堅守+少ないチャンスで決める。その質の勝負。 【 FC東京 vs モンテディオ山形 】
試合 :J1リーグ 2ndステージ 第3節
開催日:2015年7月19日
結果 :引き分け
スコア:「0-0」
得点者:

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
「山形は予想通りにスペースを消し、カウンターを狙ってきた。その中でも前半の中島のチャンスは大きな決定機。そこで決めていればもう少し落ち着いた内容になっていたかもしれないが、チャンスを活かせずに時間が経過した。梶山、太田は交代せざるを得ない状況だった。それ故に後半は戦術的な変更が難しくなったが、山形にはほとんどチャンスを作らせず、押し込むことができた。森重や石川などが決定機を作ったが・・・。山形のここ2試合を見れば、はっきりと彼らがリスペクトすべき相手だとわかっていたし、コンディションの良さも無視できない要素だった。全体をとおして技術が光る戦いではなかったが、球際の強さが多く見られた試合になった。(試合後のフィッカデンティ監督のコメント)」


「4-4-2」で入り、「4-3-3」、負傷した梶山に代えて羽生を入れてからは「4-3-1-2」もしくは「4-3-2-1」、そしてまた「4-4-2」、と形を変えながら戦ったが、なかなかどれもハマらなかった、という印象だった。ただ、中島の決定機は「4-3-3」へと変えた直後だったが、一番良かったのは「4-4-2」だったかなと思う。特に後半の「4-4-2」は、サンダサにボールが収まっていたので、その形からチャンスが作れていた。前半の「4-4-2」は、2トップに前田と石川、左SHに中島、という布陣だったが、左SHの中島がトップ下のような位置に入って行き、左SBの太田が高い位置に上がる、という形をパターン化できていたら、もっと機能したのではないだろうか。

「4-3-3」の時は、ウイングの中島と石川が相手の3バックのサイドからインへ、しかもそれを中央の前田と米本と高橋と梶山のところで起点を作って、という形で攻撃できていたら機能したのではないかと思う。そして、「4-3-1-2」もしくは「4-3-2-1」の時は、前の3枚で相手の中央の6枚を引っ張り、サイドで「3」のサイドとSBが数的優位を作る、という形を作れていたら機能していたような気がした。確かに梶山と太田の2人が負傷で交代というアクシデントは痛かったが、それよりも、やはり、武藤の個の力で得点を奪っていた部分をどうするのか、サンダサとネイサン・バーンズがその代わりとなるのかどうか、そして、前述したような機能性を出せるかどうか、そこが鍵になると思う。


「攻撃に掛かった所で両サイドハーフ、松岡と宮阪がですね、もっと攻撃にタメが出来るような仕事をしていかないと厳しんじゃないかなと。それで後半途中から松岡に代えて、前期やってたシステム、ダブルボランチと言う形で、前に選手を厚くして、そこでいい形と言うのは何回か出来てたんじゃないかなと。ただやはり最後の精度のところですね、クロスの精度とかゴール前のシュートの精度とかですね、やっぱりそう言うところを上げていかないと、まだまだそういう決定的なチャンスは出来ないじゃないかなと思います。(試合後の石崎信弘監督のコメント)」


モンテディオ山形は「5-3-2」で、その「3」のサイドが松岡と宮坂だったのだが、そこでタメをというよりも、やはり攻撃は2トップであるロメロ・フランクとディエゴのパフォーマンス次第だったのではないだろうか。「5-3-2」という形での攻撃は、カウンターから2トップだけで攻めて得点を奪うか、まずは2トップにボールを収めて「3-1-4-2」という形を作るか、という事になると思うのだが、とにかく2トップのパフォーマンスが高くないと、なかなか良い攻撃というのは生まれない。もちろん、中盤の「3」のところにも組み立てる力はあった方が良いし必要ではあるが、ただそこには、どちらかと言えばボールを奪う力があった方が良いので、配給役の選手はそこに1人いれば良いと思う。

そして、後半の途中からは「5-2-2-1」という形にして、つまり前を3枚にした事によって前での起点を作りやすくなったので、そこからの攻撃は少し良くなったのだが、やはり、最後の精度、クロスの精度とかゴール前のシュートの精度、という部分がもう少し高くないと、得点力というのは上がらないとかなと。ただ、守備的な戦い方でも攻撃まで含めてチームの完成度というのはある程度感じられているので、一人で10点から15点ぐらい取れるFW、ストライカー(点取り屋)が存在していれば、おそらく中位ぐらいには浮上できると思う。8人もしくは7人で堅固な守備ブロックを作り、縦への推進力がある攻撃から少ないチャンスで決める。その戦い方の質をどれだけ高められるのか、という事かなと。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/07/21 12:45】 | Jリーグ2015 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ドルトムントと香川真司。ミランと本田圭佑。マインツと武藤嘉紀。 | ホーム | ビルドアップ。スタートポジション。どこのエリアでは何枚でプレイさせるのか。 【 柏レイソル vs 川崎フロンターレ 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3224-8beede65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |