スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
もっと純粋に勝つためにを追求すべき。
2015年7月7日に行われたプレシーズンマッチで、
川崎フロンターレがスコア「0-6」でボルシア・ドルトムントに負けた。
香川真司の2得点、丸岡満の1得点、という事よりも、
やはり、川崎フロンターレが手も足も出せずに完敗した事が印象的だった。
そして、そうなってしまった原因として、
もちろん、個の力の差、という事もそうだなのだが、
それだけではなく、どのような戦い方をしていたのか、という事も重要だと思う。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
ゲーゲンプレッシングと呼ばれているハイプレスと縦に速い攻撃。
監督はユルゲン・クロップからトーマス・トゥヘルへと代わったが、
ボルシア・ドルトムントはその戦い方を継続すると思われる。
川崎フロンターレは風間監督の独自の理論に基づいたサッカー。
ただ、細かい部分での、どういう理論なのか、という事はともかく、
大枠で言えば、ポゼッション・サッカー、パス・サッカー、だと言える。
おそらくグアルディオラ・バルサの影響を強く受けていると思われる。

では、ポゼッション・サッカーの弱点とは何だろうか?
それがまさに、ハイプレスと縦に速い攻撃。
そもそも、ポゼッション・サッカーというのは、
リトリートで戦う相手からどうやって得点を奪うのか、という事が出発点で、
対リトリート用のサッカーである、と言っても過言ではない。
つまり、リトリートで戦う相手からどうやって勝つのか、
という事を追求したのがポゼッション・サッカー。

従って逆に、ハイプレスと縦に速い戦い方とは相性が悪い。
もちろん、そういう戦い方が云々という前に、
やはり個の力の差の歴然としていれば、そういう事も関係無くなる。
それから、川崎フロンターレは守備力の高くないチームなので、
今回の試合に関しては、そういう部分についても差し引く必要があると思う。
ただ、もしそうであったとしても、スコア「0-6」という結果もそうだし、
手も足も出なかった内容もそうだし、それだけでは片付けられない。

新常識というのは非常識とは違う。
原理原則というセオリーを無視したら成り立たない。
多様性を捨てると負ける。
勝つためには勝つための策が必要であり、
どのような相手にも勝てる最強のスタイルなどは存在していない。
相手の良さを消し、自分たちの良さをどうやって出すのか。
個の能力を大前提としながらも、どうやってタクティクスで優位に立つのか。
そこから産まれてきたものがスタイルになる。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/07/08 11:45】 | ショートコラム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<得点力と決定力は違う。より重要なのは決定力。 | ホーム | なでしこジャパン。W杯カナダ2015総括。価値のある歴史の1ページ。>>
コメント
相手のサッカーに対して対策を入念に行わないJリーグの監督は
風間監督だけでは無いと思います。
自らのサッカーをして勝ちに行く。
不利だろうが関係ない。
こういった神風特攻隊的な考えが未だにあるところを見ると、
日本人監督が海外で活躍する日が来るのだろうかと思ってしまいます。
この試合の川崎はあまりにも無策でした。
【2015/07/09 08:16】 URL | #-[ 編集] | page top↑
風間監督が以前雑誌かなんかで「守備は必要ない。常にパスを回し続ければ、相手はボールを奪う事が出来ないから。」とかなんとか言っていてビックリした記憶が。。この様な監督が率いるチームがそこそこ上位にいられるJリーグって大丈夫かなぁと。ドルと圧倒的な個の力の差があるなか、シンガポールのようにしっかり守備をすれば6ー0のような酷い結果にならずにすんだのでしょうが、ドン引きサッカーするくらなら自分達のサッカーをして美しく散る!(全然美しく無い。。)的な考えが日本のサッカー界には根強いのかもしれませんね。。まぁ風間監督は極端過ぎるのかもしれませんが。パスサッカーかカウンターサッカーかって話ではなく相手に応じて、負けない、そして勝てるサッカーをして欲しいですね。
【2015/07/08 12:57】 URL | ナナ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3212-3404bbf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。