スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
アメリカ戦(女子) 【 とにかく次は絶対に勝ちたい。今はそう思うだけ。 】
試合 :女子W杯カナダ 決勝
開催日:2015年7月6日
結果 :アメリカ代表勝利
スコア:「2-5」
得点者:ロイド×2 ホリデー ロイド 大儀見優季 OG ヒース

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW        大儀見優季  大野忍
MF    宮間あや          川澄奈穂美
MF        宇津木瑠美 阪口夢穂
DF    鮫島彩  熊谷紗希 岩清水梓 有吉佐織
GK           海堀あゆみ

前半16分以内に4失点という衝撃的な試合だった。高さを警戒してくるであろう日本の裏をかく、パワーや高さではなくスピードを活かしたセットプレイ。アメリカの策に見事にやられてしまった。これはもう仕方がない。アメリカの作戦を褒めるしかない。ただ、その後の2失点については大きな問題で、海堀と岩清水の個によるミス、悪いプレイ、という事もそうだが、どちらも相手の中央のボランチぐらいの位置にボールを入れて、そこで奪われてカウンター、という形で、男子も女子も日本のサッカーは、このパターンからの失点癖を無くさないといけない。パスの出し所が見つからない、ビルドアップの時に追い詰められている、そういう時はとりあえず大きくサイドへ、相手のDFラインの裏へ、という事が大切。

いきなり2失点して、早く得点を取り返さなければならない、という事で焦ってしまったのかもしれないが、そういう状況になった時にこそ、出てしまいがちなのが悪い癖というもので、2失点は確かに痛かったが、まだ早い時間帯だったから、そこで冷静さを失ってはならなかったと思う。それから、これは「たられば」ではあるが、アメリカの攻撃はアウトサイドエリアとインサイドエリアを意識的に強く使ってきていて、それに日本の守備は対応できていなかったから、それを防ぐためにも、やはり、「なでしこジャパン。決勝戦。アメリカ戦についての攻守のポイント。」、という記事で書いたように、「4-4-2」ではなく、「4-3-2(ワイド)-1」や「5-4-1」という形にした方が良かったかなと思う。

FW        大儀見優季 菅澤優衣香
MF    鮫島彩            川澄奈穂美
MF         宮間あや 阪口夢穂
DF   宇津木瑠美 熊谷紗希 岩清水梓 有吉佐織
GK           海堀あゆみ

ただ、いきなり2失点してパニックになったが、その後にも立て続けに2失点し、それで逆に冷静さを取り戻す事ができたようだった。4失点後に、上記のような布陣へと変更した事も、もちろん効果があったと思う。前半27分、ボランチになった宮間から右サイドの川澄に長いパスが出て、その川澄からのクロスを大儀見が決めて日本が1点を取り返す。やはり、サイドの高い位置へのロングパス、アウトサイドエリアからインサイドエリアへのドリブル、そして、クロスから、というのが攻撃のポイントで、この得点にはその3つの要素が全て入っていた。サイドの高い位置を使うと相手のDFラインが下がる。そうするとバイタルエリアにもスペースが生まれやすくなる。それから、守備の時の相手の前への出足が鈍る。

FW        大儀見優季 菅澤優衣香
MF    鮫島彩            大野忍
MF         宮間あや  澤穂希
DF   宇津木瑠美 熊谷紗希 阪口夢穂 有吉佐織
GK           海堀あゆみ

1点返した後も日本がクロスから決定的なチャンスを作った。もちろん、4点リードしたので、アメリカが守備の設定位置を下げた、ギアを1つ下げた、という事もあったが、やはりそれと同時に、日本の攻め方が良くなった、という事も大きかったと思う。そして、後半6分には、セットプレイから澤がヘディングで競り合い、オウンゴールという形ではあったが、日本が2点目を奪う。澤は前半32分に、菅澤は前半38分に、それぞれ岩清水と川澄との交代で入っていたが、まず澤については、やはりヘディング(空中戦)の強さというのは攻守に効いていたし、疲労も全く感じさせず、動きも良かったから、この試合の日本の試合の入りの悪さも考えると、どうしても、澤をスタメンからにしていれば、と思ってしまう。

それから、菅澤については、やはり菅澤と大儀見の2トップにすると、それでも前線でのターゲットがいなくならない、あるいは、2人にマークが分散される、という事によって、大儀見が中盤に下がっての起点を作りやすくなる、大儀見がポストプレイ(ボールを収めるプレイ)をやりやすくなる、というメリットがあって、その2トップでもっと試合を重ねられていれば、という事も思う。ファーストディフェンスという守備についても、菅澤は大野と比べてそれほど悪いというわけでもなかった。決勝トーナメントに入る時に少し足を痛めてしまったのが残念だった。それからもう1つ、川澄との交代で菅澤を入れたが、この試合でもそれでアシストしたように、クロスの良い川澄を下げたのは、どうだったのかなと思う。

FW     大儀見優季 菅澤優衣香 岩渕真奈
MF
MF   鮫島彩   宮間あや  澤穂希  有吉佐織
DF      宇津木瑠美 阪口夢穂 熊谷紗希
GK           海堀あゆみ

後半8分、日本は5失点目。5失点の内の3失点がセットプレイ。そして、スコア「2-4」になった時には、少し希望もチラついたのだが、すぐに5点目を奪われてしまった事によって、もうこれで完全に試合終了だったかなと思う。その後は、とにかくもう1点でも構わないから得点を奪えれば、という感じで観ていたのだが、上記したような「3-4-3」という布陣も実らず、試合はそのままスコア「2-5」で終了。残念ながら、W杯2連覇という偉業は達成できなかった。もちろんそれでも、W杯と五輪という大会で、優勝、準優勝、準優勝、という成績を出し続けた事は素晴らしいと思うし、個々の選手たちのプレイにしてもチームとしても、その成績に値するような質であったから、堂々と凱旋帰国して欲しい。

ただ、悔しくない、と言ったら嘘で、やはり「たられば」は多く浮かんでしまう。全ては言い訳かもしれないが、それだけ悔しいという事。確かに日本とアメリカには実力差がある。しかしその差は、結果という事に対して、一発勝負であれば覆せない程ではない。2011年のW杯の時は粘り勝ちしたし、2012年の五輪の時は内容では上回っていたし、今回も、日本の裏をかくセットプレイ、その策にやられてしまった、という事がほぼ全てだったと思う。また、日本は得点力不足と言われていたが、6試合で1失点しかしていなかったアメリカから2得点を奪った。開催地がアメリカのホームのようなカナダだった事も不利な条件だった。とにかく次は絶対に勝ちたい。決勝戦でアメリカに勝ちたい。今はそう思うだけ。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/07/06 14:45】 | なでしこジャパン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<なでしこジャパン。W杯カナダ2015総括。価値のある歴史の1ページ。 | ホーム | なでしこジャパン。成長あるいは維持もしくは復活が素晴らしいと思う選手たち。>>
コメント
男女とも特に試合の立ち上がりが課題だと毎回思います。開始15分あたりまでにパスで落ち着くか失点しないと火がつかない。緊張してるからだとは思うけれどそこのメンタルや対策を身に付けないと何度も同じ事を繰り返してしまう。

>パスの出し所が見つからない、ビルドアップの時に追い詰められている、そういう時はとりあえず大きくサイドへ、相手のDFラインの裏へ、という事が大切。

これは本当にそう思います。
【2015/07/06 20:29】 URL | #-[ 編集] | page top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2015/07/06 19:10】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3210-3c37ed78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。