スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
中国戦選手評価 【 米倉恒貴。丹羽大輝。槙野智章。森重真人。東口順昭。興梠慎三。浅野拓磨。柴崎岳。 】
試合 :EAFF 東アジアカップ2015 第3戦
開催日:2015年8月9日
結果 :引き分け
スコア:「1-1」
得点者:ウー・レイ 武藤雄樹

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
FW          川又堅碁
MF 宇佐美貴史    武藤雄樹    永井謙佑
MF       遠藤航   山口蛍
DF  米倉恒貴 槙野智章  森重真人 丹羽大輝
GK          東口順昭

FW          興梠慎三
MF 宇佐美貴史    柴崎岳     浅野拓磨
MF       遠藤航   山口蛍
DF  米倉恒貴 槙野智章  森重真人 丹羽大輝
GK          東口順昭


米倉恒貴
丹羽大輝

今大会では、藤春、遠藤航、太田、米倉、丹羽、という5人がSBで起用されたが、どの選手も予想よりは良かった、という印象だった。藤春と米倉はスピードに可能性を感じられたし、持ち味であるクロスの精度は欠いたが、太田のパフォーマンスというのは安定していたし、遠藤航はポテンシャルに可能性の高さを感じさせたし、丹羽も頑張っていたと思う。長友は状況が思わしくなく、内田は怪我が続いており、酒井宏樹と酒井高徳も伸び悩んでいるので、他のSBの選手の台頭というのはプラス材料になると思う。個人的には、FWとMFに、岡崎、香川、本田、長友、長谷部、内田、という6枚を並べた布陣を見てみたいとも思っているので、そういう意味でも、他のSBの選手の台頭というのは期待したい。


槙野智章
森重真人

槙野という選手は、この試合の米倉に出したパスも絶妙だったし、DFとしては高い攻撃力を備えているし、身体能力も高いので、フィジカル・コンタクトの技術であるとか、ポジショニングであるとか、集中力であるとか、そういう部分を向上させて、もう少し高いレベルの守備力を持つ選手になれば、国際舞台でも活躍できるようになると思う。そして、それは森重についても同じで、例えば4バックに、槙野、吉田、森重、遠藤航、と並べた場合には、高さも有りながら、DFラインのどこからでも質のある楔のパスやロングフィードを出せる、という理想的なDFラインを作れるかもしれないから、ただ、DFというのはやはり守備力が第一なので、とにかく個の守備力を脱アジアレベルまで高めてもらいたい。


東口順昭

まず日本のGKが改善しなければならないのは、守備範囲の広さ。ただ、ここはかなり改善への意識の高さが感じられているので、それを続けて欲しい。そして、基礎的な能力や技術、という部分も、まだ日本のGKは脱アジアレベルに達していなくて、もっと強度の強い試合やプレイの中でのキャッチングやパンチングの正確性、それから、ニアサイドだけは絶対に撃ち抜かれてはいけない、という事であったり、シュートに対する予測や反応や前へ出て寄せるスピードであったり、そこも、もっとレベルアップさせないといけない。更には、プラスαとして、近年のGKにはフィードや足元の技術の高さも要求されるようになっているので、日本のGKというのは、かなり頑張らないと足枷になってしまいかねない。


興梠慎三
浅野拓磨

やはり1つにはスピード感の違いだと思う。確かにボールの収まりというのは良いのだが、しっかりボールをコントロールするまでに費やされる時間、つまり、スピード。それから、上手くターンしたりして抜け出した後の初速、グイッと出る感じのスピード。その他にも、あらゆるプレイや動きや動作において、もう1つスピード感というのをアップさせないと、興梠は国際舞台で通用しないと思う。浅野については、とにかく経験だとは思うが、もっと冷静にプレイできるようになる、という事が1つと、やはり技術というのはまだ足りていないと思うので、スピードはあるが技術は・・・、という選手にならないよう、しっかりとテクニックは身に付けて欲しい。五輪までには1つレベルアップした浅野が見たい。


柴崎岳

頑張れる選手になれるのか、という事がポイントだと思う。それは気持ちの事ではなくて、肉体的にそうなれるのか、という事。どこのポジションでも守備力というのは必要で、寄せるスピードが遅かったら相手へのプレッシャーにはならないし、簡単にスピードで置いて行かれてしまっては話にならないし、攻撃についても、軽いぶつかり合いで体を跳ねられているようでは、いくらテクニックが高くても通用しない。それに、運動量が少ないと仕事量を増やせない、スタミナが少ないと、ここぞという時に良いプレイができない、ここぞという時に精度が落ちてしまう、という事もある。それから、スルーパスや決定的なパスを狙うのも、もちろん良いのだが、もっと良い展開とリズムを、という事をやって欲しい。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/08/12 11:45】 | ハリルジャパン考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<東アジアカップ2015。貢献度あるいは活躍度ランキング。 | ホーム | 中国戦選手評価 【 川又堅碁。武藤雄樹。宇佐美貴史。永井謙佑。遠藤航。山口蛍。 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3239-42a042e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。