東アジアカップメンバー。注目している3人の選手について。
GK 西川周作 権田修一 東口順昭
DF 槙野智章 森重真人 水本裕貴 遠藤航
DF 太田宏介 米倉恒貴 藤春廣輝 丹羽大輝
MF 柏木陽介 山口蛍 谷口彰悟 米本拓司
MF 柴崎岳 武藤雄樹
FW 宇佐美貴史 永井謙佑 倉田秋 浅野拓磨
FW 川又堅碁 興梠慎三

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
遠藤航

今回のメンバーで注目したい選手の1人は遠藤航。
守備的なポジションでのユーティリティ性に優れていて、
そういう意味では阿部や今野の後継者的な選手になれると思う。
課題としてはフィジカルの改善。
アンダー世代の代表でアジアを突破できなかったが、
その主な原因は遠藤も含めた日本の選手たちのフィジカル不足。
遠藤は競り合いも嫌がらないし気持ちの強さもある選手だと思うし、
テクニックもインテリジェンスも備えている選手だと思うが、
もう少し肉体改造してフィジカルを改善し、
パワーとスピードとスタミナを上げる必要があると感じる。
そうしないと、おそらくこれから先は通用しないと思う。
フル代表に参加して、その事に早く気が付いて欲しい。


谷口彰悟

今回のメンバーで注目したい選手の1人は谷口彰悟。
ポジションあるいは役割としては遠藤航と似たような感じで、
やはり、阿部や今野の後継者的な選手として期待できる。
既にハリルジャパンでは試合にも出場しているが、
ボランチのポジションでヘディングの強さを発揮していた。
川崎フロンターレではボール扱いのテクニックを向上させ、
ハリルジャパンではボール奪取の能力を向上させ、
もう1つぐらいの総合的なレベルアップを果たせれば、
2018年のロシアW杯でメンバー入りできる可能性は高いと思う。
ただ、インテリジェンスやクレバーさがもっと必要、
という事もあって、それでポテンシャルを最大まで引き出さないと、
今のまま伸び悩んでしまう可能性も高いと思う。


浅野拓磨

今回のメンバーで注目したい選手の1人は浅野拓磨。
スピードがあり、既にそれを活かして試合の流れを変えられる選手。
同じようなタイプあるいは役割としては永井が存在しているが、
どちらが生き残れるのか、という事に注目したい。
もちろん、永井が左、浅野が右、という布陣にも期待したい。
課題としては決定力や1つ1つのプレイの精度。
スピードという武器を最大限に使いつつ、
しかし、それによって最後のワンプレイの質が落ちないように、
という事は重要で、やはりそれができないと伸び悩んでしまうと思う。
ロングランニングを多用してスピードを使って抜け出し、
あるいは長い距離を走るダイアゴナル・ランでPA内へと入り、
その後のワンプレイで決定的な仕事する、という事を強く意識して欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/07/24 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<東アジアカップメンバー発表会見のハリルホジッチのコメントから。得点を取る選手。違いを見せつける選手。CBでフィジカルプレイができる選手。 | ホーム | ドルトムントと香川真司。ミランと本田圭佑。マインツと武藤嘉紀。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3226-1d256f84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |