韓国戦選手評価 【 興梠慎三。倉田秋。永井謙佑。山口蛍。柴崎岳。藤田直之。 】
試合 :EAFF 東アジアカップ2015 第2戦
開催日:2015年8月5日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:チャン・ヒョンス(PK) 山口蛍

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          興梠慎三
MF  倉田秋  山口蛍   柴崎岳  永井謙佑
MF          藤田直之
DF  太田宏介 槙野智章  森重真人 遠藤航
GK          西川周作

FW          川又堅碁
MF 宇佐美貴史 山口蛍   柴崎岳  浅野拓磨
MF          藤田直之
DF  太田宏介 槙野智章  森重真人 遠藤航
GK          西川周作


興梠慎三

どちらかと言えば、自分で得点を取るよりも周囲を活かす、という、柳沢系譜のFWだと思うのだが、Jリーグでのプレイを観ていても、起点を作る、というプレイには長けていて、ただ、感覚的に言えば、1トップ興梠はゼロトップに近い感じになるのではないか、という事が個人的にはあって、そういう意味では、香川や本田と絡ませた時にどうなるのか、というのは見てみたい。ザックジャパンの時の「4-2-3-1」のように、興梠を1トップに置いて、2列目に香川と本田と岡崎を置く、という形も、もしかしたら面白いかもしれない。ただ、もう少しプレイのスピードアップであったり、トラップの精度であったり、動きの幅というのは大きくして欲しくて、今の感じだと、代表レベルにはもう一歩かなと。


倉田秋

ガンバでもそうだと思うのだが、ハードワークもできるし、攻撃の組み立てもできるし、フィニッシュに関わる事もできるし、という事なのだが、ポジションや役割が意外と定まらないと言うのか、FWでもいけるし、トップ下でもいけるし、SHでもいけるし、ボランチでもいけるし、ところが、ピタッとハマる役割やポジションは何でどこなのかと考えると、それがハッキリしない。おそらくは左SHかトップ下なのだと思うのだが、トップ下には香川とか本田とかが存在しているし、左SHには宇佐美とか武藤嘉紀とか乾とかが存在しているし、この試合では守備も良かったしアシストもしたのだが、とにかくライバルの多いポジションなので、この試合のパフォーマンスが最低限で活躍し続けないと難しいと思う。


永井謙佑

ロンドン五輪の時のように、最前線でとにかく守備をやらせる、という役割を与えるにしても、その時と比べてスタミナが落ちているようにも感じるし、今大会は暑いから、とは言っても、そういう時にこそやってもらいたいわけだし、まずはそこかなと。それから、テクニックに関しても、優勝したアジア大会の時には、むしろ上手さも感じさせていたぐらいだったのだが、その後からはどんどん下手になっているような感じで、中盤をやれるようなテクニックが無いのは変わらないのだが、さすがにもう少しテクニックが無いと、という感じが強い。何にでも最低限のレベルというのはあるし、テクニックが無いならオフ・ザ・ボールの動きや判断力を磨くとか、そういう向上心が感じられないのもマイナスに感じる。


山口蛍

もちろんシュートは素晴らしかったし、攻守においての総合的なパフォーマンスとして、やはり今回の選手たちの中では、山口は1つ抜けていると思う。そもそも既にザックジャパンの時に、山口は最終的に遠藤からポジションを奪っていたと言えるし、ブラジルW杯もスタメンとして経験している選手なので、今はJ2でプレイしているとは言っても、やはり個の力としてはフル代表のスタメン・レベルにあると思う。ただ、どうしても気になるのは、視野が狭い、という部分で、サイドチェンジして欲しい、そのタイミングで前にパスを出して欲しい、という場面で、一番近くの選手へのパスを繰り返してしまったり、横パスやバックパスをしてしまったり、という事が少なくないので、そこは改善して欲しいと思う。


柴崎岳

非凡なテクニックを見せたりとか、浅野が入ってきた時にその特性をきちんと活かそうとしたりとか、流石だと思わせるようなプレイは何度もあるのだが、中盤の選手としての守備力、という部分ではまだまだであるし、本田と比べた時には力強さが足りない、香川と比べた時にはプレイスピードが遅い、遠藤と比べた時には効果的な仕事の量が少ない、という感じなので、常に代表に選ばれるようにはなると思うが、今の感じであると、主力となれるとしたらロシアW杯後になるのかな、という気がしている。ただ、その保証というのはどこにも無くて、似たようなタイプで言えば、小笠原や中村憲剛というのは代表の主力にはなれなかったし、もっと大きな活躍を見せてくれないと、中途半端で終わってしまうと思う。


藤田直之

アンカーとして、トップ下の選手を封じる、CBと連動して1トップの選手を封じる、それから、時には前やサイドにも行ってアグレッシブな守備をする、という事が及第点でやれていて、そのあたりの能力を更に高める事ができれば、代表に残れる可能性はあると思う。個人的には、長谷部以上のパフォーマンスを発揮できるアンカーの選手が欲しい、という事がずっとあって、そういう選手が存在していれば攻守のバリエーションというのは増やせるし、日本の守備力の向上にも繋がると思うから、そういう意味では藤田にも谷口にも期待したい。とにかく中盤での守備力というのは重要度が増していて、バイタルエリアでの攻防というのも重要度が増しているので、優秀なアンカーというのは絶対に必要だと言える。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/08/07 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<韓国戦選手評価 【 太田宏介。遠藤航。槙野智章。森重真人。西川周作。川又堅碁。宇佐美貴史。浅野拓磨。 】 | ホーム | 韓国戦 【 改善はあったが力不足。引き分けという結果が彼らの現在の実力。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3234-bd2ed5c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |