと欲しかったかなと。


香川真司

前半だけでスタミナ切れを起こしてしまったような感じだったが、シュートあるいはフィニッシュのところのプレイ以外については、それほど悪くはなかったと思う。しかし、そこはもう1つ前もしくはダイアゴナルにグイッと抜け出すドリブルを選択できなかったのか、そこで右足でちょんとかわして左足でシュートというプレイは思い浮かばなかったのか、というシュートあるいはフィニッシュのところでの判断力とアイデアについては不足していたように感じた。それから、クロスに対してヘディングで、となるような位置に入っても香川では・・・、という事になるので、もしそれがデコイの動きだったとしても、それは岡崎や本田にやってもらって、やはり香川は常にバイタルエリアで勝負した方が良いと思う。


宇佐美貴史

普段通りにやっているようでも、2回足を滑らせたシーンの足の動きなども不自然だったし、シュートも著しく精度を欠いていたし、やはり普段通りにはできなかったのかなと。ただ、やっていたプレイについては悪かったわけではなくて、ああいう守り方をされたら完璧に崩せるという事ができなくても当然であるから、例えば横にドリブルしてシュートというプレイであれば、そこから更にPA内へとドリブルで切り込めるとか、相手のDFが何人立ち塞がっていても撃ち抜けるシュートを放てるとか、巻いたシュートを正確に決められるとか、結局はそういう個の力で得点を奪うしかないので、そういう力がまだ宇佐美にも足りていなかったと思う。トレーニングを重ねてそういう個の力をもっと伸ばして欲しい。


本田圭佑

ポジショニングが中央寄りすぎたかどうか、というのは微妙で、岡崎と本田が中央の高い位置でポストプレイあるいは相手のDFを押し下げる役割をする、というのは狙いとしてやっていたようにも思うし、SBをなるべくサイドの高い位置に、という事も狙いとしてやっていたと思うから、そういう意味では、逆に効果的なプレイになっていたとも言える。それよりもやはり、シュートをGKの正面に蹴ってしまう、シュートを枠外に撃ってしまう、というシュートの技術や精度の方に問題があったと思う。しかし、相手GKのファインセーブが無ければ完璧だったヘディングシュートもあったし、直接FKもかなり惜しかったし、運がなかったところもあったかなと。後は、リズムとテンポの速度の問題だったと思う。


柴崎岳

どうしてもプレイ強度の弱さというものを感じてしまう。フィジカル的なもの、スピード的なもの、相手からプレッシャーをかけられた時のミスの多さ、という事が複合的に少しずつ関連して、どうしてもプレイ強度の弱さというものを常に感じてしまう。UAE戦で見せたようなミドルシュートは欲しかったが、縦に抜け出して行くプレイとか、縦パスであるとか、やっていたプレイは悪くなかったと思うのだが、プレイの強度が低いとファールとみなしてもらえないし、もっとメッセージ性の強さや意外性と質のある縦パスを入れられないと、大舞台では通用しないと思う。それから、長谷部もそうだが、もっと低い位置でのプレイで攻撃を作れるようにならないと、近年のボランチとしては時流から外れると思う。


長谷部誠

守備は良かったと思う。しかし、攻撃に関しては、シュートや最後のワンプレイに質を欠いてしまい、また終盤にはパスミスが多かった。縦パスを狙うのは良いのだが、自分の前にスペースが空いていたり、対峙する相手が1人だったならば、ドリブルしてシュートというプレイを選択した方が良い場合もあるし、そうする事で相手を前に引き出してからの方が、やはり縦パスというのは効果的にもなるしミスにもなり難くなると思う。相手がリトリートする守備をしてきた時に、イニエスタとかがあえてそこにドリブルで突っかける、という事をやるが、あれは突破しようという目的や意図ではなく、相手を誘い出したり引き付けたりするためのドリブルで、やはりそういう布石となるプレイというのは重要だと言える。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/06/18 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<シンガポール戦選手評価 【 太田宏介。酒井宏樹。槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。大迫勇也。原口元気。武藤嘉紀。 】 | ホーム | シンガポール戦 【 躓きが早い段階で訪れた事はポジティブな要素であると思う。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3192-43cba810
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |