オランダ戦(女子) 【 優勝するためにはもう一押し攻守の質を高めたい。 】
試合 :女子W杯カナダ 決勝T 1回戦
開催日:2015年6月24日
結果 :日本代表勝利
スコア:「2-1」
得点者:有吉佐織 阪口夢穂 キルステン・バン・デ・ヴェン

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW        大儀見優季  大野忍
MF    宮間あや          川澄奈穂美
MF        宇津木瑠美 阪口夢穂
DF    鮫島彩  熊谷紗希 岩清水梓 有吉佐織
GK           海堀あゆみ

FW           大儀見優季
MF    宮間あや           岩渕真奈
MF       澤穂希 宇津木瑠美 阪口夢穂
DF    鮫島彩  熊谷紗希 岩清水梓 有吉佐織
GK           海堀あゆみ


攻撃については、宮間のクロスから、大儀見のヘディングシュートがゴールバーに当って跳ね返ったボールを有吉がシュート、という先制点だったが、この形は狙い通りだったと思う。そして、2点目は、高い位置でボールを奪って、岩渕からのパスでDFラインの裏を取った大儀見がキープ、そこから、宮間→岩渕のスルー→阪口の技有りミドルシュート、という攻撃だったが、オランダの守備には大きな欠点があって、それはバイタルエリアを守る意識が弱かった事。やはり、いくら屈強なDFやボランチを配置していても、バイタルエリアに大きなスペースを作ってしまったり、そこにポジショニングしている相手選手への守備意識が低いとやられてしまう。ちなみに、男子のオランダにも、時々そういう傾向がある。

従って、オランダの守備がそういう感じだったので、日本は何度も良い攻撃を作れたし、何度もシュートを放つ事ができた。個人的には、大野と川澄の攻撃面での個のパフォーマンスがもう少し高ければ、もう少し大儀見のシュートに精度があれば、もう1点か2点ぐらいは取れたのではないかと思っている。宮間にも鮫島にも決定的なチャンスがあった。次の試合の対戦相手はオーストラリアだが、この先に勝ち進んで行った場合には、おそらくオランダ戦程のチャンスは作れなくなる、オランダ程バイタルエリアの守備が緩いチームは無い、と思うので、もっとチャンスで確実に得点を取らないと、やはり苦しい試合展開になってしまうと思う。特に前の4人のポジションの選手には、もっと最後の精度を上げて欲しい。

守備については、SBにスピードのある鮫島とパフォーマンスが好調な有吉を起用して、というプランは成功していたと思うし、ボランチにフィジカルで負けない阪口と宇津木(運動量もある)を並べた事も功を奏していたと思う。CBのところで裏を取られてしまったり、クロスやCKから危ないシーンを作ってしまったり、GK海堀のミスで失点してしまったり、という事はあったが、全体的に攻から守への切り替えは速かったし、「4-4」で作っている守備ブロックも、オランダとは違ってゴール前では常にコンパクトで、バイタルエリアは使わせない、ミドルシュートもプレッシャーの無い状態では撃たせない、という事が最後まできちんとできていたから、グループリーグの時と比べれば良くなっていたと思う。

課題としては、相手のダイアゴナル・ランに対応できていなかったシーンがあった、もう少し熊谷にパフォーマンスを上げてもらいたい、という事と、この試合では、オランダが予想外にパワーやスピードを徹底的に使った攻撃をしてこなかった、意外と繋ぐ攻撃をしてきた、後半からのギア・アップもスイスやカメルーン程ではなかった、という事によって日本は守りやすかった、という事もあったから、そこはきちんと把握しておいて欲しい。更には、後半、宇津木をアンカーに置いて、澤と阪口とで中央を逆三角形にした時に、澤と阪口が高い位置から行き過ぎてしまっている、というシーンが何回かあって、それだとキック&ラッシュの攻撃を徹底された時に危なくなるから、そこもきちんと修正しておいて欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/06/24 15:20】 | なでしこジャパン | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<なでしこジャパンはこの布陣にするのが良いと思う。 | ホーム | 日本代表と日本のサッカーの現在地。>>
コメント
攻撃が良かったのはもちろんですが、今日の勝因はやはりオランダのFWを封じた守備だったのでしょう。
FWの空振りキックに助けられた場面以外、それほど崩されたという感覚はありませんでした。

一点気になったのはjubeさんと同じだったのかもしれませんが、どうやらオランダが最終ラインでボールを回している時、坂口がチェイスに高い位置まで上がっていったタイミングを狙って縦パスを出すようにしていたこと(誘われた?)。
その縦パスからの攻撃を防ぐために、澤を投入した際に宇津木をアンカーに入れたのではないかと想像していました。
澤や坂口が思い切りよく上がっていくのは、なでしこボランチの長所にもなっていると思うので、一概に「危ない危ない」とばかりは言えないよなあ、と思っていましたが、ポジションチェンジが一応成功していたのではないでしょうか?
宇津木がアンカーに入ることによって、中盤が厚くなってオランダの勢いを弱めたようにも見えたのですがいかがでしょう?

しかし全体が押し上げ、ボランチが二人攻撃参加するタイミングは、相手が必ず逆襲のチャンスとして狙ってくると思うので、カバーリングの決め事はしっかりやっていてほしいですね。
【2015/06/24 23:58】 URL | れいぶん #6WRgJ5Is[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3198-2472fbdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |