中国戦選手評価 【 川又堅碁。武藤雄樹。宇佐美貴史。永井謙佑。遠藤航。山口蛍。 】
試合 :EAFF 東アジアカップ2015 第3戦
開催日:2015年8月9日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:ウー・レイ 武藤雄樹

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          川又堅碁
MF 宇佐美貴史    武藤雄樹    永井謙佑
MF       遠藤航   山口蛍
DF  米倉恒貴 槙野智章  森重真人 丹羽大輝
GK          東口順昭

FW          興梠慎三
MF 宇佐美貴史    柴崎岳     浅野拓磨
MF       遠藤航   山口蛍
DF  米倉恒貴 槙野智章  森重真人 丹羽大輝
GK          東口順昭


川又堅碁

鋭く入った縦パスを、ワンタッチで鋭くDFやGKにバックパス、というのは、さすがにやめて欲しい。もちろん、全てのシチュエーションにおいてそれはダメ、という事ではないが、フリーや1対1だったら、しっかりとボールを持って前を向くなり、ある程度はボールを収めて「ため」を作るなり、という事はできるようになってもらいたい。カウンターであろうがポゼッションであろうが、FWのそういう起点となる能力が重要なのは変わらないし、押し込まれた時にFWがしっかりと前に出されたボールをキープしてあげる、という事も重要。そして、そのためには、やはり川又には圧倒的にテクニックが足りない。更には、もう少しでもファースト・ディフェンスの力を付けないと、やはり国際舞台では使えない。


武藤雄樹

やはり問題は、ポジション争いをするのが香川や本田である、という部分で、それを考えると、トップ下ではなく左サイドで結果を出したいところ。今大会のパフォーマンスを考えると、欧州組も揃った時には、宇佐美ではなく武藤雄樹が2列目の左サイドでスタメン起用される可能性も高くなったと思うのだが、その時にも活躍できるかどうかがターニングポイントになってくると思う。ただ、それでも、武藤嘉、乾、清武、原口、柿谷、山田、長澤、南野、丸岡、など、2列目の左サイドでプレイできる選手は海外組にもこれだけ存在しているので、今回の東アジアカップで見せた得点を取る力にプラスαとして、どれだけチャンスメイクする力と守備力とスタミナを身に付けられるのか、という事になってくると思う。


宇佐美貴史

シンガポール戦から、代表の試合では決めきれない、という状態が続いてしまっている。その原因というのは、どの試合にもそれぞれあるとは思うのだが、今年の前半期に良かった反動から、少し肉体的にも精神的にも疲労があるのかな、という感じもしている。それが、ボールコントロールやシュートの少しのズレであったり、ドリブルのキレの落ちであったり、1対1のところでの強さの落ちであったり、守備でもう1つ頑張れない、攻撃でもう1つアイデアを出せない、という事につながっているのかなと思う。もしそうであるとしたら、短期間で肉体や精神の疲労を回復させるには、という事も考えなければならないし、80%や70%ぐらいの力でも勝利に貢献するためには、という事も考える必要があるかなと。


永井謙佑

SHではなくFWとしてなら、とか、前線の守備要員としてなら、とか、永井が活きるような戦い方をすれば、とか、それはその通りだと思うのだが、あまりにも基礎技術であったり判断力という部分の能力が低いので、この先、そこに少しでも向上の可能性が感じられないならば、代表に定着させるのはどうかなと思う。ただ、ある特定のシチュエーションにおいては、有効性の高い戦力になる可能性は高いので、それを考えると捨て難さというのはある・・・。それに、ハリルホジッチが気に入っているようなので、それを考えると、基礎技術であったり判断力という部分の能力の向上を願うしかない、という感じだろうか・・・。おそらく、使い続けていれば上がると思うので、その成長の幅が大きい事に期待したい。


遠藤航

右SBやダブルボランチの1枚としても可能性は見せたが、個人的には、4バックあるいは3バックのCBであったり、「4-1-2-3」のアンカーであったり、というポジションや役割でのパフォーマンスを確認したかった。なぜならば、やはり最も人材が不足しているのはそのポジションや役割の選手だからで、阿部勇樹や今野泰幸の後継者というのはやはり欲しい。そのポジションや役割で、阿部勇樹や今野泰幸以上のパフォーマンスを発揮できる、という選手が欲しい。CBやアンカーのポジションで、守備力が高く、尚且つ、低い位置からでも攻撃を組み立てられる、という選手がいるのかどうか、あるいは、どれだけそういうタイプの選手のレベルが高いのか、というのは、かなり重要な要素であると言える。


山口蛍

長谷部と同じようなタイプの選手ではあるが、現時点では、ダブルボランチであれば、長谷部と山口のコンビが最も安定だと思う。そして、それが明確になった事と、そこにタイプの異なる柴崎と遠藤航を加えた4人で、というボランチの構成が見えた事は、1つの収穫になったのではないだろうか。藤田が良かった事もプラス材料になったと思う。ただ、山口にしても、もっと1対1での守備力というのは上げて欲しいし、この試合ではサイドに散らす意識も高くて良かったのだが、そのボールコントロールやパスのスピードであったり、判断力のスピードというのはもっと上げてもらいたくて、そのためには、もっと技術力というのも必要であるし、パスを受ける前に全体の状況を正確に把握しておく必要もあると思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/08/11 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<中国戦選手評価 【 米倉恒貴。丹羽大輝。槙野智章。森重真人。東口順昭。興梠慎三。浅野拓磨。柴崎岳。 】 | ホーム | 中国戦 【 卑屈にならず弱さを認めて努力する。それが唯一の最善だと思う。 】>>
コメント
冗談ではない
鋭く入った縦パスを、ワンタッチで鋭くDFやGKにバックパス、というのは、さすがにやめて欲しい。

思わず笑ってしまいましたが、これは冗談ではないのですよね…。
どうすれば、本人が、自分は笑われるようなことをしているんだぞ?ということを理解してくれるのでしょうか。
【2015/08/11 14:24】 URL | metamoog #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3238-1aa13027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |