ボランチ俊輔。マリノスの攻撃。レイソルの戦い方。 【 横浜F・マリノス vs 柏レイソル 】
試合 :J1リーグ 2ndステージ 第2節
開催日:2015年7月15日
結果 :柏レイソル勝利
スコア:「0-1」
得点者:工藤壮人

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
「俊輔のクオリティは、皆さんご存知だと思います。彼が攻撃の方向性を決めていることが非常に多いと思います。そして、ほとんどボールを失っていません。そして後半は我々が、ほとんどポゼッションしていましたので、我々のシステムにおいて非常に重要な役割を果たしていました。フィジカル的にまだ100%でありませんので、もっと長くプレーさせたかったのですけれども・・・。というのは、セットプレーがあると、やはり彼がチームにチャンスをもたらしてくれますので。(試合後のモンバエルツ監督のコメント)」

「先ほどの答えとダブりますが、彼はまだ、試合のプレイのリズムを取り戻していませんので、彼にはプレイの時間が必要です。そういう意味では、少し下げた位置で、よりプレイの時間を持てる中で、パスのクオリティを生かしたいと考えています。そして守備のことですが、もう一人ディフェンシブハーフを組み合わせています。いつもは喜田で、今日は熊谷でした。そこは、もっと連係を高めていく必要があると思っています。(試合後のモンバエルツ監督のコメント)」


それでもボランチ俊輔は、守備面では弱点になると思うが、とにかく俊輔以外の中盤の選手たちが運動量と守備でどれだけ頑張れるのか、という事がポイントになってくると思う。パートナーとして喜田もしくは熊谷のようなディフェンシブハーフを組み合わせている、と言っているが、おそらく、それだけでは補いきれないかなと。それから、個人的には、俊輔を最も活かせるポジションは右サイドだと思っていて、そして、右サイドの俊輔の動きをスイッチとして全体が動く、という事をどれだけアグレッシブに正確にやれるか、という事がポイントになると考えている。また、俊輔が攻撃の方向性を決めるような攻撃をする場合には、スピード感が落ちないように、という事を常に注意しておく必要があると思う。


「ミスから失点したけど、そういうミスを全員で取り返さないといけなかった。でも、今までにない、良い形とかはできているから、足りないのは最後の部分。それは今までも課題として通って来た道だし、結局、最後の迫力というか、そういうのが、ちょっとここにきて前よりも落ちている。今日みたいな形で今後何連勝かした時に、この形がベースになるかもしれない。下を向かないで、プラスに捉えて今日は良いと思う。反省しなければいけないのは最後の迫力だとか、正確性の部分だと思う。(試合後の中村俊輔のコメント)」


近年のシーズンのマリノスの攻撃面の課題は常に、最後の迫力というのはそうでもないが、やはり最後の正確性の部分で、この試合でもそうだったが、齋藤学、伊藤翔、アデミウソン、兵藤慎剛、という選手たちがもっと決定力を上げないと、根本的な部分での解決は成されないかなと。終盤にはレイソルにガッチリと守られて逃げ切られてしまったが、それでも決定的なチャンスというのは作れていたし、個々の選手の能力を考えればチャンスを作る力というのは高いと思うから、決定力が高ければJ屈指の攻撃力(得点力)を持つチームにもなれると思う。ただ、それを逆に言えば、現有戦力で決定力が上がらないようであれば、やはり戦力補強や新戦力の発掘で決定力を上げなければならない、という事でもある。


「押し込まれる展開が続いて、なかなか相手のボランチにプレッシャーがかけられず苦しかったが、ブロックを作って守った。ボールを奪う位置が低かったのは不満や悔しさが残っている。(中略)なかなか前半戦からこういう展開が多くなく、支配しながら落とす試合が多かったので、押し込まれる中でもこうして勝ちきれたことで、上に行くきっかけになればと思う。(試合後の鈴木大輔のコメント)」


レイソルについては、ACLでは勝ち進んでいるがJリーグでは・・、という感じになっているが、その原因はやはり「支配しながら落とす試合が多かった」という事だと思っていて、もっとこの試合のようにガッチリと守って攻撃陣のタレント力で得点を取る、という割り切った戦い方をすれば、もう少しJリーグでも良い成績が出せると思う。工藤やクリスティアーノには個の力で持って行って得点を取る力があるし、その他の選手にも少ないチャンスで得点を決める能力があるから、試合を支配してとか、もっとチャンスを多く作ってとか、そういう事にこだわる必要は無いかなと。むしろ、もっと守備力を高めないと、中盤と最終ラインの所での守備力を高めないと、ACLでも優勝までは辿り着けないと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/07/16 11:45】 | Jリーグ2015 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<守備の文化が無いとはどういう事なのか? それから、なぜ必要なのか? | ホーム | これからの代表チームの強化の方法と在り方について。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3220-499233ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |