スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
北朝鮮戦 【 攻守の問題点はハッキリしている。 】
試合 :EAFF 東アジアカップ2015 第1戦
開催日:2015年8月2日
結果 :北朝鮮代表勝利
スコア:「1-2」
得点者:武藤雄樹 リ・ヒョクチョル パク・ハイヨニル

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW         川又堅碁
MF  宇佐美貴史  武藤雄樹   永井謙佑
MF      谷口彰悟   山口蛍
DF 藤春廣輝 槙野智章  森重真人 遠藤航
GK         西川周作

FW 武藤雄樹    興梠慎三    浅野拓磨
MF      山口蛍    柴崎岳
MF         谷口彰悟
DF 藤春廣輝 槙野智章  森重真人 遠藤航
GK         西川周作


守備から言うと、1つは前の4人の守備力。岡崎、香川、本田、というのは、攻撃のクオリティが高いだけではなく、ファースト・ディフェンスと呼ばれる守備のクオリティも高くて、この試合の前の4人の選手たちは、なぜそこ行かないのか、というシーンも散見されていたし、行っていても、結果的には相手に攻撃のスイッチとなる縦パスを出させてしまう、というシーンも多く、ハッキリ言って、そのようなファースト・ディフェンス能力では話にならない。おそらく、「4-2-3-1」から「4-1-2-3」へと変えた理由も、そこを改善するためだったと思う。しかし、結局は個のファースト・ディフェンス能力が低いので、それでも改善されなかった、という事もあったし、相手は時間の経過と共に放り込み攻撃を徹底してきたので、その変更が裏目に出てしまった、という事もあったと思う。

それから、2つには、放り込み攻撃に対する守り方、放り込み攻撃で戦ってくる相手に対する戦い方、という部分で、PA内やバイタルエリアでの競り合いにならないようにDFラインを高くしなければ、と言う人もいると思うのだが、DFラインを高くするためにはハイプレスが効いていなければならないし、そもそも放り込み攻撃を徹底されてDFやボランチの選手が競り勝てていなかったらDFラインというのは高くできない(競り負けて相手にボールが渡りDFラインの裏を取られてしまう)から、そうではなくて、そういう状況になった場合には、もう後ろに人数をかけてカテナチオ的に守るしかない。形は「4-4」でも「4-5」でも「5-4」でも構わないが、とにかく2ラインでコンパクトな守備ブロックを作り、それでゴール前に壁を作って、とにかくセカンドボールに対応するしかない。

また、3つには、やはり後ろの6人+GKの個の守備力、という部分で、1失点目は森重、2失点目は槙野、という2人のCBがヘディングでの競り合いに負けた、という事もそうだし、どちらの失点もGKが防げた、特に1失点目には関しては、やはりGKというのはニアサイドを抜かれてしまっては絶対にダメで、なぜ西川がなかなか代表の正GKになれないのかと言えば、この試合のような失点をGK西川の力で防ぐ、そしてそれで試合を勝利や引き分けという結果に導く、という事が代表の試合ではできていないからで、逆に言えば、そういう事ができた試合が2つ3つと続けば、すぐに西川は代表の正GKになれると思う。SBとボランチの選手もそうで、右SBの遠藤航は頑張っていたと思うが、藤春にしても谷口にしても山口にしても、アベレージとしてのパフォーマンスをもっと上げて欲しい。

攻撃については、もう聞き飽きてしまったと思うが、やはり決定力でしかない。期待していた森重や遠藤航からのフィードによるチャンスメイク、というのは1回だけだがあって、得点は遠藤航のアーリークロスからだったし、森重の縦パスから武藤→川又という攻撃で決定的なチャンスも作った。それから、前半の終了間際には宇佐美のパスから永井という決定的なチャンスもあったし、宇佐美の個人技からのシュートもあったし、後半になってからも、カウンターから柴崎がシュート、永井のクロスに武藤、武藤の個人技からのシュート、浅野から興梠、と決定的なチャンスというのは作れていたので、結局は、それを決めたか決めなかったか、という事でしかない。ザックジャパンの時のアジアカップと東アジアカップというのは、なぜか決定力が高かったのだが、やはりそれがないと良い結果は出ない。

更には、これは攻守に大きく影響を与えていたが、前線にボールが収まらない、という事も、この試合をかなり厳しいものにしていたと思う。海外組と国内組の差というのは、既にジーコジャパンの頃から顕著で、海外組よりも国内組を軸にしたチーム作りをしようとしたオシムも、その路線変更を余儀なくされたし、残念ながらまだ現在であっても、国内組の選手たちだけのチームというのは、ACLでの近年の成績が示しているように、東アジアでも苦戦するレベルであるから、その事をきちんと認識した戦い方をしないと、この試合のような結果になってしまうと言える。もちろん、東アジアカップというのはそれほど重いタイトルではないから、結果よりも新戦力の発掘が主な目的で良いのだが、しかしそうであっても、やはりもっと勝つという事にシビアにならないと、その目的も果たせないと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/08/03 11:45】 | ハリルジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<北朝鮮戦選手評価 【 川又堅碁。武藤雄樹。宇佐美貴史。永井謙佑。谷口彰悟。山口蛍。藤春廣輝。遠藤航。槙野智章。森重真人。西川周作。柴崎岳。興梠慎三。浅野拓磨。 】 | ホーム | 北朝鮮戦(女子) 【 この敗戦をどれだけ悔しいと感じられるかが鍵。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3230-ea2e5a95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。