スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
韓国戦選手評価 【 太田宏介。遠藤航。槙野智章。森重真人。西川周作。川又堅碁。宇佐美貴史。浅野拓磨。 】
試合 :EAFF 東アジアカップ2015 第2戦
開催日:2015年8月5日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:チャン・ヒョンス(PK) 山口蛍

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          興梠慎三
MF  倉田秋  山口蛍   柴崎岳  永井謙佑
MF          藤田直之
DF  太田宏介 槙野智章  森重真人 遠藤航
GK          西川周作

FW          川又堅碁
MF 宇佐美貴史 山口蛍   柴崎岳  浅野拓磨
MF          藤田直之
DF  太田宏介 槙野智章  森重真人 遠藤航
GK          西川周作


太田宏介

今大会、北朝鮮戦と韓国戦では、藤春、太田、遠藤航、というSBは、それなりに良いパフォーマンスを見せていて、SHの守備力が低い状況においては、悪くない守備を見せていると言える。藤春と太田を比較した場合、やはりスピードという部分では藤春の方が優れているが、冷静に対応できる、という部分では太田の方が上で、その良さというのは、この試合でも何度も見られていた。アジア以上のレベルを相手にしてどこまでやれるのか、というのはまだ未知数ではあるが、アジアレベルが相手であれば、おそらく通用する選手であると思う。ただ、この試合については、持ち味であるクロスの精度は欠いてしまった、という事があって、武器と言われるものは常に発揮できないと、まだ個の力は足りないと言える。


遠藤航

リオ五輪世代の選手の1人であるが、今回でSBとしても起用できる目処は立ったと思うし、当然、CBやボランチとしても起用できる選手なので、まずはリオ五輪代表でのプレイが主になるが、岩波や植田と共に、フル代表の25人から30人ぐらいの枠内には入っている、という意識をしっかり持たせておきたい。そして、できれば、遠藤航、岩波、植田、という3人で、2CB+アンカー、3バック、どちらの形でもプレイさせて、そのトリオでのコンビネーションというのを意図的に作り上げて欲しい。連携力アップに多くの時間を費やせない代表においては、若年代の代表で連携を作り、それをそのままトップの代表にスライドさせる、という事も強化の大きなポイントで、特に守備についてはそれが有効だと思う。


槙野智章

4バックのCBとしての資質に大きな問題があるとは思わない。クロスへの対応に悪さがあるのは吉田や森重にしても同じで、つまりは、日本のCB全体の問題なので、槙野だけが特にそうであるという事ではない。吉田と森重というのは、どちらかと言えば重いタイプなので、動けるタイプの槙野と組み合わせた方が良い場合もあると思う。ただ、もちろん、個の力としてはまだまだ不足していて、競り合い方であったり、ポジショニングであったり、読み、という部分であったり、そういうテクニックやインテリジェンスの部分というのは、アジアレベルでギリギリ通用しているかどうか、というぐらいのなので、4バックのCBであろうとSBであろうと、3バックのCBであろうと、そこを高める事が必須だと言える。


森重真人

1つクロスに対する良い対応を見せた場面があったが、守備というのは、とにかくパーフェクトである事を常に目指してプレイしなくてはならなくて、1回でもミスをしてはいけない、という事もそうであるし、5回競り合って4回負けなかったから良いではなく、1回でも競り負けてはいけない、という事が重要で、なぜ日本のDFの個の守備力が低いのかと言えば、そういう意識がまだルーズであったり、90分間の中で集中力が落ちてしまう回数が多かったり、という事もある。その代わりとして、DFというのは、華麗なプレイやアイデア豊かなプレイを見せる必要というのは無いし、前線や中盤の選手に対して守備をきちんとするようにオーダーする権利も与えられる。森重にはリーダーとして成長してもらいたい。


西川周作

北朝鮮戦よりは安定感を持ってプレイできていたと思うが、もっと安定感も出さなければならないし、DFラインを高く上げられるかどうか、あるいは、守備の設定位置を高く設定できるかどうか、という事については、前線や中盤の守備力、つまりは、ハイプレスの威力、という事と同時に、GKの守備範囲の広さがどれぐらいなのか、という事もやはり関係してくるので、現状の日本のGKというのは、世界のトップレベルから2つ3つ落ちる、という事をしっかりと自覚して、西川にも個のレベルアップに取り組んでもらいたい。また、クロスへの対応という部分についても、ボールホルダーに対する寄せ、DFの対応力、という事だけではなく、やはりGKの対応力というのも大きな鍵になっていて、もっと反応速度や飛び出しやパンチングの能力を高めないと、日本のクロスへの守備対応力というのは上がらない。


川又堅碁
宇佐美貴史
浅野拓磨

川又という選手は、かつての鈴木隆行のようなFWである事を期待されていると思うのだが、その割にはプレイを綺麗にやろうとしすぎているようにも感じるし、もっとギリギリのところで勝負するような迫力を見せて欲しい。宇佐美については、なかなか自分の思ったような感じになっていない、周囲のパフォーマンス、周囲との連携、そこが宇佐美の望むような感じになっていない、という事もあるとは思うのだが、それでもきちんと個の輝きは見せる、他の選手との違いはハッキリと見せる、という事をアジアレベルではできるようにならないと、それ以上のレベルのところでの活躍はできないと思う。浅野については、スピードに乗ったところからもう1つギアを上げるギア・アップと最後の部分の質が必要だと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/08/08 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<中国戦(女子) 【 勝利したが試合後にはイライラの方が多く残った。 】 | ホーム | 韓国戦選手評価 【 興梠慎三。倉田秋。永井謙佑。山口蛍。柴崎岳。藤田直之。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3235-1f3d1736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。