シンガポール戦選手評価 【 太田宏介。酒井宏樹。槙野智章。吉田麻也。川島永嗣。大迫勇也。原口元気。武藤嘉紀。 】
試合 :W杯アジア2次予選兼アジアカップ2019予選
開催日:2015年6月16日
結果 :引き分け
スコア:「0-0」
得点者:

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW         岡崎慎司
MF  宇佐美貴史  香川真司   本田圭佑
MF      長谷部誠   柴崎岳
DF 太田宏介 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
GK         川島永嗣

FW      大迫勇也  岡崎慎司
MF  武藤嘉紀   原口元気   本田圭佑
MF         長谷部誠
DF 太田宏介 槙野智章  吉田麻也 酒井宏樹
GK         川島永嗣


太田宏介

岡崎への良いクロスが1本あった。あれぐらいのタイミングのアーリークロスの方が岡崎には適していると思うし、相手が守備的でも全体が下がってしまう前に、という意味でも効果的であると思う。個人的にはクロスマシーンのようなSBも嫌いではない。同じような感じのキックで逆サイドの高い位置まで一気にサイドチェンジ、というプレイもできるようになると理想的。課題があるとしたら、ワンタッチやツータッチ以内で、もっとモーションも速く小さくして蹴れるようになる、という事だと思う。ドリブルでかわさなくても、それができるようになれば、もっとクロスマシーンになり、相手に与える脅威も上がるはず。


酒井宏樹

技術力は上げないと、どうにもならない。クロスの種類、ドリブル、左足、とにかく技術力が代表レベルではない。それから、スタミナも上げる必要があると思う。また、オーバーラップのタイミング、コース取り、という事も悪い。本田は左利きだから、縦に走って本田からのパスを受けたい場合には、もっと本田に近いところを通るか、本田が縦に抜け出してから追い越した方が良いし、高い位置に行ってしまってから本田のパスを受けたい場合には、ダイアゴナル(左上方向)な動きでDFラインの裏へ走る、という事をした方が良い。やはり頑張るだけでは上手くならない。酒井宏樹は数年前からほとんど成長していない。


槙野智章

ヘディングシュートを決めるチャンスが2回ぐらいあったが、こういう試合ではセットプレイが鍵を握っている事はもちろん、CBの攻撃参加(FWにするという事ではなくCBの位置からの攻撃参加)も鍵になってくるので、槙野は攻撃参加が得意だと思うから、ボランチやSBと連携しながら、あるいは、CFやトップ下の選手の動きを見ながら、もっと攻撃参加しても良かったと思う。ザックが今野をCBとして起用していた理由は、こういう試合になった時に、CBにも攻撃の能力が欲しい、という事もあったし、やはり相手や状況を考えて、どういうプレイをするのが最も効果的であるのか、という判断が大切だと思う。


吉田麻也

イラク戦よりは良くなっていた。ただ、もっと最前線(サイドでも中央でも)へのフィードというのは使っても良いと思うし、ミドルシュートというのは、枠に飛ばすかどうかよりも相手や味方に当てないように蹴って欲しい。リスク回避は枚数や対応が云々だけではなく、とにかくパスやシュートを相手に当てない、グラウンダーに危険を感じたならばハイボールで危険を避けて時間を作る、という事も重要。結局は、そういう質を高めて行く事が、良い攻撃を生み出す事にも繋がってくる。流れの中でCFに縦パスを入れるのは難しい、という趣旨の事を言っていたが、通らなくてもリスクならない、という事を考えれば良いと思う。


川島永嗣

脅威を感じるような攻撃は受けなかったので、特にこれという事は無いが、守備範囲を広げようとしていると思うので、そのチャレンジというのは続けて欲しい。守備範囲を広げるためには、ポジショニングの良さ、判断力の良さ、そして、やはり走力という事も必要なので、少しウエイトが重いようであれば、少しそれを減らしても構わないと思う。後は、足元のテクニック、という事も近年のGKには必要となってきているので、そのトレーニングも積み重ねて欲しい。日本のGKのレベルというのはトップレベルから2つぐらい低いので、その意識を持って取り組んで欲しい。まずは肉体改造からスタートするのが良いと思う。


大迫勇也

バイタルエリアあたりでドリブルで仕掛けるプレイは良かった。呼び込んでもパスが来なかった、という事については、ケルンでもDFラインと並んだところから裏を狙った時に、大迫はオフサイドにかかってしまう場合が多い印象があって、そこに関しては動き方を修正する必要があると思う。もう1つ動き直しを入れれば、という事がそうなのだが、本田も動き直しを待ったのではないだろうか。なぜ本田は酒井宏樹や大迫にパスを出さなかったのか、というシーンがあったと思うが、それは大迫や酒井宏樹の動き、動き直しにも問題があったと言える。また、クロスのシーンについても、大迫は動き直しに改善が必要だと思う。


原口元気
武藤嘉紀

原口については、何をオーダーされていたのか、自分がそこで起用された意図、という事を理解できていなかったのかな、という感じがあって、2トップにしてより相手のDFラインを押し下げ、しかし、宇佐美(あるいは武藤)と本田はもっとサイドもしくはクロスに対してゴール前、という事をやりつつトップ下の位置にも選手を、もしくはそこにボールをドリブルで運べる選手を、という事だったと思うし、バランスを崩さないように、というのもそういう事だったと思う。そして、武藤については、きちんと試合に入りきれていなかったような感じで、どういうプレイが必要なのかをベンチでもっと考えておいて欲しかった。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/06/19 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<エクアドル戦(女子) 【 得点力不足も改善できる可能性が見えている。 】 | ホーム | シンガポール戦選手評価 【 岡崎慎司。香川真司。宇佐美貴史。本田圭佑。柴崎岳。長谷部誠。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3193-c1b4944d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |