北朝鮮戦選手評価 【 川又堅碁。武藤雄樹。宇佐美貴史。永井謙佑。谷口彰悟。山口蛍。藤春廣輝。遠藤航。槙野智章。森重真人。西川周作。柴崎岳。興梠慎三。浅野拓磨。 】
試合 :EAFF 東アジアカップ2015 第1戦
開催日:2015年8月2日
結果 :北朝鮮代表勝利
スコア:「1-2」
得点者:武藤雄樹 リ・ヒョクチョル パク・ハイヨニル

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW         川又堅碁
MF  宇佐美貴史  武藤雄樹   永井謙佑
MF      谷口彰悟   山口蛍
DF 藤春廣輝 槙野智章  森重真人 遠藤航
GK         西川周作

FW 武藤雄樹    興梠慎三    浅野拓磨
MF      山口蛍    柴崎岳
MF         谷口彰悟
DF 藤春廣輝 槙野智章  森重真人 遠藤航
GK         西川周作


川又堅碁

プレイが淡白。もっとボールキープのところで粘り強く。
フィニッシュのところのクオリティをもっと高く。
ファースト・ディフェンスの勉強を。


武藤雄樹

らしさは出せていたと思う。
しかし守備力とボールキープの力が足りない。
激戦区のポジションなのでもっと違いを見せないといけない。


宇佐美貴史

個の力によるシュートや永井への決定的なパスなど輝きは見せた。
しかし守備の時のタイトさや攻から守への切り替えの速さは足りない。
それから、もっと攻撃の中心となる意識を。


永井謙佑

圧倒的なテクニック不足。
守備に関しても赤点。
高い身体能力を活かせていない。


谷口彰悟

テクニックが不足している。
またもっと連続して動きながらのプレイが必要。
運動量と仕事量を増やす意識を。


山口蛍

まだ判断力や危険察知能力に甘さがある。
ただ、前の4人の守備が悪かったので、難しさはあったと思う。
攻撃に関してはもっと視野を広くした展開ができるように。


藤春廣輝

スピードには魅力が感じられた。
攻撃に関しては、後はテクニックとオーバーラップのタイミング。
守備はもう少し相手との間合いを詰めて対応できるように。


遠藤航

良さは発揮できていたと思う。
ただ、できれば遠藤航はCBやボランチとして使いたい。
特にCBは人材不足なので。


槙野智章

やはりクロスに対する対応の悪さを露呈。
ポジショニングや競り合い方をもう一度見直して欲しい。
9割は事前の準備で対応の良し悪しが決まる。


森重真人

アベレージとしては空中戦で頑張っていた。
しかし1回の競り負けが失点に繋がってしまうというのが厳しさ。
攻撃面ではもっと縦へのフィードを使って良い。


西川周作

代表でもチームを良い結果へと導けるGKになって欲しい。
そのためには決定的なピンチを防げるようにならないといけない。
この試合ではフィードの良さも出せてなかった。


柴崎岳

フリーでゴールの正面から放ったシュートは決めないといけない。
もっとプレイの強度を上げて欲しい。
また、もっと守備力も必要。


興梠慎三

川又よりはボールが収まっていた。
ただ、自分で縦に仕掛ける意識も欲しい。
プレイのスピードアップも必要。


浅野拓磨

次の試合ではスタメンから見てみたい。
とにかく攻守にアグレッシブなプレイを見せて欲しい。
シュートやドリブルは遠慮せずにどんどんやってもらいたい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/08/04 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<韓国戦(女子) 【 名を捨て実を取る。悔しい負け無しに人は成長しない。不安や嘆きなどいらない。努力あるのみ。 】 | ホーム | 北朝鮮戦 【 攻守の問題点はハッキリしている。 】>>
コメント
前4人のフォアチェックの実力不足と香川、岡崎、本田の守備力(ファーストディフェンス)の差があまりにも大きいことを気づかせてくれたこととJリーグではあのレベルの
守備力でも活躍できることに、あまりにも欧州とのレベルの差を
感じざるを得なかったです。
非常に悔しい結果でした。
Jリーグにはファーストディフェンスを教えられる人材が1人もいないということなんでしょうか?
【2015/08/05 10:23】 URL | koan #-[ 編集] | page top↑
今回も興味深い分析で楽しませて貰いました。ありがとうございます。

素朴な疑問なのですが、戦術的な内容やプレーを見る目はどのようにして培われたのでしょうか?
参考になる意見、サッカーの勉強に役立つ本などがあれば是非教えて頂きたいです。
【2015/08/04 22:20】 URL | 田之助 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3231-dbc5b8d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |