北朝鮮戦(女子) 【 この敗戦をどれだけ悔しいと感じられるかが鍵。 】
試合 :EAFF 女子東アジアカップ2015 第1戦
開催日:2015年8月1日
結果 :北朝鮮代表勝利
スコア:「2-4」
得点者:リ・イェキョン 増矢理花 リ・イェキョン 杉田亜未 ラ・オンシム×2

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW        有町紗央里 菅澤優衣香
MF    杉田亜未          増矢理花
MF         川村優理 上尾野辺めぐみ
DF    高良亮子 高畑志帆 北原佳奈 京川舞
GK           山根恵里奈

増矢がドリブルでFKを取る、というシーンは最初の方にあったが、個のところでしっかりと相手を外す、ボールコントロールからパス、その正確性とスピードという1つ1つのプレイで質の高さを見せる、少なくとも相手よりは質の高さを見せる、という部分ができていなかった。戦い方、やろうとしている事、そこは、いわゆるいつものメンバーの時と変わらなかったと思うが、違いがどこで生まれてしまうのかと言えば、やはり個による1つ1つのプレイのところ。もちろん、そうであろうという事は想定内ではあったが、今回の選手たちがどこまでそこを重く感じられるのか、という事で未来が違ってくると思う。

FW        有町紗央里 菅澤優衣香
MF 上尾野辺めぐみ          増矢理花
MF         川村優理 杉田亜未
DF    高良亮子 高畑志帆 北原佳奈 京川舞
GK           山根恵里奈

確かに上尾野辺を左SHにした事で起点を作れるようにはなった。左サイドで起点を作れるようにはなった。しかし、その効果が単発的になってしまったり、それが大きな良い変化に繋がらなかったのは、やはり個の1つ1つのプレイの質のところが足りなかったから。結局、今大会ではどこを重点的に見られているのかと言えば、今回のメンバーの中に個の力としてW杯メンバーの中に入れる事ができる選手は存在しているのか、あるいは、その可能性が高い選手は誰なのか、そこだけだと言っても良いと思うので、もっと1つ1つのプレイに判断力も含めた速さと正確性を示さないと、勝敗関係無く合格とは言えない。

FW        有町紗央里 菅澤優衣香
MF    京川舞            増矢理花
MF         川村優理 杉田亜未
DF 上尾野辺めぐみ 高畑志帆 北原佳奈 高良亮子
GK           山根恵里奈

FKから菅澤がニアで潰れて、その裏で増矢が決めて同点ゴール。このパターンを流れの中でも出せるのか。それが次戦からの攻撃の1つのヒントになると思う。菅澤の高さ(空中戦の強さ)とデコイとしての役割はW杯レベルでも通用していた。それから、増矢のドリブルというのは、今回の東アジアカップでは通用しそうな感じがある。従って、まずはそれをシンプルに使う、という事が大切で、そうする事で縦への速さも出てくるし、判断スピードやプレイ・スピードも上がってくる。そして、そこに3人目や4人目の動きをどうするのか、という事を考えれば、有町や左SHになってからの京川や左SHの時の杉田などは、何をすべきか見つけられていないところがあったが、その改善にもなってくると思う。

FW         横山久美 菅澤優衣香
MF  有町紗央里            増矢理花
MF         川村優理 杉田亜未
DF 上尾野辺めぐみ 高畑志帆 北原佳奈 高良亮子
GK           山根恵里奈

守備に関しては、セットプレイ、カウンター、ロングボール。これは男女ともに共通している日本の守備の課題だが、まずはとにかく守備的なポジションの選手が個の力を上げるしかない。もっと肉体改造して身体能力を上げる必要もあるし、もっとトップクラスの選手との対戦を経験してそれに慣れる必要もある。また、ここは男女では異なり、女子サッカーでの東アジアというのは世界の中でもレベルが高いので、その中での戦い方というのも正しくやらなければ、やはり今回のような結果になってしまう。コンパクトさが失われれば簡単にやられる。一瞬でも出足が遅れれば対応できない。そこを突き詰めて欲しい。

FW         高瀬愛実 菅澤優衣香
MF    横山久美           増矢理花
MF        有町紗央里 杉田亜未
DF 上尾野辺めぐみ 川村優理 北原佳奈 高良亮子
GK           山根恵里奈

FW         高瀬愛実 菅澤優衣香
MF    横山久美           増矢理花
MF         猶本光  杉田亜未
DF 上尾野辺めぐみ 川村優理 北原佳奈 高良亮子
GK           山根恵里奈





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/08/02 11:45】 | なでしこジャパン | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<北朝鮮戦 【 攻守の問題点はハッキリしている。 】 | ホーム | 東アジアカップメンバー。観てみたい2つの布陣。>>
コメント
今晩はbachです。

佐々木監督も今回の大会を通じて将来なでしこjapanに入れそうな人材を見極めるのが狙いと思われます。高年齢の現在のなでしこメンバ-に対し早く若手がレギュラ-ポジションを得られれば良いのですが初戦を見た限りでは増矢以外は難しいと思いました。若手はTOPチ-ムに入るには相当研鑽を積まないと無理ですね。今のTOPチ-ムにはつわものがたくさんいるためその影を踏める新しいパフォ-マンスを出してくれる人を期待しますが・・・
【2015/08/03 21:41】 URL | bach #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3229-18b9fd6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |