現有戦力での「4-3-1-2」でのトップ下は本田圭佑であるべき。
最近の本田は「4-3-1-2」のトップ下として起用されていて、先日のカップ戦では1ゴール1アシストの活躍をしたのだが、1つポイントになっているのは、かなり頻繁にトップ下の本田がボランチの位置まで下がってプレイする、という事。守備の時にはアンカーのデ・ヨングと横並びなっている事もあるし、ビルドアップの時にはアンカーのデ・ヨングよりも低い位置でプレイしている時もある。「4-3-1-2」には特性の1つとして、サイドの守備が手薄になりやすい、という事があるのだが、速攻に対する守りになった時にそうするかどうかはともかく、やはり遅攻に対する守りになった時には、トップ下の選手がボランチの位置まで下がって守備(ブロック)に加わる、という事も必要になってくる。

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
それから、トップ下の選手が中盤の低い位置まで下がってビルドアップに加わる、という事についてはどうなのかと言えば、それをやってはいけない理由というのは無くて、「4-3-1-2」での中盤の4枚の動きについては、「3」のサイドの選手がワイドに動けばトップ下の選手が下がって起点となり、2トップの動きとも関係してくるが、そうでなければトップ下の選手がサイドに動きて起点となり、という事が必要で、特にポゼッションしたり遅攻の場合には、やはりトップ下の選手がそういう動きをしないと機能しない。但し、もちろんそこから再び動き直して、アタッキングサード内、バイタルエリア内へと入って行く必要があるのは言うまでもない。特に得点に絡みたいのであればそれが必須だと言える。

では、縦に速い攻撃をする時はどうなのか? その場合は高い位置で起点となった方が良いとも言えるが、但し「4-3-1-2」は2トップなので、「4-4-2」や「4-4-1-1」(2トップの1枚が下がる)の形となってもカウンターというのはできるし、また、縦に速い攻撃とは言っても、カウンターではなく、ポゼッションしたり遅攻の状態からスイッチを入れて縦に速く、という事もそうであるから、その場合にはトップ下の選手が下がって、そのスイッチを入れる役割をする、という方法であっても良い。あとは、1つ1つのプレイの質や精度であったり、運動量や仕事量であったり、そうする事によって決定的なプレイができるかどうか、チームを勝たせられるかどうか、という問題だけだと言える。

そういう意味では、ボナヴェントゥーラのトップ下というのは展開力に欠けるし、メネズのトップ下というのは献身的な守備力に欠けるので、現有戦力の中であれば、やはりトップ下のポジションは本田がベターだと言える。そして、ボナヴェントゥーラは中盤の左、メネズは2トップの1枚、という起用方法がやはりベターだと思う。ただ、本田がシーズン通してずっと高いパフォーマンスを維持できるとは思えないので、新たなトップ下の選手の獲得も噂されているが、現有戦力の中であれば、トップ下のポジションは本田とモントリーヴォとポーリで使い分けするのが良いのではないだろうか。モントリーヴォは本田と似たようなタイプの選手だと思うし、ポーリは個人的にはトップ下にも適性があると思っている。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/08/20 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 武藤嘉紀 】 難しい状況ではあるが、とにかく個の成長のためだと思って頑張って欲しい。 【 マインツ vs インゴルシュタット 】 | ホーム | 【 大迫勇也 】 開幕戦で1得点。フィジカルや技術のレベルをもうワンランク。 【 シュツットガルト vs ケルン 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3245-1df4bc01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |