スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
なでしこジャパン。決勝戦。アメリカ戦についての攻守のポイント。
決勝のアメリカ戦は、今大会の中で最も守る時間が多くなる、押し込まれた状態で守る時間が多くなる、そういう試合になるのではないかと予想されるが、アタッキングサード内のインサイドエリアとバイタルエリアをしっかりと守る事ができれば、そう簡単にはやられないと思う。アメリカの守備も安定しているが、日本の守備も試合を重ねるごとに良くなっていて、決勝トーナメントに入ってからは日本の守備も安定している。オランダ戦の失点はGK海堀の凡ミスだったし、イングランド戦の失点も疑惑の判定によるPKで、そういう事さえ無ければ、アメリカが相手でも、そう簡単に失点してしまう事は無いと思う。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。

FW           大儀見優季
MF  宮間あや               川澄奈穂美
MF      澤穂希  宇津木瑠美 阪口夢穂
DF    鮫島彩  熊谷紗希 岩清水梓 有吉佐織
GK           海堀あゆみ

FW           大儀見優季
MF    宮間あや           川澄奈穂美
MF         澤穂希  阪口夢穂
DF 鮫島彩 宇津木瑠美 熊谷紗希 岩清水梓 有吉佐織
GK           海堀あゆみ

そして、アタッキングサード内のインサイドエリアとバイタルエリアをしっかりと守る事ができれば、という意味では、上記の2つのような布陣で戦うのも有りかなと思っていて、単純に、ダブルボランチの後ろにもう1枚、アンカーが存在している、あるいは、CBが2枚ではなく3枚になっている、というだけで、感覚としては「4-4-2」の時と同じで良い。もちろん、できるのであれば、運動量で上回ってハイプレスで、という守備をするのが最も効果的ではあるが、準決勝の感じや日程的な事を考えると、おそらく決勝ではアメリカの方が体力的に余裕が有りそうなので、まずはアメリカの攻め疲れを狙いたい。

そうやってアメリカを攻めあぐねさせて、縦に速い攻撃→少しずつDFラインの位置とポゼッション率を上げる→流れが来たら岩渕を入れる→更に大野も入れる、という作戦で、スコア「1-0」か「2-1」での勝利を目指したい。どちらにしても、大野はイングランド戦で最も疲労を感じさせていたのでスタメンから外し、岩渕と共に交代の切り札としてベンチから、大野の代わりとして澤をスタメン、という事をやった方が良いような気がする。そして、澤の疲労度や試合展開を判断して、まずは澤から岩渕に交代、宮間を澤の位置に移動させて岩渕を左サイド、次に阪口か熊谷に代えて大野、という策が良いと思う。

もちろん、大野ところの交代については、流れが来なかったら行わず、そのまま守備を重視した戦い方を続ける。ちなみに、阪口に代えて大野を入れた場合には、宮間と宇津木をダブルボランチにした「4-4-2」へと変更し、熊谷に代えて大野を入れた場合には、岩清水と宇津木のCB、宮間と阪口のダブルボランチ、という「4-4-2」へと変更する。また、3枚目の交代枠については、アクシデントに備えて、という事もそうだが、宮間のボランチが守備で危険だと感じた時に、宮間に代えて川村もしくは田中を入れる、という考え方をするのが良いと思う。やはり、延長PKで勝つ、という事は考えておきたい。

攻撃については、クロス、セットプレイ、ドリブル、という事がやはり、決勝のアメリカ戦でもポイントになると思っていて、縦に速い攻撃、大きなサイドチェンジ、超中距離からの縦へのロングボール、それでサイドの高い位置のスペースを徹底的に使い、そこから躊躇無くクロス、あるいはCKを多く取る、もしくは、アウトサイドエリアからインサイドエリアやバイタルエリアへドリブルで仕掛けて、そこからフィニッシュの形を作る、FKやPKを獲得する、というプランが最善だと思う。アメリカを疲れさせ、途中で体力の消耗度を逆転させる事に成功すれば、そこからの川澄や岩渕や大野のドリブルは効くはず。

華麗さよりも粘り強さが、なでしこジャパンの真骨頂。また、佐々木監督のタクティクスで相手を上回る、という事も、なでしこジャパンの強さの源。オランダ戦、オーストラリア戦、イングランド戦、アメリカ戦、と少しずつ対戦相手は強くなっているが、その戦い方というのは似てるというか同じだと言っても構わないぐらいだから、今までやってきた戦い方を信じて、勝者のメンタリティを持って戦えば、必ずアメリカにも勝つ事ができると思う。そして、ここまできたら、勝っても負けても・・、という事は無い。やはり、最後も勝って試合を終えたい。それができる実力はある。100%以上を出しきって欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/07/04 11:45】 | なでしこジャパン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<なでしこジャパン。成長あるいは維持もしくは復活が素晴らしいと思う選手たち。 | ホーム | コスタリカ戦(Uー22) 【 良い方向性や先に期待を強く感じる事ができた試合だった。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3208-86ab8ad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。