韓国戦 【 改善はあったが力不足。引き分けという結果が彼らの現在の実力。 】
試合 :EAFF 東アジアカップ2015 第2戦
開催日:2015年8月5日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:チャン・ヒョンス(PK) 山口蛍

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          興梠慎三
MF  倉田秋  山口蛍   柴崎岳  永井謙佑
MF          藤田直之
DF  太田宏介 槙野智章  森重真人 遠藤航
GK          西川周作

FW          川又堅碁
MF 宇佐美貴史 山口蛍   柴崎岳  浅野拓磨
MF          藤田直之
DF  太田宏介 槙野智章  森重真人 遠藤航
GK          西川周作


引き分けという結果だったし、褒められるような内容でもなかったので、当然、厳しい事を言われると思うが、北朝鮮戦との比較で言えば、良くなっていた部分はいくつかあったと思う。1つには、前のポジションの選手の守備で、この試合では最初から「4-2-3-1」ではなく「4-1-4-1」だったが、それ+意識の改善+倉田の存在によって、前のポジションの選手の守備というのは良くなっていたと思う。後半に比べて前半はファースト・ディフェンスの位置が低かったと思うが、それはスタミナ面を考えて、意図的にそうしたのではないだろうか。それから、2つには、この試合では興梠と柴崎と倉田がスタメンだった事によって、北朝鮮戦との比較で言えば、前や中盤でのボールの収まり、という部分も良くなっていたと感じた。ちなみに、ポゼッション率というのは、低かったとしても関係無い。

それから、3つには、北朝鮮戦ではやられてしまった相手の長身FWに対して、その選手と主にバトルしていたのは槙野だったが、この試合ではきちんと対応できていた、という事もあった。また、藤田もアンカーとして、及第点のパフォーマンスを見せていたと思う。従って、1失点はしてしまったが、あのシーンのハンドは不運という要素も強かったし、北朝鮮戦との比較で言えば、守備についての改善はあったと言える。もちろん、全ては第1戦の北朝鮮戦との比較で言えば、という事であって、前述した3つの部分について、これで今回の選手たちが主力として使えるようになった、という事ではない。当然、そこを考えた場合には、まだまだ個の力は足りない。特に永井がそうだが、他の選手にしても、もう1つ2つ個の力をレベルアップさせないと、欧州組からポジションを奪う事など有り得ないと言える。

そして、攻撃については、やはり全く個の力が不足している。攻撃的なポジションの選手でも、まずはきちんと守備をしてから攻撃、というのはもはや常識になっていて、特に今の日本の守備的なポジションの選手たちの守備力を考えた場合には、攻撃的なポジションの選手たちが少しでも守備意識を低くしたら簡単にやられてしまう。それどころか、近年のサッカーでは、全体的にCBやSBの守備力が低下傾向にある、という事とも関係していると思うが、世界のどのチームを考えてみても、前線や中盤での守備力が低いチームは低迷する傾向にある。従って、それが当たり前の中でどうやって攻撃でも良いパフォーマンスを見せるのか、という事が重要であり、それを否定したいのであれば、メッシやC・ロナウドぐらいのスーパーな攻撃力を有する選手になるしかない。宇佐美ぐらいの実力では全然足らない。

CFは、ある程度、孤立した状態でもやっていかなければならない。中盤の選手は、守備でスタート・ポジションが低くなってしまっても、そこから一気に前へと出て行く推進力を発揮しなければならない。あるいは、低い位置からであっても、そこから攻撃を組み立てられるようにならなければならない。もちろん、高い位置でボールを奪って、というパターンが理想で、ハリルホジッチも当然それを目指していると思うが、どのような相手や環境や状況であってもそれを、というのは至難の業であるから、低い位置に構えて、という戦い方もきちんとできるようにならないと、やはり勝負強さというのは生まれない。そして、という事は、必然的にカウンター攻撃の威力・精度を高めなければならず、この試合でもそうだったが、もっとカウンター攻撃ができるようにならないと、日本の未来というのは開けない。

確かに、対アジア、対アジア以外、という2つの戦い方があって、アジアにはポゼッション・サッカー、あるいは、もっと攻撃的なサッカー、という事をした方が良い結果は出るかもしれない。しかしそうなってくると、日本は4年間の内の3年間ぐらいはアジアを主戦場とするから、対アジア以外の戦い方であるカウンター・サッカーを高める時間が無くなってしまう。それでも上手くハマれば、南アフリカW杯やロンドン五輪の時ぐらいの成績は出せるかもしれないが、それ以上という事になれば、ほぼ可能性というのは感じられない。それに、今回は国内組だけであるから、ポゼッション・サッカー、あるいは、もっと攻撃的なサッカー、という事をしても、それで結果が良くなるとは思えない。ハッキリ言って、今でも、まだ縦への意識というのは足りない。永井のプレイや終盤の戦い方にはそれが顕著だった。

途中から出場した川又と宇佐美は何もできなかった。同じく途中から出場した浅野も最後のところでの質を欠いた。左SBの太田は持ち味であるクロスの精度を欠いた。右SBの遠藤航はスピードで置き去りにされるシーンがあった。この試合で良いパフォーマンスを見せた倉田も、北朝鮮戦で得点を決めた武藤も、だからと言って、欧州組からポジションを奪える程ではない。柴崎のパフォーマンスにしても、攻守において、香川、本田、遠藤、という選手たちと比較すれば、やはり1つか2つぐらい落ちる。興梠と岡崎を比較してもそうだし、川又と大迫を比較してもそう。谷口と藤田に関しては、アンカーというポジションにおいて、ある程度の可能性は見せたと思うが、長谷部以上に良かったのかと言えば、やはりそうとは言えない。とにかく、もっと個の力を上げなければ、彼らは代表に定着できないと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/08/06 11:45】 | ハリルジャパン試合 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<韓国戦選手評価 【 興梠慎三。倉田秋。永井謙佑。山口蛍。柴崎岳。藤田直之。 】 | ホーム | 韓国戦(女子) 【 名を捨て実を取る。悔しい負け無しに人は成長しない。不安や嘆きなどいらない。努力あるのみ。 】>>
コメント
今晩はbachです。

なでしこ同様に監督が国内選手がどの程度活躍できるか見極めの大会のようです。なでしこと違うのは代表として選抜されているメンガ-が多い点です。ポテンシャルの高い柴崎にしても長谷部と組まないととこんなレベルになってしまいますね。選抜されたメンバ-が高い技術やパフォ-マンスを発揮してもらわないと折角テレビでも放映されていますので見ている将来を担う子供たちががっかりしてしまいますよ。もう1戦ありますので奮起を期待します。
【2015/08/06 22:28】 URL | bach #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3233-1d9efa4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |