【 岡崎慎司 】 1得点。2得点に絡む活躍。守備でも高く貢献。2試合で存在感を示す。 【 ウェストハム vs レスター 】
試合 :プレミアリーグ 第2節
開催日:2015年8月15日
結果 :レスター勝利
スコア:「1-2」
得点者:岡崎慎司 マレズ パイェ

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 レスター 】

FW ヴァーディ 岡崎慎司
MF アルブライトン キング ドリンクウォーター マレズ
DF シュラップ モーガン フート デ・ラート
GK シュマイケル

FW ヴァーディ
MF フクス カンテ ドリンクウォーター アルブライトン
MF キング
DF シュラップ モーガン フート ベナルアン
GK シュマイケル


前半27分、左サイドを抜け出したヴァーディからのクロスを岡崎が決めてレスターが先制点。2回の決定的なピンチがあるなど、やや押されていたレスターだったが、前半25分あたりから流れがレスターに傾き、その最初の決定的なチャンスで岡崎が決めた。ヴァーディと岡崎の2トップは、岡崎が少し下り目、という縦関係になっている事も多いが、最前線のヴァーディが抜け出したりサイドへ流れたりして起点を作り、岡崎やMFの選手がゴール前に入る、という形が1つの攻撃のパターンとして機能しており、そういう意味では、もしかしたら、1トップの時よりも岡崎の得点機会というのは増えるかもしれない。

前半38分、レスターがマレズのゴールで追加点。岡崎が上手く起点となり、アルブライトンがPA内でドリブルして相手を引き付け、最後はマレズが決めるというゴールだった。開幕戦では献身的な守備とチャンスメイクで勝利に高く貢献し、この試合ではその2つ+得点で勝利に高く貢献した岡崎。正直、プレミア、レスターで活躍できるかどうかについては半信半疑だったが、個の力として通用する事は、開幕からの2試合で証明できたと思う。ヴァーディの日本人に対する差別発言事件についても、より岡崎との関係の良さを示さなければならない、という事によって、逆にそれがプラスに作用したような気もする。

後半10分、ウェストハムが1点を返してスコア「1-2」。後半の序盤は前半の序盤と同じような感じで、前半のウェストハムはその良い流れの時に得点を決められなかったが、後半のウェストハムはその良い流れの時に得点を決める事ができた。しかし、後半17分、岡崎に代えてカンテを入れ、レスターが「4-4-2」から「4-1-4-1」へと変更するとウェストハムの良い流れが止まる。ウェストハムのサイド攻撃にレスターは苦しめられていたが、中盤を5枚にし、横幅を4枚ではなく5枚で守れるようにした事、より高い位置でのプレスもできるようになった事で守備が改善。攻撃でもチャンスを作った。

ただ、それでも守備で危ないシーンというのはあったし、やはり岡崎が存在していた方が攻撃にも可能性を感じる、という事はあって、試合としては、よくレスターが逃げ切った、後半のレスターが1失点でよく耐えた、という感じだった。そうなってくると心配になるのは、ヴァーディと岡崎の2トップがパフォーマンスを落とした時にどうなるのか、という事で、その2人は攻守において高いパフォーマンスを発揮しており、現在の控えのFWがその2人と同じかそれ以上のパフォーマンスを発揮できるかどうか、という事は、長いシーズンを考えると重要になってくると思う。特に岡崎はハイペースな感じがあるので。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/08/18 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 大迫勇也 】 開幕戦で1得点。フィジカルや技術のレベルをもうワンランク。 【 シュツットガルト vs ケルン 】 | ホーム | 【 長谷部誠 】【 乾貴士 】 SBではなく中盤で。サイドよりも中央で。 【 ヴォルフスブルク vs フランクフルト 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3243-82931d2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |