【 武藤嘉紀 】 2つの決定機でシュートを外してしまったが総合的な評価としてはポジティブ。 【 メンヘングラードバッハ vs マインツ 】
試合 :ブンデスリーガ 第2節
開催日:2015年8月23日
結果 :マインツ勝利
スコア:「1-2」
得点者:サンペリオ ヘアマン クレメンス

このブログは皆様の応援で継続されています。
記事を読む前に、
サッカー人気blogランキング
にほんブログ村 サッカーブログ
サッカー FC2 Blog Ranking
上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。
【 マインツ 】

FW 武藤嘉紀 マリ
MF サンペリオ フライ バウムガルトリンガー クレメンス
DF パク・チュホ ベル ブンガート ブロンシンスキ
GK カリウス

FW ク・ジャチョル ラツァ
MF サンペリオ フライ バウムガルトリンガー ブロンシンスキ
DF パク・チュホ ベル ブンガート バログン
GK カリウス


マインツ対インゴルシュタットの戦評で、「CFとしての武藤というのは、レスターのヴァーディのプレイの仕方が参考になるのではないかと思っていて、最前線で守備を献身的にやりつつ、DFラインの裏やサイドへ流れて起点となる、というプレイを主にすると良いのではないだろうか」、と書いたのだが、チームとしての戦い方も武藤の役割的にも、まさにそのような感じなっていた。コンパクトな「4-4-2」で、2トップは武藤が左でマリが右という分担にもなっていたが、縦関係になる時はCFが武藤でトップ下がマリという感じになっていた。つまり、ヴァーディ=武藤、岡崎=マリ、という感じだった。

試合展開としては、やはり個の力で勝るメンヘングラードバッハが優勢だったが、開幕戦でドルトムントにスコア「0-4」で敗戦したように、現在のメンヘングラードバッハは決定力不足+守備力が低下していて、前半42分、先制点を奪ったのはマインツだった。CBのところからボランチのフライを経由してトップ下の位置のマリにボールが繋がり、マリからのパスを受けた右サイドのクレメンスがクロス。そのクロスに武藤とサンペリオが走り込み、ファーサイドのサンペリオがシュートを決めた。このシーンは、マインツの攻撃が良かったというよりも、メンヘングラードバッハの守備の緩さの方が気になった。

更には、後半9分にはヘアマンに決められて同点とされてしまうが、後半34分にはマインツが2点目を奪う。リスタートからクレメンスとマリとの交代で途中出場していたラツァでボールを繋ぎ、中央の武藤がラツァにボールを落として、ラツァが左サイドのサンペリオにパス。そして、サンペリオからのクロスをファーサイドのクレメンスが決めた。これでスコア「1-2」と再びリードしたマインツは右SHのクレメンスに代えてDFのバログンを入れ、そのバログンを右SB、右SBだったブロンシンスキを右SHとした守備強化を行い、そのまま逃げ切りに成功。武藤の初スタメンの試合で今季の初勝利を得た。

初スタメンで後半46分まで出場した武藤のパフォーマンスについては、守備では良いプレイもあったし、サイドで起点を作れていたシーンもあったし、2点目には絡んだと言えるので、個人的には及第点だったと思っている。もちろん、後半42分と後半45分には武藤に決定機があって、そのどちらかは決めなければならなかったとは思うが、そういう経験というのは誰しもがするものであり、重要なのは、次からはきちんと決められるかどうか。この試合のような役割での起用であればCFでも活きると思うし、この試合は得点が取れていたら80点以上の評価ができたと思うから、むしろポジティブだったと思う。





このブログは皆様の応援で継続されています。
記事の内容が「興味深い、賛同できる」と思いましたら、

サッカー人気ブログランキング

にほんブログ村 サッカーブログ

サッカー FC2 Blog Ranking

上記3ヶ所への応援クリックを宜しくお願い致します。


【2015/08/25 11:45】 | 海外日本人選手 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【 本田圭佑 】 退場者が出たせいで前半39分に交代。やはりまずは守備をきちんとしないと今季のミランも低迷してしまうと思う。 【 フィオレンティーナ vs ミラン 】 | ホーム | 【 香川真司 】 1ゴール。かつてのパフォーマンスを取り戻しつつある香川。 【 インゴルシュタット vs ドルトムント 】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodahima.blog71.fc2.com/tb.php/3251-47fbf92b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |